トップに戻る
過去日記ログ
他の月を見る


FOOL's Diary
占い師のぼやき(^^;


(2003/07)


 とうとう今日、バーちゃんが退院してきた。

 実はもっと早く退院してもよかったんだが、家の方でいろいろガタガタ作業とかしていたし、その環境の中で寝かせるのも悪いので、ムリヤリ今日まで引き延ばしていたんだ。

 本人から聞いたところによると、このまま帰れないで死んでしまうのかと思っていたらしい(笑)ちなみにオイラのウチは、老人ホームなんて贅沢なモンに入れたりするような、そんなに羽振りがよくないし、基本方針は「死ぬ時は自宅で往生せいや!」なので、今まで病院で死んだ家族はいない。

 でもさ、今回は、腕を骨折してから大腿骨骨折と連続したんで、本人も心細くなってしまったんだろうね。なかなか退院できなかったし(笑)家に帰ってから、仏壇の前に座って、ジーちゃんとオヤジに線香あげながら言ってたモン。

「病院で骨にならないで帰ってこれて嬉しいです」

 ウチの場合は、カーちゃんが看護士だから、まず病院で死ぬことはないな。オマケにウチは、病名や状態は本当の事を本人に告知するし、無理な延命措置はしない全員一致の取り決めがあるんで、治って帰れると言ったら本当に治ったら帰れるのだ。でも本人は心細かったんだろうね。

 今回、入っていた部屋は、老人ホームの人が多い部屋で、検査入院の人ばかりだったんだ。だから入れ替えが激しいのに、自分だけは退院できなかったんで、焦って心配していたんだろうね。

 まあ、とにかく無事帰ってこれてよかったと本人もホッとしたようだ。家に帰った後から、ものスゲー食欲でさ、バクバクと夕飯食ってたよ(笑)家に帰って安心したからもあるし、自分の好きなモン食えたからだろうね。

 明日はリクエストの「ナスの天麩羅」でも作ってみるか。最近は、オイラが料理することが多いんだよね。今日のメニューは、チンジャオロースーとエビチリ春巻とシュウマイの中華料理だった。今回は手早く作らなきゃいけなかったんで、既製品にちょっと手を加えただけだった。明日はしっかりと気合を入れて、サックサクの天麩羅だね。

小田原にて

2003/07/31(Thr)


 うちのサイトはヤフーに登録してもらっていたのだが、今までコメントがイマイチだったんだ。んでね、何回も申請していたんだけれど、今回やっとこさ変更してもらったよ。

 元々ヤフーからのアクセスに頼らないでもいいようなコンテンツ作りをしているんだけどね。

 たまにさ、どんなことやってきたのか聞かれることがあるんで、公開してもかまわない部分ツーか、これ以上にはやっていないんで書いちゃってみよう(笑)基本的にたいしたことないんだけどね。まあ、これからアクセスアップとかサイト作っている人の参考になればいいけど(笑)

 「他の占いページとの差別化の為の独自コンテンツ」
 「毎日のエラーチェックとアクセス解析&分析」
 「日記を毎日書く事や手を抜かない更新」
 「掲示板等の返信レスポンスはなるべく速攻」
 「サイトテーマの確立と筋の通った文章」
 「誤字脱字の注意と、文章の読みやすさを考えた言い回し」

 基本的にうちのサイトでやっていることはこんな事だけなんだよね。そんなたいした作業はしていないんだが(笑)コンテンツなんては、ただ単にやりたい事をやっているだけとも言えるんだが、今までに色々なコンテンツを作って潰してきたよ。

 知っている人は多いが、このサイトは1998年5月に「仮面のタロットカード占い師 THE FOOLの館」としてスタートしたんだ。当時はアクセスなんて50(1日)程度でさ、コンテンツはプロフィール・占い依頼・リンク・BBS・日記しかなくて、今思えば恥ずかしい「顔のないサイト」だったよ。

 でもさ、ある時に色々なサイトを見ていて、ヒットしているサイトって、他がやっていないことをやってるって気付いたんだ。それで思ったんだよ。「他の占いサイトがやっていないことをやろう」ってさ。んで試行錯誤するうちに今のスタイルの基礎が出来たんだ。

 コンテンツに雑記が加わってさ、検索エンジンやチャットも加わった。そして雑記には、色んな事を書きはじめていったんだけど、いかんせんアクセスはイマイチ伸びない。色々な分析をしているうちに、簡単に出来るものを発見した。そう、ネーミングである(笑)

 基本的にオイラはネーミングセンスがなかった(笑)考えてみれば「ペットボトルのぺェジ」のごときネーミングでしかなかったように思う。「仮面のタロット占い師」と書いてあるところで、一応は占いサイトとして認識してもらえたようだが、「THE FOOLの館」のところで、オイラが来館者だったら、なんとなく引く(笑)それでサイト名を仮面繋がりで「Masquerade(マスカレード)」としたんだよ。

 結果は3日後ぐらいに出た。急にアクセスが5倍になった(笑)やはりセンスのないネーミングは避けるべきであると思った。しかし、オイラはいまだにFOOLの名前は変えていない。これはオイラのテーマだからねえ。名前で依頼するのをやめる人は、多分、論理的に考えられない人以外はいないはずだし、それはそれでいいと思うんよ。この名前のアホさ加減も深遠な意味も気に入っているので、まだ使うだろうね〜。

 アクセスが多くなってくると、見易さや読みやすさが気になってきたんだ。当時はまだ、文章が洗練されておらず、何を言いたいのか分かり難い文章だった。オイラの参考としたのは、エッセイや小説や新聞だったんだ。新聞は「いかに分かり易く文書を縮めるか」だったし、エッセイは「いかに言いたい事を自分の文体で伝えるか」で、小説は「どうやって読みやすい構成や引き込む構成を考えるか」だったのよ。勿論、それは今も出来上がっておらず、試行錯誤の毎日だけどね。最近も初期の頃の文章を書き直したし。

 それと同時期に、占いサイトとして、占いプログラムや占い系の文章の再構築をして、不満だった部分は自分で勉強してHTMLはもっと書けるようになってさ、フラッシュやプログラムを改造したり作ったり出来るようになってきたんだわ。

 オイラのサイトは、現在、水面下のものを含めて60MBあるさ。初期のサイトは1MBだったから、60倍に膨れた。勿論、不要のファイルは全部削除してある。30000バイト以上の画像はほとんど使っていないんだよ。(壁紙配布を除いて)個人でこの規模のサイトを作った事を驚かれる事があるけんど、いっぺんに作ったわけではないし、ホームページビルダーやその他のソフトで楽に作ったので、オイラ的にはあまり大変ではなかったよ。ただ単にやりたい事をやってきただけだし(笑)

 前にも書いた事だが、昔も今もスタイルは変わっていないさ。ただ単に発展してきただけのことだし。勿論その反応はリサーチしているけど、それによって自分のやりたい事をやめる事はないよね。

 これからもこのサイトは独自の方向性で動いていくんだと思うよ。他の追随者になる事は多分趣味が違うんでありえないし、ただ単に人気取りな事をするつもりも面白くないから無いさ。

 基本的に「自分が楽しめる」ってのは当然だし、それが「読み易く」て、「文章的に洗練」されるようにしていきたい。オマケに「他サイトが追いつけない」程のEvolution(進化)をしていきたいよね。

 まあ、今回はいい機会だったんで、書いてみたよ(笑)

小田原にて

2003/07/30(Wed)


 ブックショップへ行ったところ、前に買った本の続刊が出ていたよ。

大人の科学マガジン

 今回の付録は「探偵スパイセット」なんだけれど、ノスタルジックなヨロコビを誘うねえ(笑)それ以外の記事も、子供の頃に戻って遊べるものが満載だった。オイラ的には、こういう雑誌っていいな〜と思うよ。

 みんなもよかったら買ってみてね。

大人の科学シリーズ
大人の科学マガジン
学研 オンラインショップ

 しかし、「大人の・・・」と聞くと、エロを想像してしまう人が多いのは、何故なんだろうか・・・(笑)

小田原にて

2003/07/29(Tue)


 今日は久々に何もしない日だった。つーか、何故か鑑定も電話も昼間は全然入らず、おまけに原稿と原稿の合間のスポット的な状態が重なったんだ。

 しかし、時間が空いても、結局生活はいつもと変わらず、小田原シティモールのディスカウントストアへ買い物に行ってきたのだ(笑)いや、一応NEWデジカメを持って行ったんだけど、帰りに西湘バイパスので写真を撮っただけで、遠くに行くことはなかったよ。

 そろそろ雑記にある「FOOLの大将放浪記」を更新するために、どこかに行こうと思っているんだが、候補が複数あるんで迷っているのよ。

 次に行こうと思っている候補地は、こんな感じだ。

*静岡御殿場にあるウイスキーの醸造所呑みまくりバス紀行
*沖縄とか北海道とか海外に撮影旅行
*湘南「レストラン入澤」ジャンボカツカレー胃破裂作戦
*鎌倉から湘南海岸辺りの観光地サザンオールスターズ旅
*岐阜県土岐市や多治見市辺りで陶芸&窯元訪問
*名古屋で味噌カツ&煮込みうどんでうみゃーがや作戦
*大阪食い倒れまくりリバウンドの恐怖旅
*岩手県で祝ってけん遠野旅
*高野山空海と紀伊名物を食う会
*静岡三保の松原で博物館ハシゴ旅
*神奈川大山阿夫利神社石段地獄山登り豆腐食いまくり紀行
*伊豆天城越えて便所の神様&地獄極楽巡り道祖神紀行
*山梨葡萄の丘ワインに弱いんです試飲しまくり旅
*どっかのバンジージャンプで気絶体験記

 こんな辺りを攻めてみたいのだが、まあ、大きな買い物をしてしまった後なので、財布と相談しながらボチボチいってみよう。現在ダイエット継続中なので、食いまくり旅ってのが凄く魅力的にオイラに訴えかけてくるぜ(笑)

小田原にて

2003/07/28(Mon)


 今日は、小田原の祭りだったんだよ。

 昨日手に入ったデジカメのテストをするのに、もってこいの状況だったんで、早速車に乗り込んで行ってきた。

 祭りといったら、やはり屋台の食い物はデフォルトなので、知り合いの店を探し「広島風お好み焼き@オタフクソース」をGETしたよ。このマスター(右)は、オイラがたまに行く「Jドリス」っていう店の社長さんだ。

 この小田原の夏祭りは、「小田原ちょうちん夏祭り(PDF)」といって、実は夜のが盛り上がるのだが、家に留守番がいないので、しょうがなく夕方に行ったのよ。ちょっと残念なんだけどね〜。

 夜に行くと、提灯に灯りが燈って、お堀端とかは幻想的な雰囲気になるんだ。

 ステージでは、太鼓や踊りなどのイベントが盛り上がっていたよ。

 小田原の場合、春夏の祭りは力が入ってるからね〜。踊りも汗をかきながら一生懸命踊って、太鼓なんて腹の底に響いてきたよ。

 最近、祭りは「二の丸広場」や「銅門広場」で地元の商店さんがお店を出しているんだ。小田原の市の祭りの場合、テキ屋さんが排除されるから、結構色々な地元の味や国際交流のおかげで色々な国の屋台も出ているんだ。

 オイラはあっちこっち歩き回って覗き回って、気が付いたら色々な食いモンを両手に持っていた・・・(^^;

 やはり、祭りといえば神輿っていうぐらいで、今回も色々な氏神さんの神輿が結集してたよ。

 流石に北条祭りとかと違って、各神社から出張してきている神輿は小さいんだけど、それでも神輿がいくつも集まると、祭りの気分が盛り上がってくるぜ。やっぱり祭りには神輿がなくちゃね(^^)

 しかし、こういう祭りになると、結構な人出があるのが小田原なんだ。何だかんだ言っても20万人は居住してる都市だしね。

 こんなぐらいしか娯楽がないって気がするが、まあ、祭りは楽しい(笑)久々に人が多いところに行ったけれど、祭り独特の雰囲気ってのはいいモンだ。

 しかし、やっぱり一眼レフのデジカメって使い易いなあ。まだ色々な設定が使いこなせないんで色合いが意図した感じじゃないけど、まあ、合格点だろね〜。どんどん慣れて、使いこなせていけば、気に入った絵が撮れるようになるべ。

小田原にて

2003/07/27(Sun)


 朝・・・。

 10時に、玄関のチャイムが鳴った。

「はーい」

「ヤマト運輸ですが〜」

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!

 叫びながら速攻で階段を駆け下りた。

ザンザンザンザン!

 判子と金を用意し、何食わぬ顔で玄関を開ける。そこには、ジェイムズ・ボンドが立っていた・・・わけではなかった。

 黒猫のマークの帽子を被ったオッちゃんは、判子と代引きの金を受け取り、オイラに箱を差し出す。

Canon EOS 10D

 そうなのだ、今日届いたのだ。流石大塚商会系のランド・イーコムだな。仕事が早いぜ。電話の対応もしっかりしてたしな。

 まーそんなこたーどーでもイーんだが、兎に角届いたのだ。

 逸る気持ちを抑え、原稿を書く。すぐにでも弄りたい所だが、やはりフリーなので仕事は最優先なのだ。逆にそっちが気にかかって遊びモードで全開になれないって話もあるが(笑)

 ま、そんなこんなで今週の分の原稿を書き上げ、まずは取り説を読んだ。うーむむむむ。流石に機能の充実と取り回し説明で、最新の携帯電話の説明書やエクセルの解説書のよーに分厚いぜ。途中、なんやかやで買い物に行ったり、鑑定仕事をしたり、バーちゃんの見舞いに行ったり、電気店に行ったりしたので、いまだに10ページしか読めていない(笑)今晩は機能を試しながら読んでいこう。

 試し撮りした感じでは、手にズッシリと重量感があり、マグネシウムボディの堅牢さが感じられる。中級機のわりに充実している雰囲気も出ているっつーか、そのもの機能も特盛りのよーだ。勿論画像も今まで使っていたオリンパスC3000の倍ということもあり、オマケに一眼レフデジタルカメラなので不満は感じない。もっと擦り傷だらけになるぐらい使い込んでいけば、色々な不満や感想が出るだろうけどね。

しかし、今回のデジタルカメラって、オイラの買う社用車と同じぐらいの値段なんだよね(笑)いつも二年ノントラブルで激安ってのを基準で車検付で買う車とさ。まあ、ちゃんとした時に乗るビッツ君もあるけど、普段は殆どマーチ君で行動しているんだけど。なんとなくカメラ一台と車一台を見比べて、「うーん」と唸ってしまったオイラであった・・・。 

小田原にて

2003/07/26(Sat)


色々な雑用で行けなかった映画に、やっと行けたよ。んだば、恒例のレビューなぞ、書いてみよう。


ターミネーター3
 出演:A.シュワルツネッガー、K・ローケン、他
 監督:J・モストウ

 オイラは布団から起きた瞬間、物凄く決意していた・・・。

「ターミネーター観るんじゃいっ!」

 そう、今まで雑用に忙殺され、夏休みの子供達に邪魔され観る事が出来なかったターミネーター3を観に行く事にしたのだ。

 そう思ったら善は急げで、家の雑用を済ませ、仕事は放っぽり出して、車に速攻で乗り込んで家を出発したのであった(笑)

 向かった映画館は「ヴァージンシネマズ小田原」だ。現地に着いたオイラは、駐車場の建物に一番近い場所に車を停め、ずんかずんかと内部へ侵入したのであった。

 映画を見る正しい作法として、グッズショップでパンフレットを買うのはデフォルトで、ついでに「ターミネーター3」と「マトリックス・アタッシュケース型カードケース」も万引き・・・しねえって(爆笑)ちゃんと2700円払って買い、チケットカウンターへ。

 今回、夏休み中という事もあり、御子様達の御喋りとか、スナックを食べる音などを警戒して、値段の高い「プレミアムスクリーン」で観る事にし、成金風の態度でド真ん中の席を購入した。

 この「プレミアムスクリーン」とは、高い金払えば、専用ラウンジでウエイティング(時間まで寛ぐ)出来、尚且つ、リクライニングシートで踏ん反り返りながら映画を観られる、飛行機でいうとエグゼクティブクラスの映画室の事だ。

 実はオイラも使うのは今回が初めてである(笑)

 まあ、そんな事はどーでもいーんだけど、とにかくちょっと早めに着いたので、専用ラウンジへGO!そしてソファーに座りさっき買ったパンフレットを読む。

 気分はドンドン盛り上がり、期待に胸が膨らんでいった(笑)しかし、プレミアムラウンジには、オイラ以外誰もいない。どうやら今回の上映は、オイラ一人で観る状態のようだ。何人かオイラのよーに酔狂な愚者がいるかと思ったが、オイラだけだった(^^;

 そんなこんなしているうちに、案内人が上映を告げに来て、オイラはゆっくりとプレミアムスクリーンへ。席に着き、そして上映がオイラ一人の為に始まった・・・。

 正直言って、前回の「T2」も面白かった。T1000役のロバート・パトリックの完璧な演技が映画自体の面白さを倍化させ、ジェイムズ・キャメロン監督の映画作りと、シュワちゃんの演技とアクションが高次元で融合した面白い映画だった。

 前々回の「ターミネーター」も、他と比べ、低価格映画なのに完成度は高く、とても楽しめる映画だったと言える。

 しかし、今回の「T3」、あれだけの前評判や予算のわりに、内容が物足りない感じがしたのはオイラだけだろうか?ハッキリ言って、そこそこ面白いんだけれど、ターミネーターシリーズの中で一番の駄作となってしまった気がする。

 演技やアクションは、まあそれなりだし、金もかかっており、一般的レベルではあるのだろうが、ストーリーと演出が陳腐なのだ。今回、オイラは悪いけどそのように感じ、ちょっとがっかりしたのだよ。んでね、何でか考えたんさ。そしたらパンフレットの中の記事に、今回のつまらなさのヒントがあったよ。

 どうやら今回の監督は、元々キャメロンのターミネーターのファンだった人なんだ。んで、今回、シリーズのファンとして「自分が観たいターミネーター」をプレゼンテーションしたらしい。

 今回オイラが感じたのは、この監督と観客の「テクノロジーの進化速度設定の違い」なのかもしれない。

 例えば、現在のコンピューターテクノロジーの進化は想像もつかないぐらい加速しているよね。10年前のパソコンは、もう今の電卓にさえ敵わない状態だ。現代社会を構成するものは、10年前と比べ飛躍的に進歩している。

 今回の映画の現代設定は、T2の時から10年経った時点のものなのだ。「ターミネーター1」のターミネーターが送り込まれたのが2029年、そして今回の「ターミネーター3」のTXが送り込まれたのが2032年なのだが、その絡んだ背景を考えず、オイラ達観客は、劇的な変化(ターミネーターのフルモデルチェンジ)を望んでいたのではないだろうか。

 確かに監督としては、設定に忠実に「未来での3年のモデルチェンジ」を考慮に入れた設定になっているのだが、いかんせん観る観客達の期待までは、読みきれなかったのかもしれない。

 前作の「T2」から実際の時間で12年経って、今回の「T3」は封切られた。映画の中の設定では10年なのだが(笑)

 それだけの開きがあるのに、今回の女ターミネーターTX型は、前回のT1000型に毛が生えた程度にしか進化していない所に、観客が違和感を感じてしまうのかもしれない。

 例えば、マンガン電池がリチウム電池になったからって、感動する人が少ないのと同じだ。液体金属のT1000からモデルチェンジしてTXとなったのだが、パワーが上がって手からビームが出るようになった程度のモデルチェンジでは、現代の目の肥えた観客はがっかりするだろうね。

 今回は監督の「観客が観たいと思うものを想像し、劇的なアイデアを創造するする才能」が平凡だっただけの話だね(笑)

 一応、監督が言い訳できないと可哀想なので、設定をここに書いておく(笑)


*「T1」
未来:2029年  現代:1984年
2029年の未来よりターミネーター(T101)送り込まれる。サラ・コナーがジョン・コナーを妊娠。
*「T2」
未来:不明   現代:1991年
ジョン・コナー15歳。「2029年以降2032年未満の未来」より送り込まれた新型ターミネーター(T1000)に襲われる。シュワちゃんターミネーター(T800)に救われる。
*「T3」
未来:2032年  現代:2001年
ジョン・コナー25歳。1997年の全面核戦争「審判の日」は、一応回避された以後の設定。2032年の未来より送り込まれた新型女ターミネーター(TX)に襲われる。シュワちゃんターミネーター(T850)に救われる。しかし・・・。


 テクノロジー設定が変更出来ないとした場合、もっと脚本と演出でカバーできればよかったのだが・・・。

 しかし、観客達が思うターミネーターの進化って、そもそも「考えられるコンピューター」が開発しているターミネーターなのだから、「考えられる人間」と同じようなテクノロジー進化速度ではいけないんだろうね。だってこの映画のスカイネットコンピューターは人間のように失敗したり試行錯誤しないイメージだし、そうなったら最短距離で最大の成果が上がるはずだし、一つの開発が、その周囲のテクノロジーを爆発的に進化させ、進化が進化を呼ぶと観客達は想像するもん(笑)

 今回の新型女ターミネーターは、T1000型から進化する速度が、「まるで人間が開発したかのような進化」でしかないんだよね(笑)

 まあ、今回の「T3」は、普通のアクション映画としては、観られるだろう。

 しかし、オイラの評価としては「☆」(一つ星)程度しかあげたくない映画だった。コイツは金はかかっているが「B級の下」レベルかもしれん。この程度の作品であれば、レンタルビデオ店で出るのを待って、一泊二日300円で見た方がお得だよ。

 しかし、シュワちゃん、歳食ったなあ。もう60ぐらいだっけ・・・。

小田原にて

2003/07/25(Fri)


うがあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁ〜!

 うひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉ〜ぅ!

 やっちゃったよ!

 とうとうやっちまったんだぜ。

 むがあぁ!

 がんがん!


 トートツだが、叫んでしまったのは訳がある。しかし、かといってキアヌ・リーブスが結婚したわけでもなく、ニュースステーションの上山千穂アナが降板したわけでもない。東京都文京区在住のンガジ・ヌメエさん(コンゴ共和国出身)が日本語教師になったのも、もちろん関係ない(笑)

 実は今日、前から500円玉貯金でコツコツ貯めていた金で、とうとう、Canon EOS 10Dを買ってしまったのだよ!

 うんうん、長かったよー(泣)これでまた人間の生活に戻れる(ヲイヲイ!)ある時はコンビニの釣り銭、ポケットの中に余ったコイン、銀行の端数、食いたいものを買ったつもりで貯金箱に入れた小銭・・・。カレーを88円のボンカレーにレベルダウンし、卵はスーパーの超特売1パック100円をチラシの中から探す日々とは、もうオサラバだっ!

 今日、たまたま前に書いた価格.コムを見ていたら、5分前に更新された「限定五台@¥156,000!おりゃあ!」ってのを見付けたのよ。状況はイキナリのマイナス6500円プライスダウンだったのだ。多分、目玉商品ってことで安売りを掛けたものだろう。

 価格更新5分後に、運良くそれを見付けたオイラは、その幸運を神様に感謝しながら、大塚商会系列のその店に震える指先で電話したのであった・・・。

トゥルルルル〜〜♪

ガチャッ!

「はい、ランドイーコムです」


 一応ガセネタとか、キーの打ち間違いであるといけないので、庶民のオイラはドキドキしながら、電話に出たオネーちゃんに価格を確認する・・・。

「あ、あの〜価格.コムで見てお電話したのですが、商品価格の確認、よろしいでしょうか?」

「はい!それでは商品名をお願い致します。」

「キャノンのEOS-10Dが156000円っていうことで、確認なのですが・・・。」

「はい、その商品は、台数限定で156000円になっておりまして、在庫は残り4台です。」

うひょおっ!
在庫あるよ〜(ラリホ〜♪)


「くだ、くだ、くだしゃひっ!

「は?」

「い、いえ、注文させて下さいっ!」

「はいっ♪」

 そんなこんなで、あまりの嬉しさに舌が回らず幼児言葉になりながらも、注文したのであった・・・。

 どうやら即日出荷とはならず、明日出荷となるようだが、土曜日か月曜日にはオイラの手元に届く事になったよ。

 うれしー♪これからバシバシ写真撮るよ〜!!

小田原にて

2003/07/24(Thr)


 今、ミネラルウオーターのエビアンには、オマケで時計が付いているんだねえ。昨日、コンビニで見て初めて知ったよ。

 付いているのはガチャガチャ(人によってはガシャポンともいう)に入っているごとき安っぽちいデジタル時計なのだが、今回、何か訴えかけるモノがあり、つい二本もエビアンを購入してしまったぜ(笑)赤と銀の二種類だ。

 最近「食玩(お菓子のおまけ)」や「ガチャガチャフィギア」とかって流行っているよね。

 オイラもこの前、YU−JINという会社のガチャガチャで「原色淡水魚図鑑T」っていう企画があって、全種類を揃えて額に入れて壁のディスプレイにしたんだ。額は100円ショップで買ったフォトフレームで、これだけ並べていけば、ソレっぽくディスプレイできるって思ったよ。

 オイラは、たまたま部屋を改装した後でディスプレイするものを探しててさ、丁度意前述のガチャガチャ企画をやっていたんで揃えたんだよ。人によってはアニメキャラクターとかを集めているらしいけどね。

 本屋さんとかの軒先に、こういうガチャガチャ販売機って結構置いてあるんだけど、これを揃える前も揃えている時も、なかなか子供に混ざってするのは抵抗があったよ(笑)

 みんなもこんな風に集めちゃうことってない?

小田原にて

2003/07/23(Wed)


 ううっ、今日も映画を観に行けなかった。

 しか〜し!そのかわり、久々にステーキを喰いに行ってきたぜ(満面の笑み)

 今回行った店は、小田原市にある「ステーキレストラン源」だ。この店は昔から美味いステーキを喰わしてくれる店で、鉄板焼きなのだが、ステーキをメインにするだけあって味もよく、押さえる所は押さえたサービスをしている店だ。

 今回は200gロースステーキ和コース(ガーリックライス付)なるものを頼んだんだけど、やっぱり美味かった。焼き終わった肉は鉄板に放置せず、ちゃんと皿に盛り付けてくれるし、店の雰囲気や、清潔さ、店員の教育なども合格点だ。

 久々にステーキを喰うオイラとしては、美味いものが喰いたいし、ムカつく店では喰いたくないんだ。その点、この店は基準を無難にクリアーしている。ものスゲー美味くてホッペが落ちるまではいかないが、楽しく嬉しく喰える店だ。

 小田原に来た際は、ここで食事なんてしてみ。

小田原にて

2003/07/22(Tue)


 しまったぁ〜!

 今日ってさ、海の日で休みの上に、ガクセイが夏休みになってたって事をスッカリ忘れ、映画館に向かってしまったのだよ。

 現地に着いてから思い出したんだけれどさ、時既に遅く、ピーチクパーチクの子供達に囲まれてしまったのであった。

 元来オイラは、混んでいる場所は五月蝿ったいので、平日の空いている時を選んで、アミューズメントパークや映画館に行っているのだが、今回はオオボケで、通常の月曜日のように行動してしまったのだよ。

 スゲーお間抜けな行動だったのだが、一応チェックしてみようと思いチケットカウンターへ行ってみた。

 人、小僧、小娘、人、小僧、小僧、小娘、小娘、小娘、小娘、小娘、小僧、小僧、小僧、小僧、人、人、人、人、人、人、小僧、小娘、小娘、人、小僧、小僧、小娘、小娘、小娘、小娘、小娘、小僧、小僧、小僧、小僧、人、人、人、人、人、人、小僧、小娘、人、小僧、小娘、人、小僧、小僧、小娘、小娘、小娘、小娘、小娘、小僧、小僧、小僧、小僧、人、人、人、人、人、人、小僧、小娘、小娘、人、小僧、小僧、小娘、小娘、小娘、小娘、小娘、小僧、小僧、小僧、小僧、人、人、人、人、人、人、小僧、小娘・・・・・・・・。

 エスカレーターを上がり、チケットカウンターの方向を見ただけで、人口密度と子供比率と空気中の二酸化炭素含有度がターミネーター風に数値化されてオイラの眼球に映った気がしたので、そのまま下りエスカレーターでリターンしてしまった(笑)ドラゴンボールで言うと、侵略してきた宇宙人が、サングラスのように着けたスカウターで地球の人口密度を見たって感じ(笑)

 所詮は文化のない小田原なので、上映中に五月蝿い事を我慢すれば観られる程度の人出なのだが、ガラガラの雑音の入らない平日映画観賞に慣れたオイラは、今日は断念して平日に行くことにしたよ。

 なめていたぜ、小田原。あんなに小田原の映画館に人がいるのは、1977年にスターウオーズが公開された以降、久しく見ていなかった(爆)

 考えてみれば学生時代、小田原の映画館で映画を見る時は、学校をサボっていたり、平日に休んだ時に観に行っていた・・・。社会人になってからも、公開期間終了間近に映画館で観ていた・・・。フリーになってからは、国民の休日には観に行った事が無い・・・。

 ん?それって・・・。忘れてたよ。自分が自営で「毎日仕事&毎日休み」って事をさ(爆)なんだかなあ^^;

 つーことで今度平日に観に行ってくるね。

小田原にて
 
2003/07/21(Mon)


 家の湿気対策の為に、ヤマダデンキで除湿機を買ってきた。

 家の裏が「森」っていう立地もあり、夏の時期の二階にある和室二間の湿気に困っていたんだよ。んでね、今日、決意を秘めてヤマダデンキに行き、思い切って購入してきたのだ。

 脇目もふらず、本屋に寄り道もせず、でもしっかり熱帯魚店には寄って(笑)光速のスバヤサで帰ったオイラは、アインシュタインの相対性理論の時間軸の変化という、この日記の読者の指摘を無視して、早速、除湿機のテストに臨んだのであった。

 この日の部屋のコンディションは、室温25度・湿度90%(!)だった。オイラは華麗な仕草で、コンセントを差し込んだ・・・。

 がしょんっ!
 ヴィ〜ン♪

 しばらくオイラは期待に目を輝かせながら見ていたのだが、そんなに早く結果が出るわけでもなく、新しく水槽にやって来た熱帯魚・・・カーディナルテトラの水温合わせと水合わせ作業をすることにした。

 〜〜 一時間後 〜〜

 おおっ!

 なんと、しばらくして除湿機を見に行ったら、もう一センチも水が溜まっていたよ。スゲーな〜除湿機って。難点はフロン式じゃないから室温が上がっちゃう事だけだな^^;(25度から29度へ/10畳)まあ、これから出かける時にどんどん活用していくべえ。

小田原にて

2003/07/20(Sun)


 午後、原稿を書き上げ、今日こそはと意気込んで映画館へ行こうと思ったんだよ。

 上映時間を調べ、割引券をネットから落として、車に乗り込んで向かおうとしたんだけれど、なんちゅーか珍しく途中で一日の疲れがどっと出てさ、気が萎えてスーパーで買い物をしただけで、家に帰ってしまったよ。

 たまにこんなこともあるんだなーと思いつつ、美味いモン食って復活を遂げよーと思い、スーパーでは久々に和牛の高い肉を買い込んでしまったんだ。オイラは貧乏性なのか、和牛よりオーストラリア牛のそれも噛み応えのある赤身が好きなのだが、久々に買う和牛ということもあって、霜降りの部分を買っちまったぜ。

 いかんな〜これって脂肪蓄積型の不健康牛の肉なんだよなと思ったのだが、あの油の味が思い出され、タマラナクなって買ってしまったんだ(笑)そーいえば、しばらくすると余計な事に牛肉の関税が引き上げられ、輸入牛肉が値上がりしちゃうんだよね。まったく困ったもんだ。そんなこんな考えながら家に帰って、早速料理して食ったら美味かったんだけどね^^;

 あ、そーそー、怒涛のバーちゃん一時帰宅も終わり、今日病院へ送っていったんだよ。どうやら退院は今月末日になるとの事で、医者のほうから説明があったさ。それまでに介護ベッドの手配と、ヘルパーさんとの打ち合わせをして、万全の体制を敷いておこうと思う。今月一杯でかーちゃんも看護婦を退職するので、思い切ったやり方が出来そうだ。

 老人介護っていうと、みんな暗くてジメジメしたものを連想するようだが、そいつぁ想像力が無いってモンだ。少なくともオイラの家の場合は、バーちゃんは耳が遠いだけでボケは皆無だし、色々な補助制度を極限まで利用し、セーフティーゾーンを広く設定しているので、ヤヴァくなりようが無い。フツーに何とかなっちゃうさ。

 流石に今回の大腿骨骨折は一瞬焦ったが、鉄の棒をインプラント(埋め込み)する事で、サイボーグのよーな復活を遂げ、今回の一時帰宅では、自分で歩いてトイレに行っていたよ。もう筋肉痛以外の痛みは無いはずだ。

 しかし、最近の医学は進んでいるなあ。オイラの頃になったら、どんな病気でも死なせて貰えないような気になったぜ(笑)

小田原にて

2003/07/19(Sat)


 うー映画を観に行きたいなあ。ターミネーターもマトリックスもやってるしなあ。

 ココのトコロ何やかやで忙しく動いているせいで、思い切って遊ぶ時間や、ゆったりと過ごす時間が減っている気がするよ。

 話は変わるんだけれど、最近、廃業する占い師の話をよく聞く。占い師の世界によくある話なんだが、いわゆる「精神を壊す」ってやつだ。オイラの場合、個としての概念や精神修養を若い頃にさんざやったせいか異常に強靭なのだが、人によっては占いマニアからステップアップする事が多い背景もあり、頭を壊して辞めていくケースをよく見るよ。

 どーでもよい詐欺系の占い師は、基本的に割り切っている上に、依頼人の事など考えていないので、今回の話題の人のように悩んだ上で精神を蝕まれる事はないんだがね(笑)いい占い師は真面目な考えの人も多いしねえ。

 意外に知られていないんだけれど、占い師って精神修養すると壊れにくくなるんだよね。まあ、精神力を鍛える方法自体の公開はしないけど(笑)性格が粗暴にならないように注意しながら武道などで体を鍛えるのもその一例だよね。

 いい占い師達が残ってくれるようなカリキュラムを占い界全体で考えていかないといけないよね。今って技術至上主義っぽい講座とか、理論さえ出来上がっていないイモ講座も多いし。オイラが知っている方法を公開してもいいんだけど、オイラの嫌いな詐欺師達に利用されちゃうのが嫌だから「カオス」に書いてるんだよね。

 なんだかなぁ。

 お、やべえ、尻切れトンボ日記だ(笑)ま、まあいいか。

小田原にて

2003/07/18(Fri)


 知ってるか?

 今日は明治維新の時に、「江戸」が「東京」になった日だぞ。江戸幕府が終焉を迎え、当時の天皇が「東京にすべえ」と言った日なのだよ。まあ、そんな事はどーでもいーんだけどね。

 んでね、今日から二日間の日程でバーちゃんが一時帰宅をしたのよ。

 オイラはヒデー状態にならない限りは、家で介護することを考えているんだけどさ、バーちゃんが帰った時に伝い歩き出来るように、バーちゃんのいる部屋に手摺を付ける事にしたんだよ。

 でさ、今日、都合のいい事に一時帰宅だったモンで、早速必要な材料を買ってきて、速攻で壁に取り付けたんだ。

 今回は前回のよーな大掛かりなものではなかったし、パイプをパイプカッターで切って、ジョイントと塩ビ用のボンドで繋いで木ネジで壁に取り付けただけなんで簡単だった。

 早速、伝い歩きが出来るようになったバーちゃんに、実際に掴まって歩いてもらい、テストしたんだが、結構いい感じで掴まれたようだ。

 今回の手摺は、バーちゃんのいつも掴まる高さが、丁度規格物のパイプの長さと同じだったので、床面から95センチの高さに設置した。これは積水ハウス株式会社の鉄骨の家の規格で言うと、ドアノブと同じ高さになるんだ。大体145〜150センチの身長の人が、肘を付いて体を支える事も出来る高さでもあるんで、まあこんな感じだろう。

 結構こういう人間工学的なサイズってあるんだよね。例えば大人が使用する場合、机の高さは70センチ前後だとか、椅子の座面の高さはテーブルの天板の高さからマイナス25センチが使いやすいとか、結構色々な業界にも共通するサイズってあるらしい。

 最近はデザイン重視で規格はずれになって、実際には使いにくい物も多いんだけどね。みんな背が高くなったり、体格がよくなったりして規格が変わってきているんだけれど、人間の平均的な体のサイズを基本として考えられていることも多いんだ。

 家具とか道具を選ぶ基本ってのを、営業やっていた頃に教えられた。

 *足の裏から膝の裏までの高さ
 *中指の長さの半分の位置から肘まで
 *座ったケツの接地面から鳩尾まで
 *立った足の裏の接地面から鳩尾まで
 *立った足の裏の接地面から尾骶骨
 *立った足の裏の接地面から顎まで
 *水平に手を広げて中指の真ん中から反対の中指の真ん中
 *肩から反対の手を水平に伸ばした幅
 *手の長さ
 *足の長さ
 *掌の長さ
 *掌の幅

 確かこんな感じだったと思う。タロットカードなんても、掌と合わせてみて中指の半分ぐらいまでのサイズとか、手の横幅と同じ縦幅のカードがしっくりくるモンな。

 家具とか道具を買う時にこのサイズを参考にして選ぶと、使いやすいものを選ぶことが出来るようだね。皆も活用してみてはどうかな?

小田原にて

2003/07/17(Thr)


 呑もうと思って三日目で、やっと酒が呑めたヨ(笑)

 結局、何だかんだネットで調べ物をしていて、呑めたのは朝方の5時だったけど・・・。もう空が明るくなってたんで、何となくだが悪い事をしているよーな気分で・・・(笑)4時半頃ちょっとシャワー浴びて、チビッと引っ掛けで呑んでそのまま素っ裸で寝たよ。目が覚めたのは10時だった。

 今日は、小田原の「カメラのキタムラ」で、今度買おうと思っている「Canon EOS-10D」の現物を見て触って弄ってきたよ。(つってもキタムラでは買わないんだが^^;)

 金はもう殆ど溜まっているんだが、「価格.コム」で16万円に限りなく近付くまで耐えている(笑)セコいと言われよーが、高いものは、値切って粘って叩いて店員を持ち上げてプライスダウンさせるのが基本(デフォルト)だ(笑)

 現在はこんな感じで価格が推移している。これが今のペースで落ちていけば、オイラが買う頃には162000円程度になりそうだ。

 Yahooオークションも同時に見ているのだが、この商品に関して言えば、値段が高いので個人売買で買うには怖い(笑)送料やオークション費用を含めた値段も、価格.コムで探して通販すれば大差がないので、こういう風に買いたいと思うよ。

 まーそんなこたぁどーでもいーんだが、キタムラで現物を弄りながら試してみたさ。やっぱりいいねえ一眼レフって。資料にあった通り画角(撮れる範囲の幅)が一般のフィルムカメラより狭いんだけれど、19ミリのレンズも持っているので大丈夫だろう。(19ミリレンズは30ミリぐらいの画角になってしまうけど)操作もこれの前に発売されたD60って機種よりは使い易そうだし。

 来月辺りには買えるかなあ。

小田原にて

2003/07/16(Wed)


 結局、昨日も酒は飲めなかった・・・(悔)

 だが!今日はチゲェ〜!
 違げぇのだ!

 そう、今日は固い決心で飲むと決めたのだ!

 今日こそは、鑑定を午前二時で打ち切り、呑むのだ!しかし酔うほどではないんだけどね。

 ここ数年、理性がなくなったり、リバースしたり、二日酔いのオーバーハングを全然していない。呑む機会は何回もあったのだが、いつも全然飛ばない。酒に強くなってしまったのか、若い頃に体験したような、駅のトイレを使用不能にしたり、タクシーの窓から滝を創り出したり、朝方友人と肩を組んでタバコを買いに行ったり、次の日に超頭痛なのに20倍極辛カレーを食ったなどの体験もしなくなった。

 最近は月を見ながら、バーボンをはらわたで呑めるようになり、シーバスを味わいながら呑めるようになった。今日も満月が出ている。この月を肴に、今日こそは呑むよ〜。

 そうそう、もう一つあったよ。

 みんなは「バウリンガル」って知ってるかい?あーそうそう、おもちゃ会社のタカラが作った、犬の気持ちを翻訳する機械の事だ。

 今日ね、Yahooのニュースを読んでいたら、今度は猫の気持ちを翻訳する「ミャウリンガル」を11月下旬に発売するって発表したらしいのだ。

 Yahoo記事はこちら!

 順番として絶対作るとは思っていたんだが、正式発表されたので嬉しくなったよ。これで雑記の「アタシはネコに決まってるジャン!」の更新がされやすくなるかも知れん(笑)オイラは買うよ。ギャグの為なら金は惜しんではイカン!

 まだ、タカラのサイトには発表されていないようだが、ネコ好きな人は8800円ぐらいらしいので、買ってみてはどうかな?

小田原にて

2003/07/15(Tue)


 ビートたけしのTVタックルを見ながら、何気にCNNのニュースサイトを見ていた。そしたらこんなこぼれ話を発見。

 ペルーの医師、車用ペンチで脳の手術成功

 うーん、日本の皆さん、トートツですが、都内千代田区の一部屋何億もするマンションの横に建っている、一ヶ月家賃6万円駐車場2千円(築8年)で84m²の超豪華公務員宿舎って税金の無駄じゃありませんか・・・?

 年収が多い地位についた公務員に援助するぐらいだったら、手術用具買ってあげてくれや。

 ところで、今日はゆったりまったりするつもりが、銀行周りで時間を食い、他には何にもしないで終わってしまった。夜になって昨日の続きの本を読んでいる。

 結局、昨日というか今朝は、鑑定が長引いてAM4時過ぎまでやっていたので、酒は飲めず終いだったよ。まあ、その鑑定は必要だったんで、それはよかったんだが。

 今日こそは1オンスのウイスキーメジャースタンド(業務用ホテルレストランウエア(株)遠藤商事カタログへ直リンク)にボトルごとセットして、

 飲んでやる!
 飲んでやる!
 飲んでやる!
 飲んでやる!
 飲んでやる!
 飲んでやる!
 飲んでやるぅ!

 はぁはぁはぁ・・・。さて、仕事しなきゃ(泣)

小田原にて

2003/07/14(Mon)


 今日は昼にバーちゃんの様子を見に病院に寄ってから、ブックストアに行き、大量に小説を買い込んできた。季節は秋の夜長ではないが、夕方から本に没頭している。

 たまに物凄く本が読みたくなるんだ。それはまるで、熱病に冒され、そして活字追うヨロコビのウチフルエながらの至福の瞬間・・・まさにエクスタシ〜ィな空間なのだ(笑)

 しかし、今回は鑑定の合間に読んでいるので、酒も飲まず、健全に読んでいる状態だ。

 やはり読書に没頭する時には、一杯の酒、酒、酒だ!
 勿論、酔うほどの量は飲まない。一杯だけだ。
 ケンタッキーのバーボンか、シーバスリーガル。
 8オンスのシンプルなロックグラス。
 でっかい氷を、たったひとつだけ。
 酒が水で薄まらないうちに呑む。

 くうううう〜。鑑定受付時間終わったら呑もう(笑)

小田原にて

2003/07/13(Sun)


 オットット、じゃなくって、一昨日の日に亡くなったオイラの家の隣に住む親戚ん家のおばあさんの葬儀の手伝いをしてたよ。今回のオイラの役割は、JR小田原駅でプラカードを持って、弔問客を案内することだったさ。

 小田原のなかでも、オイラの住んでいる地域は、近所付き合いが良い意味で密になっているモンで、特に法事の時は、近所の皆で助け合うようにしているんだ。ウチのバーちゃんが大腿骨を骨折した時も、近所のおばさんに助けてもらったし、ウチの親父の葬式の時も、近所が総出で手伝ってくれたんだよね。

 昔から近所への挨拶とかは、しっかり文字通り叩き込まれて覚えたし、近所の大人達が一緒になって手助けしているのを見て大人になったから、そういうのが苦手得意の問題ではなく、快適で安全に暮らすためでもなく、人間的意味でやらなければならない事だと思っているさ。

 最近、色々な社会の歪みがテレビを賑わせているよね。思うんだけれど、やはり、人間関係が希薄であったり、人との交流ができない背景などから生まれてきている気がするんだよ。

 近所で殺人事件があって、悲鳴が聞こえているのに、110番しない近所付き合い・・・知り合いの子供が危ないことをしていても放置してしまうご近所・・・何事にも関心を持たないように教育された子供達は大人となり、自分が身に着けた無関心という価値観で次の世代を育てていくような気がする。誰も気が付かないんだ。腐っていくことにさ。

 少なくともオイラはそうならないようにしなきゃね。

 んでさ、話は戻るんだけど、小田原駅がスゲー暑くてさあ、昨日に引き続き疲れちゃったよ。普段でも太陽に当たらないのに、ここ二日続けて当たったし、暑い空気の中を礼服でプラカード持つなんて事になったんで、流石に今日はバーちゃんの見舞いに行く体力が無くなったぜ。明日原稿書き終わってから、ゆっくり行こう。

 だってさ、気が付いたら体から塩吹いてたぜ、塩!お清めの塩をかける前に顔を払ったら、パラパラ落ちてきやんの。自分の体から出た塩でお清めしちゃうかと思ったぜ(笑)しかし今日は暑かったなあ。

 暑い時と寒い時の慶事法事は辛いねえ。

 あ、そーそー嬉しいこともあったのよ。なんと昔に作った礼服が着れるようになったさ。前はハラが入らなかったんだよ腹が!

 やっぱし−10kgってのは違うなあ。

小田原にて

2003/07/12(Sat)


 いやー疲れたぁ〜。

 ほら、昨日言ったじゃん?あーそうそう、今日は日本橋高島屋さんで、タロット講習会してきたんだよ。

 なんつーか、講習会自体はとっても面白かったんだけど、久々に行った都心の駅の、あの、人いきれのというか、人ごみと雑踏が嫌だったぜ。

 普段、オイラみたいに田舎に住んでいると、電車のラッシュなんて乗る機会が無いぢゃん?今日は帰りが帰宅ラッシュと重なっちゃったモンで、疲れちゃったよ(笑)田舎モンはそういう意味で軟弱なのよね〜(笑)

 おかしいな〜。渋谷のお店に通っていた頃は、人ごみにも慣れていたんだが、最近は20人以上が密集することが無い小田原の街ばかりだからかな?

 しかし、今年からオイラのマネージメントを引き受けてくれるっていうありがたい話が持ち上がったんで、色々な所に巡業に行くかもしれないから、もう少し、自分を鍛えておかなきゃね(笑)

小田原にて

2003/07/11(Fri)


 とうとう明日は、日本橋高島屋さんでのタロット講習会の日だ。表に出していない資料も用意したし、もって行くものもパッキングできた。

 今回は急だったんで、サイトで発表して応募者を募れなかったのだが、次回の時はしっかりと宣伝していこうと思う。

 まあ、簡単に言っちゃうと、それに参加すればオイラの素顔が見られたり、FSDの成果(ダイエット10キロ達成)が見られたり、オイラに直接講義を求めたり、暗黒のオヤヂギャグが生で聴けたり、オイラに対面鑑定を挑めたり、オイラをナンパ出来たりする(ないない・笑)と思ってくれ。

 オイラは殆どの場合、人にタロットを教えない。うちの養成講座でさえ、氷山の一角の公開に過ぎない。さすがにカルチャー講座では濃ゆい話は出ないと思うが、聴かれてしまえば、出し惜しみなく後先考えずに言ってしまうつもりだ。

 もしかしたら、次回の参加をしたい読者もあるかもしれないが、その場合は、適当に各自で高島屋日本橋店さんなどに問い合わせてくれ。

 一応、次回は、前もってここで、問合せ先を含めて告知するつもりだ。


小田原にて


 今日、オイラはフジTVの「アンビリーバボー」を観ていたんだよ。そーしたらさ、その中に「色弱者が、適正な色を見れるメガネ」ってのがあったんだ。

 まあ、たまにオイラが自分で言うから、知っている人も多いが、オイラは弱度の赤緑色弱ってやつなのよ。つまり「赤と緑の見分けが光線の具合によっては見難いときがある」っていうレベルなんだけれど、まあ、そんなモンがあるんだわ。車の免許が取れる程度なんで、強度の人や全色盲の人よりは救われているんだけれどね。

 んでね、この番組の中でさ、オイラは不覚にも感動にウチフルエちゃったのよ。なかで放送された再現ドラマの中で、自分とかぶる部分がとても多くてさ。

 でさ、これはそのメーカーの偉業を称えて、リンクせねばなるまいってオイラは思ったわけだ。

株式会社 ワールドマンセル

 サイトを見てもらえばわかると思うが、まだ発売されていないし、値段もわからない。しかし、これが発売されれば、世の中の20分の1いると言われる色弱者達にまさに光を見せることが出来るはずだ。

 オイラの話になるが、子供の頃、カワダのダイヤブロックの赤と緑が暗い場所でわからないことから始まり、健康診断では、みんながオーム状になぞる色覚テストで一本線をなぞり、エンジニアになりたくても高校選びで弾かれ、就職では、成績は良くても成れない職業があった。

 それを囃し立てたりする者はいなかったが、皆が思う夢・・・宇宙飛行士にもなれないと思った。

 多分、このメガネが発売されれば、これ以降、オイラ達と同じような子供達が、オイラ達が感じたような思いをしなくてすむんではないかと思った。

 勿論、オイラも「鮮烈な赤」を、今までよりももっと感じることが出来、メガネ使用ならば、他の条件が揃えば、パイロットになることが出来るようになるだろう。

 多分、これは体験したものでないと分からないのかもしれない。しかし、これを読んだ男性の20分の1だけが分かってくれればいい。(幸運にも女性には遺伝的に因子が表に出にくいらしい)いつかロボット検索でそんな事を調べた人の為に、この記事が検索されることを祈り、ただその為だけにこれを書いている。

 最後に、このメガネの開発者さんと商品化したワールドマンセル社長に、これからの人生の、幸多からん事を願って。
2003/07/10(Thr)


 久々のドツボかもしれん。

 今日は東京の友人宅に行ってきたのだが、小田原に帰ってから東京に携帯電話を忘れた事に気が付いた。

 もう、どひゃー!ってコトで、鑑定も仕事の打ち合わせもあるし、速攻取りに行ってきたよ。行き帰り約4時間を、一日のうちに二回・・・。走行距離合計320km一般道・・・。疲れた・・・。家に着いたのは午前三時であった・・・。

 家に帰ってみたところ、隣のオバーさんが、オイラのいない間に亡くなったようで、近所の人達が集まっていた。簡単にお焼香だけして、家に帰って資料作りを朝までした。

 今月は忙しそうだよ・・・。

小田原にて


 長崎県の俊ちゃん殺害事件の話題が、ニュースを賑わせている。逮捕されたのは12歳の中学生だった。

 最近、若者による凶悪犯罪や猟奇犯罪が増えているように思う。被害者は泣き寝入りするしかないような状況がいつまで続くのだろうか・・・。

 もし、自分が犯人の親であったり、被害者の親であった場合の、想像による対応策案は、超過激なのでコメントは控えるが、今回の事件の周囲に与える影響は計り知れないように思う。

 オイラは思うんだよ。日本ってさ、犯罪者に対する量刑が甘いんじゃないかってね。人権は欧米並みなのに、刑罰は古き日本の甘えの構造のそのままじゃない。

 オイラはこういう事には過激論者かもしれないが、ハッキリ言って日本も累計加算での刑期(懲役263年とか)と、刑事裁判の場合、被害者家族を含めた陪審員制度による裁判を採用したほうがいいと思う。勿論、遺族が混ざるのは少年・成年共に重大犯罪の場合だけに限定するのだが、この制度で法廷で論議し、色々な状況などによって刑罰を決めていけばいいんではないだろうか。

 そうする事で被害者遺族の意見も裁判結果に反映され、民意の反映もされ、社会全体での犯罪への対応に繋がっていくのではないだろうか?勿論、遺族は、犯人への死刑判決を希望する場合があるが、陪審員制度なので、他の陪審員や検察や弁護士などの意見も入り、事情も考慮せず「殺人=即極刑」とは、ならないはずだ。

 量刑を加算式にすることで発生するコスト、つまり犯罪者の為に国民が金を負担させられてしまうディメリットはあるが、死刑廃止論者も納得する形式となるのではないだろうか?オイラは廃止論には否定的だしもっと過激だけどね。

 「法治国家」と皆が誤解する日本・・・。内情は「放置国家」となり、犯罪率は上昇し、警察による犯罪者検挙率は低下している。社会は、ゆっくりとだが確実に腐乱していく。犯罪者は擁護され、被害者は永遠の闇の中で身悶える・・・。永田町の馬鹿達は国民の代表ではなく、民意と違うことも多い。隣の国から突き出される「テロ」や「ミサイル」という名のナイフにも立ち向かえない国・・・。乞食のように施して貰う事しか出来ない国・・・。自分の好きな者さえも守れない・・・。

 この国、そして人々は、どこに辿り着くのだろうか・・・。 
2003/07/09(Wed)


 なんだか風邪をひいたみたいだ。金曜日に日本橋の方でタロットを教えるモンで、今の内に薬を飲んで治さなきゃイカンな^^;

 今回は宣伝する余裕がなかったんで書かなかったが、次回、何処かでタロットを教える時には、このサイトで宣伝するんでヨロシクね。

 教えるって言っても、まあ、オイラの場合、座談会形式というか、質問のある人には答えるし、占って欲しい人は、場合に応じて目の前で展開して・・・って感じになると思う。まあ、次の機会もあるかもしれないのでお楽しみに。

 つーことでお休み。

小田原にて

2003/07/08(Tue)


七夕だねえ。でも仕事してるよ^^;
チキショー!日記サボってやるう!
と、ゆーわけで、今日はサボ(笑) 
2003/07/07(Mon)


 今日は、占いの資料作りをしている。

 今までも再編しようとしていたんだが、手付かずだったものも含まれている。流石に濃ゆい部分も含んでいるんで、ネット上に貼り出す事はせず、出来上がったら講習会で使ったり、メンバーズの「カオス」の方にUPする予定だ。

 今年の初めに感じた通り、後半に入って忙しさが増し、色々な企画が持ち上がってきている。あーぶっちぎりで遊びてえなぁ・・・。

 しかし、オイラは不幸な事に、忙しい事にヨロコビを感じ、尚且つその中で遣り繰りして遊ぶ事に快感を得るタイプなので、「遊びたい!」と思っても結局は仕事もしちゃって「遊びも仕事もドンドンかかって来なさいっ!」って状態でやっていくのが最良なんだろうな^^;

小田原にて

2003/07/06(Sun)


 何気なくさ、今日、部屋にある和庭の池を覗いてみたんだ。

 そしたらさ、どうやら金魚が春に産卵していたようで、金魚の稚魚が泳いでいたよ。ボウフラ対策で小赤っていう餌用金魚とコメット金魚の二匹が入っていたんだけれど、サイズも「1:2」ぐらいだったんで、まさか交配するとは思わなくってさ、スゲーびっくりしたぜ。

 はじめはメダカかと思ったんだけど、それにしてはサイズがデカイし色も赤・黒の二種類もいたんで金魚の稚魚だって判ったんだ。上に浮いてきたのを見て数えたんだが、どうやら5匹前後は最低でもいるようだ。多分、水草を出して数えれば10匹ぐらいはいそうだ。

 昔から安い餌金魚しか買わなかったんで、金魚飼育は延命率がとても低く、産卵して稚魚が孵ったのは初めてだ。熱帯魚やメダカは結構産卵に立ち会って、代替わりして継続しているんだけどね。

 いやーびっくりだよ。

小田原にて

2003/07/05(Sat)


サボ^^;
2003/07/04(Fri)


〜〜 注意事項 〜〜

この話は強烈なギャグと腐臭を放ちますので、
お食事中の方や、未成年の方はお気を付け下さい。

尚、度胸にある方は、口に牛乳を含み、
飲み込まないで溜めながら
お読みください。

覚悟が決まった方は、下へスクロールしてください。








































2003年・・・現代・・・。
巷には物が溢れ、情報は氾濫し、
大都会の片隅には、忘れ去られた人々が蠢き、
林立するビルの谷間には、辿り着く事の出来ない空き地があり、
歩道橋の下には、異空間への入り口があるのかもしれない・・・。
子供達の悪夢は、永遠に覚める事が無く、
大人達の心には、腐臭を放つ闇が巣食う・・・。

この話は、実際にオイラが体験した物語である。






今日の午後の事だった。

オイラは消耗品を買いに、小田原市内のデパートにある「100円ショップ・ダイソー」へ行ったんだ。

今日は色々買わなければいけないものが多くあり、仕事の書類整理に使うバインダーなどの事務用品や、キッチンで使う消耗品、その他様々な物を物色し、オイラは籠に入れていった。それと和風の小物が欲しくてさ、祭りの柄の団扇を買い、それを壁時計に改造する為の時計キットも買ったんだよね。

そんなこんなをしていたらさ、急に何か異次元の感覚がしたんだ。

殆どの場合、霊体験をするとか危機一髪の出来事に直面するとかの前兆で起こるんだよ。今日も何かイヤなものを見てしまうか、体験するか分からず周囲を見回したんだ。そうしたらさ、何か挙動不審の男が近くの「ザ・衣類」のコーナーに居たんだよね。

んでね、オイラは不思議に思って観察してみたのよ。とりあえず感覚的に今回は自分に変なものが襲いかかって来ない気がしたし(笑)

彼の年は25才ぐらいだろうか。ちょっと幼い感じ・・・服装はネクタイ無しの白いシャツとグレーのスラックスに革靴・・・体重は137キロぐらいはありそうな横幅のでかさ・・・雰囲気はキワモノ・オタク風・・・どう間違ってもモテないタイプの。なんつーかソイツの周囲だけ空間が捩れてるって言うか、ある種、黒いオーラが放たれているよーな気がしたんだ。

それでね、何かを手にとって眺めているんだ。

オイラは興味を持って目を凝らしたさ。
何か分かった瞬間、絶句したよ。

彼が手に持っていたものは・・・

























白レースのスケスケ女物パンティ!
黒レースのスケスケ女物パンティ!


い、一応、オイラは自分が何か勘違いしているのかと思い、指輪を薬指に嵌めていないのを確認し、彼の連れの女性がいないか周囲を目で探してみた。

いない。

五分待っても、
十分待っても、
彼はそれを眺め続け、彼の連れは現れなかった・・・。

オイラは、嫌な予感がして目が離せないでいた・・・。

彼は迷った末、白いレースのスケスケ女物パンティ(Tバックタイプ・Lサイズ)を、嬉しそうな顔で籠に入れ、レジへと向かった。オイラも買うものは籠に入れてあったので、後ろに並び、籠の中身をナニゲに見た。

白いレースのスケスケ女物パンティ・・・。

一応、女ではない事は、股間のふくらみをみても明らかだ。

彼はレジで会計を済ませた。オイラも、たまたま隣のレジが空き、そちらで会計を済ませた。彼は白いレースのスケスケ女物パンティ(Tバックタイプ・Lサイズ)に付いている札を鋏を使って丁寧に取り、そしてハンガーから外し、ポケットに収めた。

オイラは嫌な予感がしたんだけどさ、まあ、「誰かに買ってあげたんだろう」って強引に思う事にしてさ、速攻で袋詰めしてトイレに向ったんだ。

まあ、彼の事はすぐ忘れてトイレに入り、小さい方をしていたのよ。そーしたらさあ、同じトイレに入ってくるわけだよ。彼が!

彼は直行でオイラの後ろの「大」の個室に入っていったんだ。

オイラ気になっちゃってさあ^^;
耳が大きくなっっちゃったよ(笑)

しゅるしゅるっ。

(多分ズボンを脱いでいる音)
(ま、まあトイレだから普通だよな)

「よいしょっ」ガタンダン!カチャッ!

(あれ?何でドアにベルトの金具の当たる音がするの?)
(普通スラックスはドアに掛けないぞ?)
(確か彼は手ぶらだったはず???)

しゅるしゅるっパツンッ♪

(あれ??トイレする音がしないのに、なぜパンツのゴムの音が?)


ま、まさかっ!!


オイラは頭をブンブンと音がするほど振り、頭の中からキモチ悪い想像を振り払おーとしたが駄目だったよ。

彼はアレを・・・

穿いたのか?
穿いたのか?
穿いたのか?
穿いたのか?
穿いたのか?
穿いたのか?
穿いたのか?





ぎゃああああぁ!


ハアハアハァ・・・・。

オイラは、その想像に爆笑しそう狂う寸前となった時、個室のドアが開き、彼がへっぴり腰で出てきた。何か締め付けられてキツそうな表情で、股間の収まりを直しながら・・・。

彼はトイレにあるゴミ箱の前に来ると、何かを捨てた。
そして、彼は嬉しそうな顔でトイレを出て、消えていったのであった。

オイラの隣にあったゴミ箱には、一枚のピカチューの女の子用のパンツが残されていた。

オイラは思う。

やっぱし、
穿いたのか?

嗚呼、
青春のストライク!

人生は,
ベリーファイン!


長い人生、色々なものがあるなあ。

またひとつ、大人になった気がしたオイラであった。

あー胸焼けがするぜ・・・。

小田原にて

2003/07/03(Thr)


 昨日の日記で催促したおかげか、グリーティングカードとメールを多数戴いている。可能な限り全員にお返事するつもりなので、返信が遅くなっている皆さん、ちっと待っててねm(、、)m

 今日は神奈川県の上の方、川崎市にある、コンテンツやプロデュースでお世話になっている所に打ち合わせに行ってきたよ。

 初めはカーナビ付きのヴィッツで行こうと思っていたんだが、母ちゃんが予想に反して、珍しく仕事場に乗っていってしまったので、ロードマップを頼りにスペシャル・ウルトラ・ギャラクティカ・スーパー・グレート社用車のマーチ君に乗って行ってきた(笑)

 待ち合わせの3時間前には家を出て、一時間前には現地の場所をチェックしたのは、会社員(営業)だった頃の癖なんだろうな。人を待たせるのが悪くてさ(苦笑)

 ま、んなこんなで打ち合わせも終了して遠回りして帰ったよ。

 みんなにもお祝いしてもらって、嬉しい事も起きて、今日はいい一日だったよ。よかったよかった(^^)

小田原にて

2003/07/02(Wed)


 明日コンテンツの打ち合わせで遠出するんよ。んで早起きするから今日はサボっちゃうさ。この日記を楽しみにしてるみんな、ごめんねー。

 おっと、言い忘れた。

7/2に34歳になるよ。

 と、太字で書いておこう(爆笑)

 ちなみにオイラは「現金」が大好きです(核爆・本気にしないように^^;)

 つーことでアデュ〜♪
 
小田原にて


2003/07/01(Tue)

My Diary Version 1.21
[ 管理者:FOOL 著作:じゃわ ]