トップに戻る
過去日記ログ
他の月を見る


FOOL's Diary
占い師のぼやき(^^;


(2003/08)


 とても早起きだったんだよ。

 普段、鑑定の時間に合わせ、朝の4時頃に寝るように時間をズラして生活をしているオイラは、今回の一般人とのツーリングに参加するために、前日から準備していた(笑)

 これも今日の葡萄狩りの為なのだ!!

 兎にも角にも、気が逸(はや)るオイラは、途中のコンビニで御握りを一つだけ胃に放り込み、東京某所の待ち合わせ場所へ急いだ・・・。朝7時の待ち合わせでオイラは早めに着いたんだけど、もうその頃には既に2人が待ってたよ。

 今回の予定は、清里高原の牧場で馬に乗り、清泉寮でソフトクリームを食べ、名産のホウトウを食い倒し、そして葡萄を腹一杯まで詰め込むのだ!

 ほどなくして全員が時間前に揃い、車に乗り込んで出発した・・・。どうやら今回の総勢は6名なんだけんど、みんなもこの葡萄狩りに人生を賭けているようだった(笑)

 車は中央道をひた走り、談合坂PAで飯を食い、時間を感じる間もなく清里に到着した。

 今回乗馬したのは、清里にある小須田牧場(じゃらんページ)だ。

 ここでは、引き馬による乗馬体験や乗馬レッスンなどがあり、スタッフも多いので安心して馬に乗ることができるスポットだ。

 オイラ達一行は、駐車場に車を停め、バーベキュー場を横目で見ながらずんかずんかと中に入っていったのであった・・・。

 中には馬の他に山羊なんていてさ、大人しかったんでスゲー近づいて写真を撮ったよ(笑)クラブハウスの手前に芝の斜面があって、そこに5頭の山羊がつながれていたんだけど、結構観光客が来るのか山羊は人に慣れててさ、触っても嫌がらなかったよ。黒い子山羊なんてモノスゲー可愛かったよ。

 この日は結構天気がよくてさ、山羊も日向ぼっこというか結構マッタリしててさ、もしかしたら眠かったのかもしれん(笑)この写真の白山羊もほとんど目蓋が引っ付いているよーな感じで、スローモーな動きだったよ(笑)

 ただ、山羊は可愛くてよかったんだが、気を付けて草地にしゃがまないと、黒豆・・・いわゆる山羊のフンの上に座っちゃいそーで、違う意味で気が抜けなかった(笑)他の集団なんて、うっかり座っちゃってヒサンな目に遭っていたよ。

 馬場の隣の建物は、カフェと土産物売り場になっててさ、びっくりしたのは馬のブロマイドが売ってた事だ(笑)やっぱし乗った後の思い出とか、そういうモンなのだろうか。

 いや、もしかしたら乗っている間に馬との愛が芽生えるのかもしれないっ!(笑)そして定期券入れとかにその馬のブロマイドを入れて、朝晩チューするとか・・・。そんな風に一瞬考えて想像してみたんだけど、んなワケないか^^;

 今回、ここにいた馬は大人しくて馬齢が高いのが多くてさ、山羊と同じで眠そうにしてたよ。

 でもね、サラブレッドの現役引退馬がこういう所で生涯を終えるのかと思っていたんだけど、引き馬のファームステイの兄ちゃんに聞いたらさ、生まれも育ちも引き馬ってのが多いらしい。よく考えてみたら、初めから引き馬に調教すれば乗りやすくなるし御しやすくなるもんね。

 そんなこんなで馬に乗るのが目的で今回は来たんで、早速みんなノリノリで乗馬を申し込んだんだよね。乗馬用の帽子みたいなヘルメットを被ったメンバー達は、もう気分はジョッキーって感じで自分の乗る馬の所へ向かった。オイラが今回乗った馬は、ダイアナちゃんだ(笑)彼女は20歳、人間の年齢になおすと、もう殆ど100歳のような感じらしい。

 馬の年齢に若干の嫌な予感を感じたが、見た所健康そうだったので、よっこらしょと上に跨ってみた。子供の頃乗ったのはポニーだったんだけどさ、今回乗った普通の馬の上は、想像以上に高い場所に感じたよ。肩や首のところを撫でながら胴を足で締め付けて馬に舐められないように体勢を決める。厩務員に鐙(あぶみ・足を踏ん張る輪っかね)を短く調節されたところに純和風体型の悲しさを感じた(笑)まあ、そんなこたぁいいんだが、オイラの不安をよそに馬は牧場の外周を回るルートへと進んでいったのだ。

 歩き出すと意外に左右に揺れる感じで、年齢のせいなのか幾分かふらついているように思える。他の馬を見てみると、やはりスムーズに歩いているようだ^^;ただ、乗り心地は悪くはなく、ダイアナも軽くムズがったぐらいで危ない感じではなかった。

 牧場の外周を、引き馬の兄ちゃんと話しながらゆっくりと回って10分程で馬は元の場所へ戻っていった。料金は1300円だったのだがそれなりに楽しんだ感じだ。

 その後、一行は車に戻り、清里の駅前を素通りして清泉寮に向かった。この前のニュースでやっていたのだが、最近は清里も一時期のブームが去り、閑古鳥が鳴いている状況のようだ。行ったのは土曜日のはずなのにメインストリートの店には昔のような人出は無かったヨ。あの1980年代に建てられたヘンな形の建物達は、ところどころ壁の塗料が剥がれ、ローカルサーカスのつまらないピエロのような物悲しさがあったよ。

 清里は名前が通ってはいるが、清泉寮以外はたいした事はなく、ゆったりとしたリゾートで今後は展開していったほうがいいと思うよ。駅前には観光地によくあるようなブティックがあったが、今は観光に行ってわざわざ奇抜な服なんて買わないだろうと思った。

 清泉寮は駅から上にしばらく行った所にあるんだけれど、駅周辺とは対照的に人がいっぱいいたよ。ここのソフトクリームが美味しくて有名なんだよね。着いて、早速バニラソフトクリームをGETして、冷たさでアタマがキ〜ンとなりながら一気食いしたヨ(笑)

 今回の清里での目的を達成した一行は、やはりホウトウも食っておかねばなるまいってコトで、駅から下に下ったところにあるホウトウの店に移動した。

 食べたことのある人だったら知っているだろうが、ホウトウは鍋で提供されるので、一人分でも量が結構多めなのだ。その次に葡萄狩りを控えている我々は、ここで腹を膨らませてはならないと姑息にも考え、一人分を二人で食べるというビンボーに見えてしまいそーな注文をしてしまった(笑)い、いや、そのうち二人は定食を一人前づつ食ったからそうは思われないかな。

 一杯の掛けソバの話だったら、店主の配慮で1玉分余計に入っているのだろうが、ホウトウは標準装備として常人の腹が目一杯になってしまうほどの量なのだ。まだ山梨で食べたことの無い人は、気を付けて注文した方がいいぜ。だって、二人で食っても腹が一杯になっちまったモン(笑)

 しかしさ、気を付けて食ったのに、結局、腹一杯になっちゃってさ〜、店を出て腹ごなしにみんなでパターゴルフやったよ。ああいうのってさ〜、絶対つまらないと思ってたんだけどさ、6人ぐらいでやると面白いよね〜。みんなでワイワイ楽しめたよ。

 その後腹もこなれた一行は、当初の予定通り中央高速に乗り、勝沼にある葡萄狩りにマッハの速度で移動した。

 目を付けておいた片田園に到着した我々はヒソカに燃えていた。

「ぜってぇ沢山喰ってやるっ!」

 そう、今までの観光はオマケなのだ!この為に来たと言っても過言ではあるまい(笑)皆は期待で満面のエビス顔になっていることからもワカル!店のオバちゃんの説明を聞くミンナは、当然上の空であった(笑)もう気分はピオーネと巨峰で一杯だった。

  そして葡萄棚に案内された一行は、各自自分のトレーとハサミを手に持ち、ウオーと叫びながら踊り込んで行ったのだった・・・。

 正直に言おう。巨峰とピオーネは甘くて美味かったよ。

 デモネ、店のオバチャンが言ってた通リ、喰い放題は甘い考えだったよ・・・。だってさあ〜一粒一粒がデケェ!んだモン。一房喰ったダケで腹一杯。二房目に突入できないぐらいに腹一杯なのだよ。

 よく考えてみたら、一房の大きさはオイラの胃の大きさと変わらないぐらいあるモンな〜。そりゃあ喰えねえわ(笑)全員1房半を食べたところでギブアップしてしまったのであった・・・。

 周りを見回してみたんだけれど、いつの間にか全員の目が限界で虚ろなものになっていたよ。ヤラレたよ。ヨイ子は真似しちゃだめだぞぉ〜(笑)

 そんなこんなで日も暮れて、オイラ達は葡萄を土産で買い、家路についたのであった・・・。

 次回は葡萄の丘を探索してワインを飲もう。

小田原にて

2003/08/31(Sun)


 結局、今回はワイン呑んだくれがボツとなったが、その代わりに別の所へ行ってきたよ。今日は結構疲れたんで、早寝して明日体験レポートを書こうと思うさ。

 ま、そーゆーことで、乞う御期待!
2003/08/30(Sat)


お出掛けでポン!
2003/08/29(Fri)


 突然だが、山梨県に行って葡萄&桃狩りとワイン呑んだくれの旅に行ってくるよ。ほら、7/28に言ってたルポ企画の第二弾なのだ。

 今回の企画は、前回バーベキューをやった一般人のメンバーから出たもので、一般人との接触がとても楽しいオイラは、話が来た時にソッコーで参加を表明したよ(笑)予定では写真を撮りまくってガンガン食って呑んでくるつもりだ。だって今回はオイラが運転じゃないしー(爆笑)

 こういう風に人の車で出掛けるのっていいよね〜。元から運転が好きなモンで、人の運転の横に乗る機会が今まで少なかったのだが、最近この一般人グループのメンバーになったおかげで、人の隣に乗る機会が出来たよ。んで運転しないで人の車に乗る快感を感じてしまったのだ(笑)

 そーゆーことなので、明後日に帰ってきてから体験レポートを書く予定だ。まあ、葡萄狩りがボツになっても、清里でも行って高原アイス喰らって馬にでも乗ってこよう(笑)

 ところで最近、アウトドアーとDIYにも急速に目覚めつつある気がする。この前もカナディアンカヌーを自作で作りたくなり、1万円で作るカナディアンカヌーなんて本を買ってしまった(笑)まだ腹案の段階でしかないのだが、大工道具は充実しているし、近いうちにチャレンジしてみようかと思っているよ。もしも作り始めたら連載ネタとしてUPしようかな。まあ、期待せず待ってみてくれ(笑)

小田原にて

2003/08/28(Thr)


やべっ!書かなかったよ^^;すまん。
2003/08/27(Wed)


今日のスケジュールは、サボり(笑)
2003/08/26(Tue)


 今日も昨日に続き暑い日だったね。

 こんな炎天下の時は、家に篭ってクーラーと空気清浄機をフル稼働させて、ネットでも徘徊しながらアイスキャンディでも食っていたいよね。しかし、この、地獄の煮えたぎる釜の中のような日に、オイラは家の冷蔵庫に食品が少なかったんで、スーパーに行ってきたのだ。

 今日の小田原は、一瞬外気に触れただけで、灰になってしまいそうな・・・いや、窓の外の陽射しを見ただけで心臓に杭を穿たれるような、モノスゲー晴天だったよ。オイラはとりあえず、猿岩石が東南アジアの辺りを旅していた時に、電波少年の放送で言っていた「ダラダラした歩行法」で太陽の下を歩き、スーパーの建物へ。

 すずし〜い店内で今夜のオカズを物色していると、何故だか今日は子供が走り回ってたよ。

 万人の迷惑になるといけないのでウエスタンラリアットを喰らわせ、スタン・ハンセンの雄叫びを上げようかと思ったのだが、神様というのは居るよーで、子供は滑って転んで缶詰の山の中に突入し、店内錯乱状態の缶詰雪崩事件を起こしてしまった。

 あまりにヒサンで可哀想だったので、店員さんがその7歳ぐらいの男の子を助け起してあげたんだが、子供はあまりの大事件に速攻で逃亡した・・・。店員さんはボーゼンと見送り、勿論親は名乗り出ず謝らず、店員総出で片付けていた・・・。

 うーん、そのまま埋めておいたほうが、世の為には良かっただろうかと、今、考えている・・・。これって多分、教育の問題なんだよな。

 なんつーかさ、今の大人の世代が受けた教育がよくなかった事で、それから教えられる子供達は、人とコミュニケーションできなかったり、謝れなかったり、躾がされなかったりしてる気がするよ。これからは「目を見てしっかり本質を突いて叱れる大人」を創り出していかないといけないかもねえ。

 PS.子供が突っ込む時の顔は、サモハン・キンポーの驚いた顔に似ていた・・・。

小田原にて

2003/08/25(Mon)


うが〜!
あづい〜!


 昨日ほどではないにしろ、今日もモノスゲー暑かったのだよ。

 そんな中、テラスの和風庭園のレイアウトをして、水道工事をしていた。いい加減気味に配管した水道が、今回の工事の時に水漏れしてしまったのだ。その為、前の水道工事の時に余っていた塩ビ管とパーツで修理したんだけれど、暑さで倒れそーになっちまったよ。

 水道が出来上がってから簾を付けて、この前に買っておいたスプリンクラーで水を撒いたら、少し涼しい感じになったよ。

小田原にて

2003/08/24(Sun)


 今日は外壁修繕の最終日だったよ。朝早くから工事が入り、とうとう今日の午後、テラス外壁の修繕が終了した。

 でもさ、今日は神奈川県小田原地方は、もんの凄く暑くてさ、工事のニーちゃんが倒れそうになってたぜ。日向(ひなた)でずっと太陽光浴びて仕事してるからさ、今日は特に冷たいものを多めに出してあげたよ。

 午後になり、隣に住む親戚の家の49日法要に行ってきた。今日の快晴の天気には、礼服はヂゴクの暑さだったよ。出席者全員、汗が滝のよーに流れていた(笑)

 しかしさ、なんだかスゲー寒暖の差が激しいよね。天気がずっと悪くて、良くなったと思ったら、夏に本来の夏を取り返されている感じだ。明日も暑いみたいだし、体調に気をつけないとな〜。

小田原にて

2003/08/23(Sat)


 今日も外壁の取替え工事の職人さんが入ったよ。

 工事は朝の9時から始まるんで、ここ二日ほど連続で睡眠時間は3時間だ。オイラの場合、睡眠時間が少なくても結構平気なんだ。兼業で始めた時なんて、細切れで合計三時間だったモンな。

 今日も朝8時ぐらいに起きて、それから工事の喧騒の中で原稿を書いていたよ。今日は午後になって原稿が一段落したので、PCの調子が悪くなる前に、レジストリーメンテナンスとハードディスクのエラーチェックをしたよ。今晩は寝る時にデフラグもやっておこう。

 結構パソコンって、使っているうちに遅くなったり固まったりするよね。XPになって固まるは殆んど無くなったけれど、遅くなる時はたまにあるんだ。だからいつも定期的に保守点検してるんだ。

 いつもウイルスとセキュリティのチェックとスパイウエア除去から始まって、不要ファイル掃除とレジストリー掃除と再構成をして、エラーチェックして最後にデフラグするんだよね。そうするとなかなかデータロストをしにくくなるんだよ。やっぱし仕事で使ってると必要だよね。サクサクとキモチよく仕事したいしさ(笑)

 この前もビデオカードとTVカードを交換して、メモリーも増設したんだよ。自作パソコンなんで増設とか交換とかすると最新機種に近くなるからいいよね。次はマザーボードとCPUを交換してハイテクノロジーに3万円で近付く予定だ。

 自作パソコンって「怪我と修理と弁当は自分持ち」っていう部分はあるけれど、一回作っちゃえば永久アップグレードに対応するから、逆に安くつくんだよね。メーカー物より増設の自由度があるし、余計な永遠に使わないソフトなんて入ってない。安くハイスペック機種や自分の好みの機能のマシンが出来上がるし、最近は解説書も多くて殆んど簡単なプラモデル感覚で作れるんだよね。

小田原にて

2003/08/22(Fri)


 そろそろ家の保障期間が切れる時期となり、最後っ屁のように不具合箇所を住宅メーカーに無償修繕して貰っている。今日も原稿を書いている隣のテラスで外壁の取替え作業をしていた。今回の修繕では、一気に時間をかけずに修繕するつもりらしく、人海戦術を駆使し、二日間で外壁セラミックパネルを取り替えるようだ。

 作業を見ながら原稿仕事をしていたのだが、ふと、この家を建てた時の事を思い出したよ。

 当時っても11年前の事なんだが、前金持ってドロンされるのが嫌だったオイラと親父は、家を建てるっていう高額な買い物をする時は、逃げられず、尚且つ保守点検をしっかりやる大手メーカーに依頼する事にした。そして、前の家を建てた実績もあり、住宅展示場の中でも比較的頑丈な鉄骨を使う積水ハウスに建築の依頼をしたんだ。

 この家は、オイラは西洋系占い師なのに、じっくりと時間をかけて風水的な盲点も無いように間取りを決めたんだよね(笑)最近はインテリア的なものが流行しているが、オイラや親父は実質至上主義者なので、機能面や過去の知恵データから見た風水に対応しているんだ。もちろん西洋魔術系の対応もしているし、オカルト系のどの方向から見ても悪くないようなバランスとした。セキュリティ面も警備指導責任者資格を持っていた親父が受け持ち、一ヶ月ぐらいかけて対泥棒用に練り上げた造りとなっている。(パニックルームは無いが)

 細かな変更点はあるが、今になっても殆んどシンプルな状態で使えているんで、この家のコンセプトが間違っていなかったんだなあと思うさ。収納多目だし、目一杯の建坪で真四角に造ってあるんで、間取りは全て広めとなっている。

 もう建ってから10年も経ったんだね〜。

小田原にて

2003/08/21(Thr)


 水槽用ウオーターポンプと百円ショップで何気なく買ったものが余っていたので、簡単な卓上噴水を造ってみた。

〜〜 用意したもの 〜〜
* 余ったウオーターポンプとパイプ(中古)
* 浅底ブリキバケツ(100円)
* コルク蓋ビン(100円)
* 黒い石《大》の詰め合わせ(100円*3)
* おはじき青・黄色(100円*4 黄2・青2)
* ダイヤモンドドリルとドリル本体(工具)
* バスコーク透明(シリコン耐水ボンド)

〜〜 作り方 〜〜
構造は簡単でガラス瓶の横にダイヤモンドドリルで穴を開け、そこにウオーターポンプを接着。コルク蓋は半月に切り、水の出口を作ってビンの口に装着。バケツの底に耐水ボンドで貼り付けて、周囲を石とおはじきで埋めただけ。オイラの場合、ボンドはプラスチックを溶かして強力に接着するボンドを使っているんで作成時間は20分だったが、もし試しに耐水ボンドで造る人は、1日接着の為に寝かそう。ガラス瓶は焼き入れしてある場合があり、その場合は縮みの負荷がかかっているので、割れる場合を考え軍手を使おう。強化ガラスなどを使ってしまうと爆発するように粉々に割れるから怪我に注意。


 動画はこちら!(QUICK TIME MOVファイル2MB)
 右クリックで保存してから見るといいかもしれん。

 今回の工作は20分で出来た(笑)瓶には簡単に穴を開けただけなので、思っていた通りヒビが入った。ガラスって作って冷ます時に表面が縮んで内部は膨張していることが多いんだよね。次回は途中で一回、コンロであぶって焼きを飛ばそう。

 ま、兎に角、出来上がったんで鑑定机に置いて電源ON!いい感じで水が噴出してきた。オイラは水が撥ねるのが嫌だったんでコルクを多めに削った。周囲をドームのようなもので囲ったら、コルクを少なめに削って、もっと水流が強く出来てもっと噴水に出来るんだけれど、水音を聴きたいオイラは、この程度としたよ。今回はいい感じに出来たよ。

 みんなも夏休みの工作にどう?

小田原にて

2003/08/20(Wed)


サボサボよー(笑)
2003/08/19(Tue)


 100円ショッパーのオイラは、印刷した写真を入れる額を買いにダイソーに行ってきた。A4用のシンプルなものを探すのが目的だ。

 でも、流石に100円だけあって「これだ!」と思うものはなかったよ。しょうがなく、一番シンプルなものを買ってきた。しかし、色が焦茶色だったんでお葬式の写真のような雰囲気だ(笑)人物画は入れないようにしようと思った・・・(笑)

 その帰りにカメラのキタムラへ写真印刷用紙を買いに行ったら、倍の値段(200円)でいい感じのものが売ってた・・・。くやひー(TT)次に買うときはここで買おう。

 家に帰り、早速、今日買った額に写真を入れ、階段室へレイアウトして飾ってみた。何だかミニギャラリーみたいな雰囲気だ(笑)こんな風に飾ってみると、たとえオイラのヘタレ写真術で撮った写真でも、サマになってくるような気がするから不思議だ。流石に300万画素のものは大伸ばしは出来ないけどね。

 しかし、何度も言うよーだが、一昨日買ったプリンターは超キレイな写真が出来るよ。

 これからこんな風に写真を階段室に飾ってみようかな?

小田原にて

2003/08/18(Mon)


 ここのところ雨が続いている。

 家にばかりいると、体にカビが生えてしまうといけないので、ブックショップに行ってきたよ。いつものよーにカメラ雑誌を流し、占い棚を流し、新書コーナーに流し目をくれながら文庫コーナーへ。

 最近、なんつーか、ココロを揺さぶるよーな面白い本に出会っていない気がする。ちょっと買ってみよー程度の本はいっぱいあるんだが、初めて本を読んだ時のような鮮烈な印象の本は滅多に出合わない。その物語の中に引き込まれ、その登場人物と同化してしまうような物語・・・。

 いつかまたそんな本に出合えるのかな。

小田原にて


PS.
そんな事を考えながら、近くのタバコの自動販売機へ行った。ふと、何か涼しさを感じ下を見たら、ジーンズのチャックが全開だった・・・。はぁ・・・人生はシュールだと感じた夜だった。雨で人通りがなくてよかった(笑)
2003/08/17(Sun)


 昨日のプリンターの状態を見て、泣きそうになったオイラは、今日の夕方ヤマダ電機小田原店へ行ったのだ。

 売り場でキャノンのピクサス550i(15500円)と850i(22800円ぐらいだった)を見ていたら、店員の爽やかなにーちゃんが寄ってきた。

F「これってどんな違げぇがあるん?」
店「あーこれはCD-Rから850は直接印刷できるだけです。」
F「それってパソコン持ってない人しか使わないぢゃん?」
店「そーっすね(笑)」
F「このフォトノズルっつーのは?」
店「確かに綺麗なんですが、人間の目ではあまり変わらないみたいです(笑)」
F「そーか〜。ラジャー。また来るよ」

 そんなやり取りの後、オイラはセブンイレブンへ行き、金を下ろした。そしてノジマ電気へ電話を入れる。

F「もしもし〜。キャノンのピクサス550iってナンボ?」
ノ「うーん、15800円でっせ」

 オイラは速攻で電話を切り、ヤマダ電機へ。するとさっきの店員がやってきた。

F「ノジマさんでイチゴッパーなんだけど、ここの値段言えば安くなると思うんだわー。ちっと勉強してーな」
店「うっ・・・、そ、そーですか。ちょっと交渉してきます」
F「きばってや〜」

 そんなやり取りの後、店員は奥に行き、そして戻ってきた。

F「で、ナンボ?」
店「(ピー・自主規制)です。」
F「よっしゃ。包んでくれや。」




 ・・・・。



 買ってしまいました・・・。



 買ってしまった・・・。



 買った・・・。



 そんなこんなで今、手元にある・・・。
 い、いや、衝動買いぢゃないって。前から欲しかったし、マケさせたし、印刷してみたら激烈綺麗だったし、前のプリンターより経済的だし、蓋が付いてて埃が入らないし、鍋焼きうどんが旨いし・・・。

 まあ、兎に角手元にあるんだ。ツッコまれたら記憶喪失になる覚悟で買いました(笑)

 んでね、んでね、でねでね、さっきも言ったけど印刷してみたのよ。そーしたらさあ、スゲー綺麗なのよ。写真みたいだ(爆)つーか写真なんだけど、お店のプリントみたいなのよ。こりゃーいい買い物したよ。代金が惜しくないものだった。

 考えてみればスキャナー、カメラ、プリンターといつの間にかキャノン製品に侵食されていたよ。光学機器でいいのはやっぱしキャノンなのかなあ。そんなにコダワリがあるわけではないんだが。きっとその内、家の中がキャノンに占領されてしまうかもしれん(笑)

 まーいいや、とりあえず写真印刷して、壁にレイアウトするべえ。

小田原にて

2003/08/16(Sat)


 最近使っていなかったプリンターで、久しぶりに写真印刷をしてみた。

 オイラが使っているのはキャノンの一番低グレードのプリンターなのだが、今日、印刷してみようと思い、外しておいたカラーのカートリッジを付けたんだよ。(いつもは文章印刷だから黒を付けてるのよ)

 初めはよかったんだけれどさ、途中からインク切れしちゃったみたいでさ、真っ黄色になってしまったよ。やっぱし一体型インクのプリンタは使いにくいな〜。

 最近、電気店に行く度にプリンターコーナーに足を運び、キャノンのダイレクトプリントのできる「ピクサス」っていう機種を見ている。インクは全部独立だし、キャノンのカメラとダイレクトで繋げて印刷できるやつだ。これからは結構使いそうなので、買っちゃおうかな〜?

小田原にて

2003/08/15(Fri)


明日は用事があって東京行きなので、サボ(笑)
雑記のバックスクリーン配布を追加しておいたよ。
2003/08/14(Thr)


 突然だが、最近ハマっているものがあるんだ。

 こう、なんつーか、日常の中に見付けた、ささやかな憩いとでも言おうか、ま、まあ兎に角ハマったのだ。

 ほら、最近、急に暑くなったじゃん?んでさ、コンビニでアイスを買ったんだよ。そーしたらことのほか美味しくてさ、それ以来、それを買うようになったのだ。

 そのアイスは「ロッテ・クーリッシュ」なんだけど、味がバニラ、カプチーノ、キーライムと三種類あってさ、なんともオイラのハートを鷲掴んだのだ(笑)普通はヴィダーインゼリーとか風の入れ物に、柔らかいアイスやシャーベットが入っていて、好みの硬さまで揉んでから食べるっつーか飲むんだけど、そりゃあもう絶品なのよ。好みから言えばバニラとキーライムが好きだ。

 まだ食ったことない人は、試してみてはどうかな?

小田原にて

2003/08/13(Wed)


うーん、サボりかな?

魔法のタロットのコンテンツの広告を出すのに、コンテンツの担当さんから回ってきたインタビューを書いたよ。

オイラの場合、こういうのって結構ノリノリでアホな事書いたり、現実的に書いてしまうんだよね(笑)

つーことで、今日はサボり(笑)
2003/08/12(Tue)


 今日は銀行回りをしてきた。ここのところお金を下ろしていなかったので超ビンボーだったのだ(笑)

 信用金庫とメインバンクとサブバンクを回り、生活費を残して資金移動してきた。しかし、預金保険法のせいで新しい口座を作らなくてはいけなくなり、金額の割に銀行回りが面倒になったなあ。どれか潰して統合しなければ危険だと思い、信用金庫を解約してきたよ。

 小田原地方の信用金庫の場合、何故だか分からないが、同じ口座の開き方をしても、都市銀や地方銀行のようにカードが作れないんだ。今まで毎回窓口で下ろしていたんだけれど、スゲー不便だったんだよね。

 んで今回、都市銀と第一地方銀で口座作ったんだけど、コンビニのATMで下ろせるんで、モノスゲー便利だぜ。これまでの苦労がウソのよーだ。当然経理処理をするのに記帳にはたまに行くんだけれど、口座の資金を移動するのにコンビニで下ろせるのはいいねえ。

 ただ、コンビニエンスの店内でATMを雑誌棚の隣に置かないで欲しいぜ。コゾーが立ち読みしてる隣で大金下ろしたくないよね。防犯上好ましくないし、邪魔だと脇腹にミドルキックや正拳突きを入れたくなるし(笑)

 特にセブンイレブン系は古くからの店も多いし、狭い店が多いせいか、そういう傾向が多いように感じるぜ。改善して欲しいねえ。

小田原にて

2003/08/11(Mon)


 デスクトップの壁紙を変えようと思い立ち、写真を撮りに行ってきたよ。なかなかいい場所がなくて、いろいろグルグル回り、帰ってきたのは10時だった。

 今回撮った写真は夜景なんだが、まだUPしていなかった写真も合わせて雑記で配布するので、よかったら使ってくれ。

あほな雑記「バックスクリーン配布」

小田原にて

2003/08/10(Sun)


 今回の台風は、久々に小田原でもスゴイ降水量だったよ。雨粒は大きく、それでいて濃密な降りだったさ。

 買いたい本があって、ブックストアに行ったんだけれど、駐車場で降りられなかった(笑)雨脚が弱まった隙にサクッと買い物して、いつものルートでケイヨーD2へ(笑)

 ここからが問題だった。

 今日は母ーちゃんに頼まれた折りたたみテーブルと折りたたみ椅子3脚を買ったんだけれど、レジを通して出口から外を見たら、外は1センチ間隔で大粒の雨が降ってた・・・(^^;

 しょうがなく荷物を持って走ろうとしたんだけれど、あまりに重すぎて走れず、僅か20mの間に全身ズブ濡れになってしまったよ。

 写真は小田原にある、飯泉観音っていう弘法大師伝説のあるお寺が帰りがけにあったんで、雨の写真を一枚撮ってみたやつだ。雨の降りっぷりがわかるといいんだが。(雑記のフォトのところにもUPしてある)これを撮っただけでまたもやズブ濡れ(笑)カメラは専用の雨よけ防水グッズがあったんだけれど、自分は傘さえなかったんだ(^^;オイラ、次は車に置き傘をしておこうと決めたよ。

 しかし、明日はスゲー天気がイイんだろうな。朝方に写真を撮りに行こうかな?

小田原にて

2003/08/09(Sat)


 うーん、電池切れっつーか、エアコン点けっぱなしつーか、体がダルくて頭痛だ(笑)相変わらず平熱が高いので、熱についてはわからんち。

 ここにきて夏風邪なんてモンをひいても何も得が無いので、速攻で風邪薬を飲んだのだが、治る気配が無いんだよ。どうやら今回は、台風の接近に影響されて、昔の古傷の首から来ている気候病なのかもしれん。(つまり天気が悪いから、気圧とか湿気によって出るやつね)

 こういうものほど始末の悪いものは無く、季節の変わり目や、雨の前になると首と肩の筋肉が凝り、そのせいで頭痛となってしまう。薬を飲んでもあまり効かず、唯一有効なのは萬金油(まんきんたん・タイガーバームのことね)なんていうスースーする塗り薬だけだ。

 しかし、必ずこういう時に限って、探しても見付からない。しょうがなく、今はサロンパスの筋肉痛塗り薬で代用しているよ。

 しっかし、やだなあ。

小田原にて

2003/08/08(Fri)







 今日は青空だったんだ。












 車に乗り込んで、海沿いの高速へ。











 ひとしきり走った後、後ろを振り向くと、青空が追いかけてきた。








 イキナリのポエム・ポエマー・ポエメストな書き出しで、何が言いたいのかと問われても、基本的に何も無い(笑)ホントーに何も無いかって言われても、全く何にも無い(笑)

 いや、仕事をしようかと思っていたのさ。ふと、何となく空を見上げてみたら、青空だったんだよね。それがどーしたとは、言わないでくれ。とにかく青空だったんだよ。

 オイラ、たまんなくなっちゃってさ、とりあえず車で河原に行ったんだよ。土手に寝転んでさ、空を見るわけよ。雲が流れててさ、鳥が海に向かって飛んでいくわけだよ。

 まー、そんな事も、たまにはあらぁな。

小田原にて

2003/08/07(Thr)


 とうとう、とうとうこの日がやってきたのだ!!

 今日のオイラのテンションは、限りなく高ぶっていた。へ?何でかって? それはね、今日はキリンのウイスキー蒸留所へ、放浪記の取材で行ったからなのだよキミタチッ!

 思えば最近、酒を呑もうとしても、忙しくてなかなか呑めない日々が続いたりしていたんだ。昼に原稿を、夜に電話鑑定を連続でしていたんだけどさ、酒を注いで呑む前に、疲れて寝てしまっていたのだ(笑)い、いや、酒呑まないで眠れるのは健康的って言えばそうなんだけど、やっぱし、人生の楽しみとして、一日30mlぐらいは呑みたいじゃんか(笑)

 しかしね、そんなこと今日はどーでもよかったのだ。今回行ったキリンの御殿場蒸留所は、見学をした後、試飲しまくりOKなのだよ!!

 そんなこんなで、下準備の為に、まずオイラが向かったのは、御殿場にある、モスバーガーだった・・・。あーそうそう、やっぱし空きっ腹だと酔っちゃうしー(笑)とりあえず店内で「モスチ」と「オニポテ」と「フィッシュ」と「ウーロン」を頼み、胃に保護膜を形成したのだ!

 そしてオイラは、おもむろに空を見上げた後、カーステに「インディージョーンズのテーマ」を放り込んで現地に向かったのであった。(い、いや、なんとなくそんな気分だったんだ《笑》普通そんなテーマ曲をわざわざレンタルCDから録音しねえよな^^;でも、オイラはギャグには妥協がないのだ!!)
 



 梅雨も終わり、現地のキリン御殿場蒸留所は、物凄くいい天気だった。晴天でさ、建物の上にある、キリンのエンブレムが光り輝いていたよ。

 今日のオイラの期待は、この時点ですでにフルパワーの状態だったんだ(笑)真っ昼間っから呑んだくれて、オダをあげてしまいそーな勢いっていえばわかるだろーか。プロレスで言えば、途中で暴れながら乱入したタイガー・ジェット・シンや、錯乱状態のテリー・ファンクの状態にも似ていた(笑)

 まーとにかくコーフンで鼻の穴が2.4倍(当社比)開いていたのは言うまでもなかろう。

 久しぶりに浴びる夏の陽射しに、オイラは干からびながら何とか建物の中に逃げ込んだ。最近は太陽の光を5分以上浴びると、灰になってしまうかもしれないと思っている(笑)

 中に入ると、この御殿場で製造されているウイスキーや焼酎などが陳列されていたのだが、もうコレを見ただけで、唾液が沸いてきそうだ。へえ、ほう、おおっ、ふーむ、そんな風に見ているうちに我慢できなくなり、スキップを踏みながら二階の見学受付へ登っていったのであった・・・。

 受付を済ませ、見学コースへ向かう。この御殿場蒸留所の見学は、試飲呑み放題付で、なんと無料なのだ!

 これだけで行く価値はあるんではないだろうか・・・(笑)勿論、ウイスキーの造り方が見学出来るのは言うまでもない。まあ、今回は、取材を申し込んだわけではないんで、内部の写真は撮っていなんだけどね。

 この蒸留所では、富士山の水を使ってウイスキーを造ってるんだ。主にモルトウイスキーとグレーンウイスキーってやつだ。

 モルトウイスキーは良質の二条大麦を原料として作られるんだ。まず発芽させ、泥炭でいぶしてから砕き、釜でお湯を加えて麦汁を作り、酵母を加えて発酵させ、蒸留してから樽に詰めて造られる。

 グレーンウイスキーは砕いたトウモロコシに麦芽を加えて、発酵させ、それを蒸留して造るんだ。

 まず初めに部屋には、漏斗を伏せて置いたよーな仕込みのタンクと魔女の帽子とフラスコを足して2で割ったよーな蒸留釜があり、とにかく巨大に感じたのであった。ボタンがあると必ず押してしまうオイラは、その説明が流れるビデオのスターとボタンを押して解説を聞く(笑)ふむふむ、ふーむふむ。

 ビデオが終わるとスバヤク次の部屋に。

 そこにも巨大なタンクがあり、発酵室と書かれていた。ここはさっきのビデオで解説していたのでボタンは無かった(笑)はやる気持ちを抑え、次の部屋へ向かう。

 ここはブレンド室だった。ここで造られるウイスキーは、モルトとグレーンのウイスキーをブレンドしているのだが、ここでその二つを混ぜ、最適な味を作り出している。

 流れのままに次に進むと、そこでは樽詰めが行われていた。ビデオのボタンがあったので、狂乱しながら押してみた(笑)ビデオによると、この蒸留所では、出来上がったものを小さめの樽に詰め、熟成させているらしい。この熟成の過程で樽の中のウイスキーは徐々に蒸発し、段々と琥珀色になっていく。この減った分を「天使の分け前」というらしい。

 そういえば、本場のスコットランドではシェリー酒の酒樽の中を焼いて使っているって話を前に聞いた事があったなあ。

 そんなこんなで歩いていくと、瓶詰め工場が現れた。雰囲気はNHKの「はたらくおじさん」みたいな感じだ。ここにも押しボタンがあったのでスバヤク押し、オートメーション工場の解説を聞く(笑)最近の工場は結構近代化が進み、右から左に流れているのだが、やっぱり今でも人間の目で、ラベルのチェックや包装のチェックや不純物のチェックが行われているところに、全面機械化の難しさと、人間の感覚の偉大さを感じたよ^^;

 そんなこんなで、工場見学も終了したのであった。

 とうとうきた♪
 そう、待ちに待ったテイスティングコーナーである(笑)


 バーカウンターでは、キリンの制服を着たコンパニオンのキレーなネーちゃんが、オイラを待ち受けていたのだ。その笑顔に、とりあえず爽やかな笑顔で返し、試飲のカップとオツマミをトレーで貰う。

 そこはホールのようになっており、落ち着いたテーブルとイスが並んでいる。そして樽がドーンドーンド〜ンと3個、ポーラーの瓶が合計6本も置いてあり、「呑んでくれっ!」と叫びながら待っていたのだ!

 オイラは、とりあえず呑み放題の幸運を神に感謝し、左から順番に試飲したのであった・・・。

 まず、ストレートでとりあえず一口づつ飲む。一杯飲んだ後は、必ず富士山の水でチェイサーして口を洗う。次はロックだ。天然水の氷で廻してから一杯づつ。その次は水割りでもうワンセット(笑)おつまみを食いながら、どんどん呑んでいるうちに、段々酔いが廻ってきた(笑)しかし、そんな事には構わず、
呑む呑む呑む呑む呑む呑む呑むっ!
おつまみを齧りながら、
呑む呑む呑む呑む呑む呑む呑んだっ!
ウイスキー、うい〜好きっ!

 そんなこんなで、真っ昼間っから呑んだくれてしまったのであった・・・(笑)後で酒を抜くのにしばらく休んだのは言うまでも無い・・・。

 しかし、今回の見学は、とても有意義であったと思う(爆笑)今回の場合、サイトの取材なので、いわゆる公務ってやつだ(笑)いや〜なんつーか、仕事で酒が呑めるなんてウレシー(満面の笑)今回は、本人はとても満足であった・・・。

 またくるぜ!

 みんなも機会があったら行ってみるといいよ(^^)

小田原にて


〜〜 今回のご協力及び協賛 〜〜

キリンシーグラム
富士御殿場蒸溜所だより
富士御殿場蒸留所見学のご案内

Copyright1997-2003
Kirin Brewery Co.LTD.
All Rights Reserved.

2003/08/06(Wed)


すまん、やっぱりサボ(笑)
2003/08/05(Tue)


予定通りサボ^^;
2003/08/04(Mon)


 明日からちっと連続サボの予定だ。

 4日--サボ
 5日--サボ
 6日--御殿場市ウイスキー工場ルポUP予定

 途中どこかで更新できたらするんで、一応覗いてみてね。

小田原にて

2003/08/03(Sun)


 今日の小田原は花火大会だったのだ。

 元来、花火と聞くとヨロコビに悶えてしまうオイラは、早速カメラを持って、地元民もあまり知らない撮影のできる秘密の場所に向かったのだ(笑)

  しかし、着いてみるとその場所は、先着の原住民たちに占領されてしまっており、オイラのカメラをセッティングする場所さえない有様だった。どうやら情報が漏れてしまっていたようである(笑)

 撮影中に邪魔をされたくないし、混んでいる場所が暑苦しくて好きではないオイラは、その場所で見る事を諦め家に戻り、部屋の窓から見える花火と、地元のケーブルテレビでの放送で見ることにしたのであった。今回の写真は去年撮影したものだ。

 しかし、いつも思うんだけれど、テレビで見る花火ってつまらないよね。あの花火の迫力が全然伝わってこないし。結局、部屋の窓から見える方を見て楽しんだよ。

 来年は現場に繰り出そう(笑)やっぱし花火は臨場感だよね。

小田原にて


 あ、そうそう、梅雨も明けたし、そろそろ怖い話の季節だ(笑)今宵は、恐怖の世界を読んでみてはどう?

AlphaWebこわい話(現在全2035話)
2003/08/02(Sat)


 今日は、カメラを引っ担いで、箱根に行ってきたよ。

 車に乗り込んで、何気なく走っているうちに、ただなんとなく箱根ターンパイクを登ってみただけなんだけどね(笑)

 この道路は、よくTVの新車レビューで走ったり、カタログの撮影で使っている道路なんだよね。箱根ターンパイクと芦ノ湖スカイラインは、スポーツ系の車の背景としては、イメージがピッタリらしいんだ(笑)

 今日も登ってくる途中でチューニングショップのデモ車を撮影している場面に出会ったよ。

 このターンパイクは、登ったところにドライブイン大観山の駐車場があるんだけれど、オイラも新車レビュー風に写真を撮ってみたよ(笑)

 所詮はヴィッツなんだけど、こうやって写真を撮ってみると、意外にスパルタンな雰囲気だよね。一応はスポーティーバージョンのRSだからなのかな?

 今日は生憎の曇りで
さ、せっかくの展望台も、景色が霧で隠れちゃってたよ。

 ドライブインの周りには、この時期は紫陽花が咲いててさ、蜂が蜜を集めていたよ。

 結局今日は、ただ単にドライブして写真を少し撮って、後はスーパーに買い物に行っただけで終わってしまった(笑)

小田原にて

2003/08/01(Fri)

My Diary Version 1.21
[ 管理者:FOOL 著作:じゃわ ]