トップに戻る
過去日記ログ
他の月を見る


FOOL's Diary
占い師のぼやき(^^;


(2003/02)


 今日は銀行の末日だったモンで銀行行ってきたんだけどさ、出掛けにスゲー焦ったよ。

 いやね、午後二時頃に家から出ようとしたらさ、車の鍵がまたもや見付からなくてさ、あっちこっち探して一昨日着ていた上着のポケットで発見したんだよ。

 んでさ、玄関に行ったら、またもや靴が無い。まあ、これは外に干していただけなんだけど(笑)

 それで車に乗り込んで、銀行に辿り着いてから財布が無いのに気が付いた・・・。んで家に戻って探したんだけどさ、それが全然見付からんのよ。

 今日は銀行の終わる時間が迫ってたんで、オイラの探し物最終兵器「振り子君」のお力を借りてしまったぜ。普段は置く場所を決めているんでこんな事は無いのに、今日に限ってヘンな所に入れてたんだよね。

オイラ「ぢゃあ、振り子君!頼むよ!」
振り子「がってんでいっ!」(と、腹話術で言うオイラ)
オイラ「ここかな〜?」(部屋の見取り図の上で)
振り子「違うよ、ほら、横揺れだべ?」
オイラ「ぢゃあ、ここ?」
振り子「うーん?クサいぞ?!回るべ?」

 そんなこんなで一人芝居をしながら振り子の示した場所を探してみたんだ。

オイラ「おーあった!
振り子「えっへん!

 見付けてから思い出したよ。財布は普段持ち歩いているカメラケースのサイドポケットに入れたんだった。

 あー焦った(笑)見付かってよかった。

 しかし、占い師やってて思うのもナンだけど、振り子(ダウンジング)って不思議だよね〜^^;

小田原にて

2003/02/28(Fri)


 今日は一本原稿書きが終わった余韻で、日記はサボ(笑)
 昨日のケーキ食ってるよ。
2003/02/27(Thr)


 昨日の予告通り、今日カットしたので盛り付けて写真を撮ってみたよ。クリックすると大きい画像が出るよ。

 今回は色合いに乏しかったんで、林檎と金柑を一緒にのせてチョコレートシロップに練乳で模様を描いてみたさ。

 結構こういうケーキの盛り付けって色々なレイアウトが楽しめるよね。今回のチョコソースは、実はレイアウトの為だけに使ったんでつけて食べるとクドくなるかもしれん(笑)まあ、色合いだけだな^^;

 うーん、でも今回もよくできたのう(笑)美味しかったモン。

小田原にて


〜〜 レシピ 〜〜
フルーツ載せ苺生地のレアチーズケーキ


食材
*フィアデルフィアのクリームチーズ2つ(250g箱の奴)
*家にあった萎びた檸檬一個(笑)
*砂糖(普通の奴)味見しながら好みの量
*生クリーム一番小さい箱
*生クリームのオマケで付いてたイチゴパウダー
*ゼラチン(粉)500gを固める分
*缶詰のフルーツ(今回はフルーツポンチを使用)
*ナビスコリッツ一束(15枚程度)
*底取りのデコレーション型
*クリーム用へらまたはプラ杓子
*ボウル&泡立て

1)クリームチーズをボウルに入れ、電子レンジで柔らかくなるまで加熱。

2)柔らかくなったボウルものに、檸檬一個分の果汁を入れひたすら混ぜる。

3)ボウルにオマケのイチゴパウダー全量と砂糖好みの量を入れ混ぜる。

4)生クリームに砂糖を好みの量入れ泡立てる。親の敵のように泡立てるとツノが立ち、これ以上泡立たないぐらいに硬い泡が立ったらOK。

5)リッツをビニール袋に入れ、揉んで砕いて、デコ型の底に敷く。

6)チーズクリームと生クリームを混ぜ合わせる。せっかく立てた生クリームの泡を殺さないように、静かに混ぜる。

7)混ざったものをデコ型にそおっと流し入れ、へらで表面を平らにする。

8)出来上がったもののアラ熱が冷めたらラップをかけ、冷凍庫に入れて翌日まで待つ。

〜〜〜〜 翌日 〜〜〜〜

9)大き目の深皿に缶詰フルーツの汁を入れゼラチンパウダーを入れる。

10)缶詰フルーツを細かく切り、冷凍庫に入れておいた生地の上に敷き詰める。

11)ゼラチンがふやけたら、電子レンジで暖めて溶かし、フルーツを敷き詰めた生地の上に流し込んで冷蔵庫の平らな場所へ保管する。

12)ゼラチンが固まり、切って、生地が融けたら出来上がりだ〜〜♪

注意)保管は冷蔵庫で3日ぐらいまでだよ。早めに食ってね。
2003/02/26(Wed)


 気が向いたんでケーキを作ってみたよ。

 今回作ったのは「フルーツ載せ苺生地のレアチーズケーキ」だ。(安直な名前だが^^;)綺麗にカットするために今夜は凍らせて、明日切って盛り付けてから写真をUPするよ。

 味付けは相変わらず目分量の超テキトーなんだよね(笑)でもまあ、標準レベルにはなってると思うよ。

 ちなみにレシピはカットしたケーキの写真と一緒にのせておこう。そのまま切ってもいいんだけど、凍らせると角が「ピンッ♪」と立つんだよね(笑)盛り付けする時にさ、カッコよくなるんだよね〜。

 つーことで明日まで待ってくれ(笑)

小田原にて

2003/02/25(Tue)


 またもや映画を見に行ってきたのだよ。今回はグッズまで買ってしまった(笑)


ロード・オブ・ザ・リング
二つの塔


 前回の第一作から映画館で観てるんだけどさ、封切したんで早速、観にいってきたよ。三部作の真ん中の作品なんで前作に比べてつまらなくなっていないか心配だったが心配しすぎだったようだ。

 ほら、何部作かに分かれている作品って真ん中のほうはエピソードの羅列みたいになってさ、最終作まで一気に観ないと意味が繋がらずつまらないとかさ、中弛みしちゃうとかあるぢゃん?

 今回はそんなこともなくてさ、なかなか楽しめたよ。この「二つの塔」は起承転結で言うと、承と転が合わさった感じのものなんだけど、来年公開の最終作が楽しみになる映画だったよ。

 ハラハラドキドキ、アクション、感動あり、楽しめた映画だった。3時間程の上映時間も席を立ってタバコを吸いにも行かず、席に釘付けられた(笑)

 今回の評価は「☆☆☆」が妥当だと思う。恐らくロード・オブ・ザ・リングのなかでは、次回作を含め、最低評価となると思う。しかし中間作ということを考えておいてほしい。これは物語の展開の上でしょうがないことだと思う。それ故に今回の星は三つだが、貶(けな)す部分は無い出来だった。ガンダルフが比較的安易に復活してきた以外は(笑)

 来年の後半には、全部のDVDが発売されて、一気に三部作を楽しむ事も出来るようになるはずなので、一気に観て全体で楽しんでみたいと思う。

 ちなみに今回買った「魔王サウロンの一つの指輪」だが、フリーサイズ・レプリカで鍍金(メッキ)なので1000円(笑)

小田原にて

2003/02/24(Mon)


 オイラはある日の朝風呂で、体を洗っていた時に、膝の一部分に、変なものが浮き出していることに気付いた・・・。

 何か膝の部分に、人の顔のようなものがドス黒く浮かんでいたんだ。よく見るとそれは少年の顔のようであり、そして何故か困っているようにオイラには見えた。

ま、まさか、人面疽?!

〜〜 解説!人面疽とは? 〜〜

人体の一部に出来る、人の顔のようなデキモノのことだ。梅図かずお氏や、その他ホラー漫画によく出てくる。恐ろしい顔で笑ったり、喋る場合もある・・・。


 オイラは驚愕し、その膝をよく見てみたんだ・・・。

 でも、どう考えても、どう見ても、人の顔に見えるんだよね。膝関節を曲げるとそれにあわせて表情が変わり、物凄く変な感じなんだ。何度かこすってみても消える気配がない・・・。

 今日まで出掛けていたんで、黙っていたんだけれど、みんなにも意見が聞きたくて、ここにその画像を載せようと思う。

 この画像を見て、気分が悪くなったらすまん。それ以外にも、ここに公開することで霊的なキケンをこうむったり、どこか肉体の一部が痙攣したり、感染してしまうかもしれない・・・。

 しかし、敢えてここに画像を載せよう。


※ここから先は覚悟のある者だけが見ること。

(下にスクロールしてくれ)






































※本当にいいのか?保障できないぞ。































※わかった、そこまで見たいのなら見せよう・・・。










































ヒザ小僧・・・。

ごめん、友人の子供にさ、
油性マジックで描かれてしまいました(笑)

2003/02/23(Sun)


サボっちゃったよん(笑)

ちなみにニャンニャンニャン♪でネコの日。
2003/02/22(Sat)


 この前の雪辱を晴らすべく、今日はまたもや映画を観に「ヴァージンシネマズ」に行ってきたよ。この前の2/12は、E級クソ・ホラー映画を観て憤慨してしまったが、今日の映画はなかなか楽しむことができたよ。


黄泉がえり」出演:草薙剛・竹内結子・他 監督:塩田明彦

 今回は、前回の映画レビューと違いリンク付だ(笑)観た感想として、リンクする価値がある映画だと思う。

 この映画の良い所は、観客たちにエピソードの背景など推理させるが、明確な一本の筋が存在し、そしてラストまでしっかりとした展開をしていくところだ。

 脇役も田中邦衛・哀川翔・石田ゆりこ・極楽T山本などの、演技力のあるいい役者を使っていて、脇が固まり全体がまとまった感がある。やはり映画の命は脇役の演技力が与えるものかもしれない。今回の映画のように脇役に金のかかっている映画は、観ていて面白い。

 オカルト的なものを一見普通のヒューマンドラマ化した感じの作品だが、凡庸なストーリーのわりにしっかりと作られており、今回は「☆☆」の評価を与えておきたいと思う。B級良作と評価されるレベルであり、金を取って上映していい映画だ。(ちなみに前回の「呪怨」は(-)★★★★★金返せだ。)

 地味な映画のわりに、観客を飽きさせない映画となっているので、みんなも機会があったら見に行ってみるといいよ。

 ただし、邦画としての出来の良さであって、洋画と比べてはいけないと思う。

 この映画の設定は九州なのだが、実は多くの部分が小田原市で撮影されているのさ。普段通っている道や場所がたくさん出ていたよ(笑)

小田原にて

2003/02/21(Fri)


 甘いものが久々に食いたくなり、ミスド(ミスタードーナツ)に行ったんだよ。

 そーしたらさ、たまたまスクラッチカードのポイントが10点になって今キャンペーンで配っている「お花見セット」なる和盆と和風コップのセットを貰ったんだ。

 なんつーか、いっぱい買えば貰える程度のモノなんだけど、ナニゲに嬉しかったヨ(苦笑)桜や桃の時期になったら、ベントー作って花見にでも行ってみようかな?

小田原にて

2003/02/20(Thr)


 春眠の季節なのかどーかは知らないが、今日は何故か異常に眠くて、一日中ゴロゴロウダウダと過ごしてしまったよ。

 なんちゅーか年に数度こんな事があるんだけれど、耐え難いほどの眠気が襲ってきて、布団の中から出れなくなってしまうのだ(笑)起きても怠惰にTVを見て、文庫本などを連続で読んでしまう・・・。ヒルメシは勿論、出前・宅配モノだ。

 夕方になって本屋へ新刊を買いに行った以外はヒキコモリのよーな一日を過ごしてしまったぜ(笑)

 明日はどっか出掛けようかな。
小田原にて

〜〜 お知らせ 〜〜

またもや友人の占い師、観月マリアさんのサイトの勉強会にゲスト参加することにしたさ。

参加も今だったら募集しているんで、もしよかったらみんなも参加してね。

場所:東京渋谷区恵比寿(JR山手線恵比寿駅)
日付:3月12日(水)
時間:AM11時〜PM3時ぐらい
参加費は4000円前後。(+@)
なお貸切喫茶室ですので、ご自分の飲食費が別途。

メイン:観月マリア先生
ゲスト:幸月シモン先生
おまけ:FOOL(笑)

詳しくは観月マリアさんのサイト参照してね。

Fairy's Tarot」---「勉強会詳細

サイトへ行ってメール送ればいいと思うよん。
2003/02/19(Wed)


 梅の里といわれる小田原では、梅の花がいい感じで咲き出した。曽我の梅林に行ったんだけど、梅の香りが辺りを包んでいたよ。

小田原にて



2003/02/18(Tue)


 いつも真夜中にさ、ネコがトイレ&食事に自分でドアを開けて行くんだよ。でもさ、やっぱしネコなモンで閉めていかないんだ(当たり前だけど)

 トイレと餌の場所は、オイラ部屋の一階下の二階にあってさ、今までも自分の部屋に持ってこようかどうか考えてたんだ。冬なんかドア開けっ放しにされると寒いしさ〜^^;んでね、今日、100円ショップに餌&水容器とトイレに使える角面器を買ってきて部屋に設置したんだ。

 これで今日からは部屋を閉め切って眠れるよ〜。餌も水もトイレも、どうやら理解したみたいだし、朝方に鳴き声とか暴れて起こされることはなくなると思うさ。よかったよかった。

小田原にて


PS.
*無料占いの部屋
「恋愛は?出会いは?運命の人は?」更新
2003/02/17(Mon)


今日は鑑定と原稿書きしかしてない^^;もう一回サボかも^^;
2003/02/16(Sun)


サボ(笑)
2003/02/15(Sat)


サボ!
2003/02/14(Fri)


 ヤヴァかった!

 ヤバかったんだよ!!

 今日の午後からさ、またもやナイショで「日本ランドYeti」に行ってきたんだよ。そーしたらさぁ、とてもヤバい目に遭ってしまったんだ^^;

 実はね、朝からスキーに行こうと思っていたんだけんど、モーレツな寝坊で昼前にオイラは起きたんだ。朝の7時に起きて、9時から滑るつもりだったんだけど、起きたのは12時だった・・・^^;

 ま、まあ、あそこは夜10時まで営業してるし、OKOKとか思いながら準備したのよ。でね、いざ出発しようと思ったとたん、

車の鍵がない・・・。

 それから部屋を見回して、ひっくり返して探すこと20分、やっとパソコンの机の上で発見したのだ。

 んで、荷物を持って部屋を出ようとドアをくぐろうとした瞬間、

ドアレバーに荷物が引っ掛かる・・・。

 んで玄関で靴を履こうとすると、

靴がない・・・。

 流石に何かイヤ〜な予感がしたんだけんどもさ、最近続けて運動出来てる事は良いこと事だし、そんな予感は振り払って違う靴でスキー場へ向かったわけよ。

 んでね、御殿場から富士山に向かう途中、車の前に黒い影が!!
















 あ、ごめんごめん、ただのタヌキだった^^;


 ・・・。

 怒ってない?

 すまーん、本題行くよ。

 まあ、兎に角、スキー場に着いて滑り出したわけよ。
 今日のゲレンデコンディションは、晴れだったんだけど、ザラメ状のフラッペスノーって感じで、あんまり気持ちよく滑れなくてさ、エッジが食い込みすぎて大転倒したり、もんどり打って転んだりしてたワケよ。

 しばらく滑り込んで転ばなくなったんで、写真を撮るべくロッカーからカメラを出して鍵や小物をポケットに突っ込んでゲレンデへ出たのだ。

 んでね、景色とか写真に撮って滑って滑って滑って・・・。

 そいでさぁ、来た時は夜までやっていこうかと予定してたんだけれど、あまりにも滑りにくいモンで、薄暗くなった時点で帰ろうと思ったのよ。んでさ、下まで滑ってリフトに乗ったのさ。

 リフトも中盤に差し掛かった時、事件が・・・。

 ポケットに入れてあったラジオの電源を切っていない事に気が付いたオイラは、ラジオを取り出そうとしてチャックを開けた。

チャリンッ♪

うげぇっ!車の鍵があぁ!

 もう、読者の諸君はお分かりだろう・・・。そう、ゲレンデでは決してやってはならない過ちを犯してしまったのであった。

 オイラはその時点で、高さがなかったので飛び降りてしまおうかと思ったが、大顰蹙(ヒンシュク)を受けるのは大人として恥ずかしい事だったので、落ちた場所を記憶し、降り場まで耐え、そして「ソッコー@気分は240km/h」で落とした付近まで滑っていったのであった・・・。

 スキーを脱ぎ、目を凝らしながら辺りを探す・・・。

 あ、タバコの銀紙だ・・・。

 あ、これはライターだってば。

 あ、それはハサミだって!(何で落ちてたんだろ?)

 お!なんだ、爪切りぢゃん(なんだかなあ。)

 探す事20分、
 全然見つからない〜(T‗T)
 アレは虫の知らせだったのだろーか?

 ゲレンデで失くしたモノは、殆どの場合、雪に隠れて見付からない。

 山は徐々に夜に侵食され、段々暗くなってきた。そしてオイラは探すのを断念し、リフト乗り場へ下っていった・・・。

 リフトに乗る。一応上空から落ちたと思われる場所を見たんだけど、光った鍵は見付からない。

(やべぇな。スペア鍵もって迎えに来てもらうかなぁ・・・。)

 そんな事を考えながらリフトで上っていったのであった。

 リフトを降り、とりあえず考えながらゲレンデへ降りようとした瞬間!、女の子に呼び止められた。

「あの、さっき探していたのって鍵ですか?」

おおっ?

「2番目と3番目の柱の間で見ましたよ。」

おお〜!
何てウレシー事を!


 とたんに心がバラ色になったオイラは、オネーチャンに礼を言い、ソッコーで確認に行った!

 リフト操作員に断ってガンダム靴でリフト下の斜面をガシガシ上っていく。そこには光るモノが・・・。

おお!
あった〜〜!
ありがとー姉ちゃん!
助かったよ!


 そこには雪にまみれた銀色に輝く鍵があったのだ。オイラは親切なオネーチャンのおかげで、落とした車の鍵を発見する事が出来たのであった・・・。

あ〜ヤバかった。

 しっかし、虫の知らせっつーか、アレは、コレだったんだねぇ。見付かって良かったよ。そうじゃなきゃ、鍵持って迎えに来てもらうか、駐車場に車置いてスキーの服のままバスと電車乗り継いで帰るところだったモン。

親切なオネーチャン有難う。

小田原にて

PS.もしかして、昨日の「呪怨」の呪いか?(爆)
2003/02/13(Thr)


いつも読ませてもらっている「MICK WORLD」さんが、今回100万HITしたんだけれど、実はオイラが踏ませていただきました。

MICK氏に敬意とトップページリンクの感謝を表します。100万HITおめでとう御座います。


 昨日の風邪@初期からキセキの復活を遂げたオイラは、気分転換に映画に行ってきたのだ。

 仕事をこなした午後2:30・・・

 オイラは車に乗り込み、小田原に最近新しくOPENした「ヴァージンシネマズ」へと向かった。初めは「黄泉がえり」が見たかったのだが、次回の放映時間は午後九時からとの事で断念し、それ以外にも気になっていたモノを見ることにしたのだ。


「呪怨」(http://www.cine-tre.com/ju-on/)


 矢のよーな速さで現地に着いたオイラは、時間が早かった事もあり、同じ敷地内にあるフレッシュネスバーガーで食事を摂り、そして1700円也のチケットを買い、中に入っていった・・・。



(注意※ココから先は御子様はご遠慮ください。)



 お気付きだろうか?

 1700円払ったと太文字で強調し、そして映画のサイトにはリンクを嫌だから張らず、そして注意書きを入れてあることに。

 つまり、率直な感想を書くつもりだ。

















ゔがー!!バカヤロー!
金返せコノヤロー!
ゴミだ!


オイラはモーレツにムカついたよ。
その理由をココに明記しよう。

1.子供の幽霊がシックスセンスの失敗パクリ。

 怖がらせようと思って子供幽霊を鍵として出すのだが、怖くもなんとも無く、ストーリーと絡みきれていない。アホなパロディーのようだ。

2.女幽霊が鈴木光司のパクリ。

 動きなどを蜘蛛風にした映画リングをそのままパクッたようだ。オリジナル性が一切無い。

3.ストーリー性が殆ど無い。

 怨念が残る家を接着剤として人々を絡ませているのだが、そこには「ただ怖がらせたい」との意思で、意味の無いエピソードの羅列となっている。
 この程度であれば「他のオムニパスホラー」や「新倉イワオのあなたの知らない世界」の方がストーリー性があって数段いいと思う。
 ちなみに「リング(1)」などと比べると月とウンコぐらい違う。恐らく監督・脚本・演出が改悪した結果だろう。映像作家としてのプライドと良心を疑うレベルだ。
 
原作をまだ読んではいないが、これよりはまだましだと思う。原作者は怒った方がいい。しかしオイラは原作の読者とはならないと思う。

4.安っぽい。

 登場する場所は、路上(数箇所)・家A・アパートB・福祉センター・レストラン・その他程度。セットは一切使わず本物の雰囲気を出そうとしているのだが、ただ安っぽくなっている。
 CGなどの合成映像も近年の映画にしては創造性において低レベルでイマイチ。恐らく予算の殆どはフィルム代と奥菜恵のギャラで終わっているはずだ。
 この手の日本映画は確かに低予算で作られるが、脚本などのつまらなさもあり、安っぽく感じる。
 話題性のある若いグラビアアイドルを何人か出しているが、基本的に脇役に演技力が無い大根である為、締りの無い演技となり怖さが安っぽい。やはりいい脇役をたくさん使ったものでありたいね。

5.テーマが無く、背景などもしっかりしていない。

 「ただ意味無く怖がらせたい」程度の低レベルさしかなく、その骨組みは紙で出来ているようだ。製作者の力と良識を疑うほどの想像力の無いE級映画である。
 話のプロット(骨組み・構想)などの片鱗は一切見えず、ただの与太話級である。

6.金返せ。

 こんな映画は金払わせて見せてはいけない。CMで見てから期待して観に行ったのだが、1238.56%の裏切られ方をした(乾笑)

 以上の理由があって怒り、そして1700円を映画館でオイラはドブに捨てたのであった。

 本編前に次回作「呪怨2」の予告が既に入っていたので、製作者達も次回でヴェールを脱ぐ意図があるのだろう。しかし、これからどんな展開をしようとも、もう観ない。たかが知れているからだ。

 あー腹が立った。でも、ココに書いてスッキリしたぜ(笑)

小田原にて

2003/02/12(Wed)


ゔ〜〜〜。
風邪かもしれん。
目がシバシバするよう。
頭痛いよう。

今日はサボって薬飲んで寝るよ。
2003/02/11(Tue)


 買い物に出たついでに理髪店に行ってきたよ。髪の毛がウザったくなってきたからだ。

 オイラのよく行く床屋さんは、いわゆる「安床」(安い床屋)ってやつでさ、カット・シャンプー・剃りが込みで1700円なのだ。前は普通の組合員の床屋さんに行っていたけれど、あんまりやってもらう事は変わらないので安床に行くことにしたんだよね。

 しかし、組合に入る入らないで倍額になるってのがいかにも馬鹿らしい感じだ。そりゃあ組合員の床屋さんは仕事は丁寧だけれど、倍額となるほどのクオリティーは無い感じがするし、組合に入っただけで近所の床屋さんと同じ値段に統一するなんて、独占禁止法違反の談合じゃないかぐらい思うよ(笑)

 まあ、そんな事はどーでもいいんだけど、今回はスゲーさっぱり切りたくてさ、床屋の椅子に座った瞬間言ってみたよ。



馬のたてがみのような、
脇は坊主の、
モヒカンにしてくれ。

(注、北斗の拳の悪役とかロードウオリアーズみたいな)



































※嘘です(笑)

 まあ会社勤めしているわけじゃないんで、モヒカンだろうが、長髪だろうが、卍カットだろうがいいんだけどさぁ、しかしそんなモンにカットして帰ろうモンなら近所の目と噂が怖いし、家に帰った瞬間、バーちゃんがアノ世に旅立ってしまうといけないので、フツーの調髪にしたゼ(笑)

 しかし床屋さん後って気持ちいいねえ。あたしゃ生まれ変わったみたいだよ(爆)

小田原にて

2003/02/10(Mon)


ちっと今日もサボらせてねー。

ごめんよー。
ごめんよー。
ごめんよー。
2003/02/09(Sun)


サボだ!
2003/02/08(Sat)


 今日は久しぶりに「すき屋」へ行き、牛皿を食べてきたよ。急にね、なんかモーレツに食いたくなってさ、取る物もとりあえず車に乗り込みGO!だったのだ。

「牛皿セット300味噌汁付ツユ無しで!」

 店に着いたオイラは牛皿300gと大盛りライスと味噌汁のセットを頼んだ。どっかの芸能人は「つゆだく」を好むようだが、オイラはいつも汁気があまり無いものを注文している。だってその分肉が多いしー(笑)

 出てきたものは、あの煮込んだ安い肉の香りの牛丼・・・。何故かあのチープな香りが食欲をソソル・・・。OHー牛丼、牛丼、あなたは何故牛丼なの?(笑)

 んなこたぁどーでもイーんだけど、とりあえず紅生姜をたっぷりのせ、唐辛子を振り掛け、そしてワシワシと食っていったのであった。

うーん、でりしゃすっ!

 小田原には他にも「吉野家」や「松屋」という牛丼屋があるのだが、オイラの味の好みとしては若干薄味の「すき屋」がなんかしっくりくるんだよね。ファーストフードを熱く語るのもなんつーかアホな話なんだけどね(苦笑)

 みんなもない?バーガーだったらモスとか、ドーナツだったらダンキンとかさ(笑)

小田原にて

PS.昨日のニュース記事と写真、楽しんでいただけたかな?(笑)
2003/02/07(Fri)


ごめーん、今日はサボりだよーん。

その代わりといっては何だが、ここにリンクを張っておこう。

Yahooニュース

似ているに一票
2003/02/06(Thr)


 今日は朝から何か変な一日であった・・・。

 いつも通り鑑定して、それからケーブルテレビで冒険チャンネルを見てから床に就いたのがAM6:30だった。

〜〜 時間は経過し、AM9:00 〜〜

キンコーン♪

何処かでチャイムが鳴っている・・・。
オイラは耳の端で聞きながら、それでも無視して眠った。

キンコーン♪

う、うー起きたくないよぉ・・・ムニャムニャ・・・。

キンコーン♪
キンコーン♪
キンコーン♪
キンコーン♪
キンコーン♪
キンコーン♪
キンコーン♪

うがあぁぁぁ!!

オイラはあまりの五月蝿さに飛び起き、部屋にあるドアチャイムを兼ねたインターホンをとった。睡眠サイクルを妨げられ、あからさまに不機嫌になったオイラなのだが、そんな事は全然無い声で玄関に居るであろう訪問者に話しかける。

F「はい、どちらさまですか?」
訪「あ、こちらはこの辺りを回っている者なのですが・・・」
F「どのようなご用件でしょう?」
訪「ただいまイエス様の奇跡についてご案内を・・・」

宗教勧誘か!

 オイラは朝の爽やかな睡眠を8回の常識外れのチャイムで妨げられ、猛烈に不機嫌になってしまったので、宗教勧誘とわかった時点で怒鳴ってやろうと思い息を吸い込みかけたその時である!

 インターホンの向こうでウチのバーちゃんの声がしたんだ。どうやらとてもしつこいチャイム音に痛い足を引き摺りながら出てしまったようであった。

 オイラは慌てて服を着込み、バーちゃんが宗教の害毒を受けてオナカでも壊してしまわないよーに速攻で1階まで鬼の形相で駆け下りて行ったのであった。

 その形相に訪問者のババーは少し驚いたようであった。それでも強引にオイラに話しかけてくる。話の筋から推測するに、どうやら新興宗教の輸血を禁止しているアホ団体の手先のようであった。

 その話を聞きながら矛盾点を頭の中で整理したオイラは、信仰心を根底から崩壊させるべく撃墜モードに移行したのであった・・・。

〜〜 30分後 〜〜

 オバちゃんは半ベソかきながら間違った信仰心を捨て、自力本願で物事に対処すべく帰っていった・・・。 

 いつも思うんだよね。殆どの人がこういうものについて誤解しているんじゃないかってさ。ちょっと矛盾点を突いてその事について解説するだけで簡単に崩壊しちゃうさ。

 本来の宗教のあるべき姿って、実は個人個人が正しい事や優しい事など人間としてのよい部分を育み、そしてそれを身の回りの人に与え、皆が人間的な成長をしていく事が正しいんではないだろうかと思う。釈迦もキリストもナイスな奴に自分がなることで学び学ばせ、周囲を救おうと考えていったはずなのに・・・。

 それは団体として徒党を組んだりしなくても、一人一人がしっかり自分をナイスな奴にすることで可能なのだ。横断歩道で目の見えない人に声を掛け必要な範囲内で手助けすることや、電車で立っているのが辛そうな年寄りに席を譲る事や、下手すれば周囲の人の為に何かをするでもいいのだ。それを続け、そしてそれを自分のものにしていく事が大切なのではないだろうか。

 釈迦もキリストも、徒党を組んで団体維持の為に人に考え方を押し付けるような勧誘をしたり、信者達から金を集めろなどとは言っていないのに、何故気がつかないのかな?

 宗教は小乗(個人的なもの)から大乗(大衆的なもの)になったとたん堕落したと思う。団体を維持するのに金を信者から徴収し、団体拡大の名の下に他者を勧誘し、そして徒党を組むことを要求する。これが可笑しい事だと気がつかないのだろうか?

 祈って物事が解決するはずは無く、現実的に自分の力で動いていく事が大切なはずなのに、現実逃避の手段としての宗教が流布され人々の心を惑わせている。何が必要で何が必要でないかさえ考えられない人々が、腐った目で乞食のように神様からの救いだけを施されるのを期待しているような・・・。

 本当の宗教は個人個人の心の中にある優しさのはずなのに・・・。オイラはこの事に深く憂いている。

小田原にて


PS.朝のうちはそれで気分が悪かったのは言うまでも無い(笑)
2003/02/05(Wed)


 とうとう配管工事が終了し、三階の庭に水道が出来た。それに伴って、水道のシンクとゆーか水受けを余っていた植木鉢で作ったよ。この庭の「和風」ってコンセプトを壊さないよーにどうするか考えて作ったのだけれど、どうにか溶け込む感じになってホッとしたさ(笑)

 この水道が出来た事で結構オイラの部屋は便利になったさ。水槽の水替えもホース延ばして簡単だし、庭の掃除も楽々(^^)オマケに簡単な洗い物や電気湯沸しポットのの水汲みも出来る♪

 いや〜便利になったなあ。次は部屋にシャワー付けちゃったりして(爆)

小田原にて

PS.無料占いのフラッシュを全部作ったよ。
2003/02/04(Tue)


 実は部屋にある庭に水道を作るべく自分で配管工事をしている。塩化ビ二ールのパイプで配管しているから切ってジョイントでくっつけるだけで簡単なのだ。

 これが出来上がれば部屋で水が汲めるので、水槽のメンテナンスや庭の手入れが楽になるんだよ。水圧の問題はあるんだけど、一応三階まで水は上がってくるようなので、まあ何とかなりそうだ。明日には出来上がるんで楽しみだな。

小田原にて

2003/02/03(Mon)


今日もサボり(すまーん^^;)

〜〜 更新 〜〜
更に新しい無料占いデビュウ!
2003/02/02(Sun)


今日はサボり(^^;
2003/02/01(Sat)

My Diary Version 1.21
[ 管理者:FOOL 著作:じゃわ ]