トップに戻る
過去日記ログ
他の月を見る


FOOL's Diary
占い師のぼやき(^^;


(2005/06)


やべぇ!無意識にサボだっ!すまん!
2005/06/30(Thr)


 雨が降って少しは涼しくなるかと思ったら、結局は蒸し暑くなってしまった。 冷夏になったらなったで困るし、去年のよーに酷暑も困るし、なんつーか丁度良い夏になってくれないモンかねえ。

 ここ数年、気候もヘンな方向に加速する傾向になっているよね。 オイラが子供の頃は夏の気温も30度前後で、今から思えば過ごしやすかったけれど、25年も経って、日本の気候は温暖化したし都市はコンクリート尽くめとなりクーラーの排出する熱風でヒートアイランドが起こっている。

 偏西風の吹き方が変わって、梅雨の時期に高気圧が本来あるべき場所に配置されなくなってこの前は沖縄に豪雨が降って、その次は急に北陸に大雨が降ったりしている。

 最近、地球規模でも色々と環境変化が起きているって話もよく聞くよね。 南極では紫外線が直接宇宙から降るオゾンホールが大きくなり、温暖化の影響で氷が溶けている。

 25年でこれだけ変化したってことは、また25年後にはどうなっちゃうのかねえ。 今の時点で予測されているのは、地球温暖化によって北極南極の氷が溶けて海面が上昇したり、大気のオゾンホールが拡大する事によって紫外線が現在よりも多く降り注ぎ皮膚癌になる確率が高くなるらしい。 その他にも砂漠が拡大し、エルニーニョ現象やその他の気候変動も警告されている。

 うーむ、こう考えてみるとやべぇな。 なんだかなあ。
小田原にて

2005/06/29(Wed)


 暑いよ。 24日にも書いたけれどやっぱり暑いよ。 そんなワケで、今年初めて部屋のクーラーを点けてみた。 このクーラー、もう15年ぐらい前に買ったものなんだけれど、壊れもせずに毎年綺麗に掃除して使っているんだよね。

 流石に室温35度はキツイよね。 3階のこの部屋は屋根の熱が直接来るみたいで、夏場はクーラーを使わないと脱水症状になってしまいそうなのだ。

 明日の小田原地方では少し雨が降ってくれるような事を天気予報で言ってたけれど、どうなのかねえ。
小田原にて

2005/06/28(Tue)


 昨日はレモンを食い過ぎたぜ。(笑)

 へ?入院中のかーちゃんの事? おかげさまで今は順調で、モニターも外れ、個室から二人部屋に移ったよ。 後はちょっと長く寝たんでメシ食って復活してもらうだけだ。

 ところでさ、この前、フラワーショップへ行った時に変わった鉢植えの野菜というか果物を見付けて買ってきたんだよね。

 この植物、名前は「ペピーノ」とかいうエクアドル原産のナス科の熱帯植物で、オイラ初めて見たよ。

 一応高級果実らしいんだけれどさ、試しにもぎ取って食べるとマクワウリというか甘くないプリンスメロンというか、そんな感じの味がしたよ。 やっぱし味で高級なワケではなく、珍しいから高級なんだろうね〜。

 まだ収穫していない実があるし、ナス科って事は実が長持ちしそうだから、今年は何回か食えそうだなあ。
小田原にて

2005/06/27(Mon)


 ねえねえみんな、ミラクルフルーツって知ってる? あーそうそう、最近TVでも話題で出てる事があるよね。

 昨日さ、小田原に新しくできた駅ビルデパートのラスカがOPENして買い物に行ってきたんだけれど、そこの1Fにある果物店で見付けてGETしてきたんだわ。

 オイラが聞いた話によると、このミラクルフルーツを食った後にレモンを囓ると、とても甘く感じるらしーんだ。 んでね、実験好きっつーか冒険者なオイラとしては「やらねばならない」ってな感じで500円のこの果物1個とレモン5個を買ってきたワケさ。

 家に着いたオイラは早速、レモン4個を半月切りにし皿に盛って実験を開始した・・・。

 まずは何もない状態でレモンを食ってみる。

す、酸っぺぇ〜〜!("*")

 やはり判っていた事だが、リンパ腺というかその辺りがキュ〜ッってな感じで酸っぱい。 唾液がダラダラ出てしまうぐらい酸っぱかった。

 気を取り直して水で口をすすいで実験開始。

 買った時に付いてきた説明書きに書いてあった通り、ミラクルフルーツを口に含んで果肉をこそげ取り、舌にまんべんなく塗り付けていく。

 おもむろにレモンを取り、オレンジを食うようにかぶりついた・・・。

すっ・・・





すっぱくねぇ!!
っつーか甘い!!
甘いよーブラボー!!


 そう、あの話は本当で、酸っぱいレモンが激甘の柑橘のよーになってしまったのだ。 試しにガンガンレモンを食ってみる。

あま〜ぃ!(^。^)

 そんな感じでオイラは調子に乗り、レモン4個をひたすら食ったのであった・・・。

 トコロでこのミラクルフルーツ、なんで甘くなるのかネット検索してみたさ。

 どうやらこの実に含まれる「ミラクリン」というタンパク質が果実の酸味と反応して、舌にある味蕾細胞の甘味を感じる部分と強く結合し、その為に酸っぱいものを食っているのに脳に「甘い」という信号を送るからとの事だ。

 みんなもデパートの果物店でミラクルフルーツを見付けたら、迷わずGETして実験してみてくれ。
小田原にて

PS.あー言い忘れていたよ。 レモンは沢山食うと喉がイガイガするんで注意してね。(オイラの喉はイガイガ♪・笑)
2005/06/26(Sun)


 暑いよ。 暑いのだよ。

 夏生まれのくせに暑いのが嫌いなオイラは、夏になると日中の原稿仕事は、インターネットカフェで涼みながらやっている事が多い。 

 部屋にクーラーが無いワケでもなく、はたまた電気代をケチっているワケでもなく、フリードリンクの誘惑に負け、無料セキュリティソフトとテキストエディタを記録したメモリースティックを持って日中はそこで仕事している。

 毎日通っていると、そこで出されるドリンクに飽きてきて、数種類のジュースを実験的にブレンドしてみたり、ポーションミルクを複数入れてカフェオレを作ったり、レモンジュースと紅茶をまぜてみたりしてしまう。

 ブレンドして上手くいった時はいいが、失敗した時は鼻から乾いた笑いの溜息が出てしまう。

「ふっ・・・(苦笑)」

 べつに「セイント聖矢」で出てきた余裕ぶっこいた悪役ではなく、はたまた「あしたのジョー」で力石徹が矢吹ジョーに対して一本指を頭上に上げて、「1ラウンドじゃねえ1分だ!」と、言ったのとも全然関係ないのだが、まるで地面の穴に無限に落ち込むが如く、マズイブレンドが創り出された時はダルい。

 読者達よ、やっぱしファミレスとかのドリンクバーではブレンドしてみるよね?ねっ?

 そんな感じで意味不明のままアデュ〜。(笑)
小田原にて

2005/06/24(Fri)


あれ?書かなかったっけ?
書いたつもりになってたよ。^^;
すまーん。
2005/06/23(Thr)


 今日はホームセンターに行ってきたんだわ。 あーそうそう、いつものここだ。

 それがさ、ウチの庭には睡蓮鉢が置いてあって、雨水が雨樋から足される仕組みになっているんだけれど、その周囲がいつも湿っているせいもあって、今まで何も植えてなかったんだわ。

 でね、今日植木売り場に立ち寄った時に湿った場所を好む植物コーナーがあってさ、そこにあったモウセンゴケっていう植物とサギ草を買ってきてみたよ。

 このモウセンゴケ、いわゆる湿地に生える食虫植物なんだけれど、雨水が足される睡蓮鉢から水がこぼれる湿地のような環境に丁度良いんじゃないかって考えたのよ。 勿論、サギ草も同じ条件の環境に適応しそうだし、花は白鷺のように綺麗だから選んでみたんだ。

 ほいでね、早速植え付けてみたんだけれど、なかなかいい感じだったよ。 ついでに近くの石垣に生えていた苔をその周囲に刻んでから蒔いておいた。 多分、数ヶ月後にはその部分が苔に覆われていい感じになるはずだ。
小田原にて

2005/06/22(Wed)


 食ったよ。

 食ったのだよ。

 昨日買ったサワラ材のオヒツに入れたメシをさ。

ウマ〜ぃ!\(@@)/
やったぜ〜!ブラボー!


 やっぱりカオリがちげェよ! オマケに余分な水分は飛ばしたり吸い取って調節してくれるし、落としても割れないし、電気製品じゃないってトコロが泣かせる!

 メシが残ったらそのまま冷蔵庫に仕舞えるし、タガの部分は金属じゃないから、そのまま電子レンジに入れて暖められる! 電子ジャーみたいに独特のニオイにならないトコロが良いっ!

 いいよ〜サワラのメシビツ万歳!
小田原にて

2005/06/21(Tue)


 一言、言わせてくれ。

 い、いや、叫ばせてくれ。





















買ったどー!
サワラのオヒツ買ったどー!

(御飯入れておくアレね^^;)

 い、いや、本当は叫ぶモンでもなんでもないんだが、メシを保存しておく、あの木のメシビツを1480円で買ったのだ。

 このサイトの読者は知っての通り、オイラは毎日の美味いメシを食う事にこだわっている。(笑) だからこそ、前々から電子ジャーではなく、サワラのメシビツを使って炊いた御飯を貯蔵したかったのよ。

 ほら、木のオヒツで保存した御飯って美味いじゃん? あのサワラ材の爽やかな香りと御飯のニオイがミックスされたあの独特なフレーバーが、世の中の御飯好きな奴等をシゲキスルのだ。

 今日は今朝に炊いた御飯しか無かったんで敢えて使わず、明日の夕方にメシを炊いてからデビューさせようと思っている。

 うー、早く使いたいよ〜。(笑) 飯が2倍美味くなっちゃうかな〜。
小田原にて



 かーちゃんが今日から一般病棟に移ったさ。

 これまでは回復室っていう、まあ、いわゆるICUに居たんだけれど、腹に入っていたドレンの管が抜けて、個室に移ったさ。 しっかし血が止まりにくいカラダってのは、ここまで回復が遅いんだね〜。

 主治医さんの説明によると、この血が止まりにくいのは、肝硬変によって血液凝固因子が多くは作られない状態となっているのと、今回脾臓を取ったばかりでまだ血液凝固因子が増えていないかららしい。 

 それ以外にも包帯等を換える時に、せっかく出来たカサブタが剥がされてしまうとの事で、それに気付いてからは、生理食塩水などで出血箇所に当てているガーゼをふやかしてから剥がすようにしたと言われたよ。

 まあ、これからは一般病室だし、今までの消毒してから白衣に着替えてマスクを付けてってな煩わしい状況から抜けられて良かった。(笑)

 後は重湯からの食事が始まればドンドン回復すんベ〜。


PS.顔色は入院前よりも血色が良くなった感じ。
PS2.こんなサイト発見C型肝炎-新しい治療、新しい可能性
2005/06/20(Mon)


サボ^^;
2005/06/19(Sun)


 この前、クジャクサボテンの白い花が咲いたんだけれど、今回は違う株が紅い花を咲かせた。 グロい形のサボテンのくせに、何故花は大輪で綺麗なんだろうね〜。

 あ、そーそー、話は変わるんだけれど、今年初めて小玉スイカを食ったのよ。 この小玉スイカ、煙草を買うのに立ち寄った雑貨店の軒先に山積みされていたんだ。 値段は一個200円也。 ソッコーでGETして家に帰り、冷蔵庫で一晩寝かしたさ。

 次の日の夜・・・つってもさっきなんだが、15p程度の小玉スイカだから、とりあえず縦割りで半分にして、スプーンですくって一気に半分食ったよ。

おぉ〜ぅ、デリシャスっ!!
キンキンに冷えててウマイ!


 この小玉スイカ、食った時の状態を読者に例えて言うのならば、アニメ「ちびまるこちゃん」でまるちゃんが、
「あたしゃ幸せだよ」(パアァ〜♪←効果音)
 と、言っている時の感じだ。(笑)

 初物は西向いて食えと昔死んだジーちゃんに言われたが、ウマくてそんなヨユーは無く、まるでドリフのコントのよーに一気に食い、その勢いでもう半分も残さず食ったさ。

 うーん、ウマ〜イ! 明日もう一個買ってこよう。(笑)
小田原にて

PS.ちなみにスイカの1時間後はトイレとお友達。(笑) 腸弱占い師の夜は、こうして更けていくのであった・・・。
2005/06/18(Sat)


 今、オイラの家では珍しい花が咲いている。 その植物は観音竹って観葉植物なんだけれど、23年に一度ぐらいしか咲かないらしいんだわな。

 この観音竹、実際は竹とは違う分類でヤシ科でさ、確か棕櫚竹(シュロの木ね)と同じ仲間らしいんだよね。 でもなかなか花は咲きにくいらしくて、オイラは生まれて初めて見たよ。

 丁度今日、かーちゃんの主治医さんから、手術後の経過やこれからの見通しを含めて話があったんで、良い事があったよーな気がしたよ。

 ところで現在のかーちゃんは、まだICU泊まりだ。 切った疵(キズ)の部分がまだ出血している。 腹腔内で血が出てるんではなく、縫った所とドレーンチューブのトコロからジワジワ出血している感じだ。 血友病のような状態で血が止まりにくいってのも困ったモンだね。 まあ、今回は血小板輸血をしているんで大丈夫だし、脾臓をとったんで以後はこんな事も無くなるだろうね。

 予想では今週いっぱい大事をとってICUで、来週から一般病棟に移って復食が重湯から始まるだろう。 んで退院は今月末か来月初めだね。

 まあ。脾臓と静脈瘤しか切っておらず消化管は無傷なんで、傷口の血さえ止まれば、病棟に移ってすぐに普通食になるべ。
小田原にて

2005/06/17(Fri)


 今日、下の姉貴が来たんだわ。 あーそうそう、双子の姉貴の片割れだよ。

 でね、見舞いに行ってその後、久々にヒルメシを食いに行こうって話になって小田原にある釜飯店で食ってきたさ。

 実はオイラ、カレーの王子様連盟小田原支部員以外にも、全国釜飯&焼鳥愛好協会員という肩書きがあってさ(ウソだって・笑)、釜飯を食いながら焼き鳥にかぶりつくのが大好きなのだ。

 今回頼んだメニューは、オーソドックスだが王道といわれる「鳥玉釜飯」と「焼鳥盛り合わせシオ」だ。

 うーん、やっぱり美味いねえ釜飯は!

 家でも「峠の釜飯」が入っていた、あの素焼きの釜を使って作る事があるんだけれど、やっぱり美味しいお店で食うと違うよね〜。

 「あ〜至福!」なヒルメシだったよ。
小田原にて

2005/06/16(Thr)


 今日は朝からかーちゃんの手術だったモンでずっと病院に詰めてたよ。

 へ?どうだったかって? あー、普通に成功って感じだったよ。 心配してくれたみんな、どうも有り難う。 5時間かかったけれども問題なく、おかげさまで無事終ったさ。

 結局、一昨日書いた通りに手術は進んだようで、終って主治医さんが出てきて、今回の手術で摘出された脾臓と二つの静脈瘤を見せながら説明してくれたよ。^^; やっぱり珍しい静脈瘤なんで、しっかり標本にされてたのが笑えた。 お医者さんの勉強の為に使われたり、十二指腸静脈瘤の研究に使われるんだろうね。

 今回心配されていた肝不全と手術による出血だけれども、結局あまり出血しなかったらしく、血小板以外の輸血はしないで終った。

 と、まあ、こんな感じで、多分2週間ちょっとで退院してくるだろう。 今回は前回と違って命の心配は無かったので安心していたけれども、流石に今日は痛そうで、オイラも冗談をカマすのは控えちゃったよ。(笑) 痛みが減ったら頼まれて撮影しておいた写真を見せて、オイラの同級生の葬儀店に棺桶をキャンセルした話をしておこう・・・。(ウソウソ・笑)
小田原にて

2005/06/15(Wed)


 庭にある名前が何だか知らないサボテンの花が咲いたよ。

 今月に入ってサボテンの花が相次いで咲き出したんだよね。 シャコバサボテンが最初にウオーターブルーの花を咲かせ、その次はクジャクサボテンの白い花、そしてこれまた名前が判らないサボテンの黄花が咲いて、今回のサボテンが咲いたさ。

 しっかしさ、サボテンってトゲはあるし形はグロいのが多いのに、なんで綺麗な花が咲くんだろうねえ。
小田原にて

2005/06/14(Tue)


 今日の日記はかーちゃん(オイラの母親65歳)の話だ。 

 改めて言うけれど、この話はオイラのかーちゃんと同じC型肝炎が発症した人で、肝硬変から来る症例の少ない十二指腸静脈瘤の問題を抱える人がネット検索してきた時に少しでも手助けになればという事で書いているので、興味のない人は読み飛ばしてね。(笑) ちなみにその問題で検索してきた人はこの日記に2005/4月末から書き始めたので読んでみてくれ。

(以下本文)
オイラのいつものアホなノリの日記ではないので複数改行しておこう(笑)















































 夕方になってからオイラの母親の入院する病院に行って明後日の手術の話を聞いてきたんだよね。 あーそうそう、6/15に決まったのよ。

 先々月から先月の日記をチェックした人なら知っているだろうが、オイラのかーちゃんはC型肝炎から来る肝硬変を抱え、それが原因となり、肝臓に入る血流が滞留する事によって出来る十二指腸静脈瘤がここ数年何度か出来ているんだわ。

 普通この静脈瘤は、胃や食道付近の細い血管を広げてその部分に出来る事が多いのだけれど、ウチのかーちゃんの場合、症例が少ないタイプらしくて十二指腸に出来てしまうんだ。

 んでさ、先々月に破れて出血して死にかけたんだけれど、軽やかに復活したのよ。 先月はそんな訳で元気になったのさ。

 でさ、その復活した時の話で、元気になった頃、外科的な手術をする事によって、静脈瘤が出来にくくする事が出来るかも知れないって話が出てたんだよね。

 そいでね、元気になった後に安定したんで、今月の一日からその手術が出来るかどうかの検査入院になって、今日、手術の段取りがついたワケよ。

 今回の主治医は外科のお医者さんでさ、その話によると、こんな感じであった。

1)現在の病状

*肝硬変症
*脾機能亢進症
*肝硬変による胃静脈瘤・十二指腸静脈瘤

2)今回の手術

*胃上部血行郭清術
 胃にある広がってしまった血管を止め、静脈瘤を破裂しないようにしてしまう手術。前回の十二指腸静脈瘤破裂以後に小さく出来ていたらしい。

*十二指腸血行郭清術
 上記と同じ手術の十二指腸版。

*脾臓摘出術
 肝硬変の為に溜まっていた血により肥大していた。今まで赤血球が少なく血が止まりにくい状態であった為、脾臓を摘出する事によって今まで赤血球を壊さなくし、血が止まりやすくなるので以後の出血があった場合に安心感が増える。 

*場合によっては食道離断術
 食道静脈瘤の予防だが、やらないかもしれない。

3)手術方法(手術同意書より)
 全身麻酔下に開腹し腹腔内の状況を確認後に、胃上部・十二指腸血行隔清術及び脾摘出術を施行。状況によっては食道離断術を併施。止血を充分確認後、腹腔内にドレーンを挿入し閉腹、手術を終了する。

 と、まあこんな感じだ。

 そりゃー当然、肝不全や出血のリスクはあるが、外科手術が出来る状態であれば、そんなに難しいモノではないらしいさ。 失敗する確率は数パーセントとの事で、かーちゃんの場合は生き死にに関わるモノではなく、それによるメリット・・・つまり血が止まるようになったり静脈瘤が暫く出来ないようになったりするなどのメリットも多いトコロが魅力だ。

 尚、今回の手術後の退院だが、最短の場合は2週間との事だ。 オイラが前に考えていたように消化管を切らないで、独立した脾臓と血管だけをどうにかするので、退院は腹のニクがくっついたらって事らしい。 早いぜ。 オイラの退院予想では、7/5〜10の間ではないかと思う。

 勿論、これまでやってきた糖尿病食による体調調整もいい感じでハマッたさ。 C型肝炎ってさ、糖尿病も併発するんだぜ。 だからカロリー計算して料理を作れるようになったよ。 おかげでオイラまで痩せてきて嬉しかったりする。(笑)

 しかしさ、4/末に書いた復活ルートを完全トレース出来たので嬉しいさ。 多分、フツーに上手くいって、数年は安心出来るようになるべ〜。
小田原にて

2005/06/13(Mon)


 昨夜はスゲー呑んだよ。

 まずは一次会、記念会館でやったんだけれどさ、なかなか酔わなかったモンで同窓生や当時の先生とダベりながらバカスカ呑んで、ワイワイがやがやで二時間。 しっかしさ、まだ一次会では焼酎を7杯ほど呑んだだけだったんで全然酔ってなかった。

 二次会では同窓生の経営する店に行き、ここでも昔の話題で盛上がり、カクテル呑みーのジーマ呑みーので全員オーバーハング状態となった。

 三次会も仲の良かった同窓生の経営するスナックで二時まで呑んで帰ってきたんだけれどさ、何年か振りにボトル一本量をカラダに入れたモンでモノスゲー良い気分になったよ。

 オイラの場合、酒はチョロッと引っ掛ける程度で酔わない位しか呑まないんだけれどさ、さすがに気心の知れた仲間と久々に呑んだんで、オイラもヘベレケまで呑んだし、仲間は全員ベロベロだった。(笑)

 しっかし昔の仲間と呑むのも面白いよね〜。
小田原にて

PS.夜中に水をガンガン飲んだせいか二日酔い無しだ。(笑)
2005/06/12(Sun)


同窓会で飲み過ぎてグロッキー(笑)
だから今日は寝る〜。
2005/06/11(Sat)


 この前に雨蛙を見掛けて、「そろそろかな?」と思っていたら、関東もとうとう梅雨に入ったよ。

 いつも、この時期になると車にノートパソコンを積み込んで景色の良い場所で原稿が書きたくなってくるんだよね。 例えば海沿いを走る高速道路のパーキングエリアや山の天辺にある駐車場とかさ。

 そこでやる事はといえば、ただ単に原稿書きなんだけれど、車の屋根に雨粒が当たる音が心地よくてさ。 そんな風に考えていたら、世良正則が歌っていた「Heart is Gold」って曲の一節を思い出したよ。
小田原にて

2005/06/10(Fri)


 この前の日記に刺激を受けて、久々に今日、Vitzで夜の箱根に流しに行ってみた。

 車通りの少なくなった国道、箱根湯本を通過し、塔ノ沢の辺りからアクセル全開。

 山道はまるで大蛇のように曲がりくねり、ハイグリップタイヤが路面に噛み付く音と、ナチュラルアスピレーションの吸気音と、そして排気音だけが響く。 コーナーごとに煙草の煙を吐きながらブレーキで重力をコントロールし、車を滑らせる。 逆ハンドルを切り、体勢を立て直し、ストレートではアクセルを床まで踏み込む。

 18の頃から箱根を走り始め、そしてスピードとアクセルコントロールに魅せられて毎夜ごとに他の車と街道レースをした。 たった0.1秒のタイムを縮める為にブレーキを遅くし、無駄に安全を削り、そしてガソリンを消費する事が、その頃の全てだった。

 スピンして崖から落ちそうになった事や、正面衝突で突っ込まれた事も、横転した事もあったが、いつも無傷で、自分は死なないと漠然と考えていた。

 こんな風に走らなくなったのは、いつ頃からだっただろうか・・・。

 いつしかスピードは流す程度になり、助手席に彼女を乗せ、会話や景色を楽しむようになった。 たった0.1秒の為に、好きな女の命や自分がすべき事を賭けられないと考えるようになったのだろう。

 そして今は、スピードを出す事が無い。

 しかし今日は、久し振りに限界ギリギリで走ってみた。 別に何かあった訳ではないのだけれどね。

 そんな風に走って、今、落ち着いてコーヒーを啜りながら机に座っている・・・。 
小田原にて

2005/06/09(Thr)


おめでとうニッポン!
祝!ワールドカップ出場!


 やったねサッカー日本代表、勝ったね〜。 これで文句なしにワールドカップに行けるよ。 しっかし、毎回の事だけれどさ、他の国の選手と違って、相手にパスしてしまう場面が多くてハラハラしたよ。(笑)

 1本目のゴールで小躍りして、2本目のゴールでデングリ返ししてしまったぜ。(笑)

Felicidades ZICO!!
オブリガード 日本代表!

小田原にて

2005/06/08(Wed)


 4月末に発芽したブドウの種が本葉になった所でご臨終となってしまった。(笑) 自分の家でブドウ狩りして食う野望が〜!! まあ、まだ他のブドウの木があるんだけどね。

 トコロで今日もかーちゃんの見舞いに行ってきた。 とは言っても今はまだ検査しかしていないんで、ただの「病院宿泊健康法」って感じなんだけどね。(笑)

 またもやアホな雑談をする合間に、手術が15日に決まった話が出た。 どうやらこの前のカテーテル血管造影検査やその他の検査結果も良好のようで、これを後一週間維持して手術するようだ。 まあ今回は生き死にの話では無いし、多分医療ミスがない限り上手くいって、手術しない場合よりも延命する事が確定って感じなので楽観だわな。(笑) カードでも現実判断でもそんな風さ。

 まあ、もう少し詳しい事が判ったり、手術方法が明確になったら、ここを検索する人の為にもう少し明細に記録として書いておくつもりだ。
小田原にて

2005/06/07(Tue)


 昼間、不意に思い立って、車に乗り込んで箱根山へドライブに行ってきたよ。

 オイラ、免許を取った18の頃から、たまに気が向くと箱根に一人でドライブに行くんだ。 行くのは殆ど昼間だし、もう夜中に箱根を走っていた頃のようなスピードではないんだけれどね。

 何となく風景を流して、それから芦ノ湖畔で缶コーヒーを買ってさ、そこからその日に見たい場所に行くのよ。

 今日行った場所は、西の空が見える伊豆スカイラインだったさ。 そこは丘のようになっていて、空を眺めるのにはいいんだよね。

 草の上に座ってさ、何となく空を見るんだ。 左手には缶コーヒー。
小田原にて

2005/06/06(Mon)


さぼ?
2005/06/05(Sun)


 困った、ネタがない。(笑)

 今日はケーヨーD2に買い物に行ってブルーベリーの土を買い、小田原フラワーガーデンでブルーベリーの苗木を買って、庭にあるツツジの横に植えたぐらいで園芸以外のネタがないのだ。

 実はさ、かーちゃんがドウダンツツジを植えたいって言い出したのよ。 んでさ、そのものを植えても面白くないんで、考えた結果、ドウダンツツジとそっくりな花が咲く上に実が成って、尚かつ紅葉する同じツツジ科のブルーベリーを植えようと思ったのさ。

 オイラのベランダ果樹園にもあるんだけれど、このブルーベリーは庭に植えたくないので新しい苗木を二つ買ってきたんだよね。

 まずはツツジの隣にある紫陽花を別の場所に移植し、そこをツツジごと木枠で他の花壇より一段高く囲ってツツジの周囲の土も掘り返す。 ブルーベリー用の土とブルーベリー用の肥料をその土と別の場所で混ぜ、苗木入れてから埋め戻したさ。

 このブルーベリー専用用土と専用肥料、酸性を好むツツジ科の植物にはとても良いらしくてさ、今回はしっかり木枠で囲ったんで使ってみたんだわ。

 庭にあったツツジは、これまで毎年ショボかったさ。 紅白で二本もあるくせに、その二本合わせても花が5輪しか咲かなかった。(笑) 庭にある土が酸性じゃなかったか、剪定がヘボかったとか、それともなければ肥料が少なかったかとか色々あったんではないかと思う。 今回のやり方で来年花がつけばいいな。
小田原にて

2005/06/04(Sat)


 庭の雑草を抜いていたら、紫陽花の葉に雨蛙がいたよ。 季節は段々と廻って、もうすぐに梅雨になるんだろうね。

 この雨蛙、子供の頃はよく捕って飼ったよな〜。 この時期の小田原の田圃には必ずいたんだよね。 今でも郊外に行くと田圃も多くてさ、いっぱい飛び跳ねてるよ。
小田原にて

2005/06/03(Fri)


 この前発芽床に蒔いておいた小玉スイカが発芽しているのを発見したよ。 急いでプランターの土に指で浅く穴を開け、そのまま埋めたさ。

 サンドイッチを入れる使い捨てのパックにリードクッキングペーパーを敷き、それを水道水で湿らせて発芽床にしているんだけれどさ、これが結構良い具合なんだよね。

 前は種を発芽させるのにそのまま蒔いておけばいいと思っていたんだけれどさ、最近もっと発芽効率を上げる方法に気付いたさ。

 例えば朝顔、蒔く前にあの種の皮をナイフでそっと削り、種の内部に水が染み渡りやすくしておくと、2日で殻が割れてくる。 今回発芽したスイカなんてあの種をそっと割って、中の天神を発芽床で水に浸したら三日で何とかなったよ。

 最近は高等技も覚えた。 ルーペを使ってイチゴの0.5ミリの種を覗き、ピンセットで押さえながらカッターの刃で削ってソッコーで芽を出させた。 まるでバイオテクノロジー的な感覚がしたよ。

 そのうちジャガイモにトマトを接ぎ木してしまいそーな勢いだよね。 元々オイラ、理科系の授業は大好きだったしなぁ。 今でも顕微鏡持っているし。(爆) なんだかな。

 今年はスイカが食えると良いなあ。
小田原にて

2005/06/02(Thr)


日記書き忘れ(笑)

 今日からかーちゃん入院。 当面は十二指腸付近の血管の通り方の造影や、その他の下準備の検査をして、賭けではない手術方法を模索するとの事だ。
2005/06/01(Wed)

My Diary Version 1.21
[ 管理者:FOOL 著作:じゃわ ]