トップに戻る
過去日記ログ
他の月を見る


FOOL's Diary
占い師のぼやき(^^;


(2005/07)


 とうとう今月も今日で終りだ。

 トコロで今、オイラ界では密かなブームが巻き起こっている。 そのブームとは、葡萄ブームなのだよキミタチッ!!

 話は去年、葡萄狩りでロザリオビアンコという美味しい葡萄を食い、その種を植木鉢に蒔いた事から始まった。 

 オイラはその後、その植木鉢に種を蒔いた事自体ををすっかり忘れていたんだけどさ、今年その植木鉢に葡萄が発芽して思い出したんだよね。(笑)

 初めに発芽したのは4月、その苗は不幸にも枯れてしまったんだけれど、その後に発芽したものがあったようで、アサガオの中に一本だけ葡萄が発芽していたのを発見したのだ。 この植木鉢、実はもう生えないだろうと思ってアサガオの種を植えてしまっていたんだけれど、その中にひょっこりギザギザの葉の苗が出ていて小躍りしてしまったよ。

 今はその苗を他のポットに移して成育中なんだけれど、それ以外にも発芽させてみたくなり、スーパーで違う品種の葡萄を見付けては買ってきて食い、せっせと種を蒔いている。(笑)

 多分、発芽は来年になるだろうし、実生では厳密に同じ品種にはならないと言われているが、まあ、美味しい葡萄が出来たらラッキーというか、自分が食った葡萄の種が育って実を付けたら楽しいなと考えている。 当然、その葡萄はいわば「新品種」(親より劣る事が多いけれど)なので、オイラがウリャリャッと品種名を付けてみよーと考えている。(笑) とりあえず発芽したロザリオビアンコは「Fool's rosary」とでもしておこう。(爆)

 種を蒔いた葡萄は、今のところ「ネオマスカット」「安芸クイーン」「巨峰」で、発芽した苗は「ロザリオビアンコ」で、それ以外にも植木鉢で「安芸クイーン」「ヤマブドウ」「ネオマスカット」、庭には「デラウエア」が・・・っていつの間にか葡萄だらけだ。 凝り性ってのは怖いぜ。^^;

 来年になったら一本の木に他の品種を接いでしまい、再来年には「庭の一本の葡萄の樹に、違う種類の葡萄がいくつも垂れている」みたいな感じを目指している。 葡萄の木って、上手く緑枝を接ぎ木するとそんな事が出来るらしいんだよね。

 あ、そーそー、葡萄以外にも庭に枝垂れ桃があってさ、今年はその実が食えたんだよね。 確か「照手水蜜桃」っていう小さい桃がなる観賞用と兼用の品種なんだわ。 春には垂れた枝に桃の花が咲き、夏には食えて、庭木としては2m前後で丁度良い感じだ。 ちなみにその桃の味は結構甘くなった。 つっても買ってきた普通の桃と比べると甘くないし、桃自体が小さい品種なんだけれどね。(笑)

 来年は桃と葡萄の両方が食えるようになればいいなあ。
小田原にて

2005/07/31(Sun)


 今日も暑い日だったさ。

 そんなワケで、3Fのバルコニーに、あの伝説となったプールを登場させたんだけれど、今日はまだ泳いでいない。(笑) 

 夜になって、家の近くで祭りがやっていたので行ってきたんだけれど、商店街のこぢんまりした祭りで出店も少なく、ちょっと寂しい気持ちで帰ってきたよ。

 そんな感じで今日は、淡々と過ぎていったのであった・・・。
小田原にて

2005/07/30(Sat)


 さてさて、昨日かーちゃんが退院してきて、今日から平常運転が始まった。 まあ、退院してきたとは言っても、とりあえずリハビリを家でしているような状態で、完全復活には2週間程度かかるだろうとみている。

 暫くはオイラが全食事担当という感じで、食欲のないかーちゃんと、好き嫌いの激しいバーちゃんの食事を考えていく事になるだろうな〜。^^;

 退院する前からなのだけれど、入院で食が細くなったままなんで、昨日今日と珍味鉢を7個用意し、そこに多品目を少量ずつ盛って種類多く食べさせるようにしている。 多分これからは料理を先に作っておいて、それを冷凍でストックしておかないと追いつかないだろうな〜。 ちなみに今夜のメニューはこんな感じだった。

*冷や奴1/8
*ホウレン草おひたし 二口分
*八宝菜 二口分
*味噌汁 100ml程度
*昆布出汁のシラスおじや三口分
*銀杏 六個
*ウインナー 一本
*カロリーメイトゼリー

 コレを二時間かけてゆっくり休ませながら食べさせた。 本人的にも食欲が戻らないのが辛いらしいが、暫くこんな風に作って多品目を食わせてみるベェ。(笑) 一品の量が多いと食えないらしいしね〜。

 しっかしさ、こんな風に糖尿病食を作ってると、結構料理が上達するよ。(笑) 低カロリー高タンパクの計算をしながら、出汁などの味付けで誤魔化していく技を覚えたさ。 砂糖なんてゼロカロリーのパルスイートに変え、醤油と味噌は減塩物、マヨネーズとバターはカロリーハーフだから、いかに素材の味と出汁で美味しく食べさせるかが課題なんだよね。

 基本的にオイラの普段の食生活はケチ・・・いやいや質素なので、高い食材は滅多に買わず、安い素材で極上の美味しさを作ろうと考えているんだが、ここ半年ほどで味付けの腕が上がった気がするよ。(笑)
小田原にて

2005/07/29(Fri)


かーちゃん退院で日記書き忘れちゃった。(笑)
2005/07/28(Thr)


 今日の神奈川県小田原地方はモノスゲェ暑かったよ。 冷房無しで仕事してたんだけれど、あまりの暑さに断念し、とりあえず出掛けてみたさ。

 オイラの部屋は3階のワンフロアって感じなんだけれど、夏場は結構、温度が高い状態になるんだよね。 まあ、クーラーを使えば問題ないんだけれど、いつも使っていると夏バテしやすくなっちゃうし。

 まあ、そんなコトはどーでもいーんだけど、今日は小田原フラワーガーデンの売店で「葡萄フェア」と称して葡萄の樹を安売りしていたので行ってきたさ。

 売り場はトロピカルドームの外にあって、そこに葡萄の樹が並べてあったんだけれど、「葡萄フェア」と銘打っている割に全然種類がなかった。 置いてあったのはネオマスカット・巨峰・デラウエア・野ぶどう・ピオーネだけでさ、ちょっとガッカリしてしまった。

 今、オイラの家には今年買ったデラウエアが植えてあるんだけれどさ、藤棚兼葡萄棚を作ったんで、もう2種類ぐらい欲しかったのよ。 結局、680円の魅力に負けてネオマスカットの苗木を買っただけで帰ってきたよ。

 でもさ、一本だけしか買わなかったんで気分的に不完全燃焼でさ、その帰り道にケーヨーD2に寄ってそこにあった980円のヤマブドウを買ってしまった。(笑)

 多分、この二本は鉢にでも植えておいて、来年5月、庭植えデラウエアの枝に「緑枝接ぎ」って方法で枝を繋いでしまおうと考えている。 上手くいけば再来年には、1本の葡萄の樹に三品種の実がつくようになるべ〜。 この「緑枝接ぎ」、結構成功率は高いみたいだから、部屋で育てているロザリオビアンコの葡萄苗や、来年発芽するはずの巨峰とかも接いでみようかな。

 でもさ、本当はマスカットよりも安芸クイーンって品種が欲しかったんだよな〜。
小田原にて

2005/07/27(Wed)


 とうとう決まったのだよ。

 あーそうそう、明日の朝食メニューをスクランブルエッグとトーストとソーセージでキメてコーヒーで流し込もうなんてコトではなく、はたまたイアン・フレミングのジェームス・ボンドが33歳の設定だったと知ってビックリしたのともカンケー無く、かーちゃんの退院が7/28に決まったのだよキミタチっ!

 何が嬉しいかって、まあ、帰ってきても暫く養生だろうからオイラの手間が増えるだけでナンにもないんだが、なんにせよ病院から帰るコトは本人的には嬉しいんじゃないかと思うのだ。

 一時期は睡眠薬が効きすぎて、オーロラが見えるだの小田原厚木道路を競輪選手が走っていっただの飛行機事故で入院しているんだのと色々な寝ぼけ状態となっていたんだよね。 だけれど、睡眠薬をやめてからは通常営業・・・いやいや普通の状態に戻り、歩行訓練が始まり、そして現在は杖無しで歩けて、メシも爽やかに食えるまでになったので、今回、退院が決まったのだ。

 まあ、今回は脾臓と血管を取っただけなんで、心配も何もなかったのだけれど、あのボケボケ状態には参った。(笑) とりあえずは体力的に落ちているんで、半月はウダウダして回復させて、後はオイラも楽々だな。

 おっと、言い忘れてたよ。 

 今回またもやサイトの読者さんより、様々な応援のメールを戴いたんだ。 この場を借りて感謝致します。 どうも有り難うございました。 
小田原にて

2005/07/26(Tue)


サボ?(笑)
2005/07/25(Mon)


 小田原では今日、ちょうちん夏まつりがやっていたんだわな。 そんなワケで、またもや朝から祭りに繰り出し、屋台で買い食いしてきたさ。

 その帰りにダイソーへ寄ったんだけれど、その時にペット用品売り場で、犬用の祭りのハッピを発見し、小躍りしながら買って帰ったのであった。(笑) 今日の写真は、そのハッピを着せたネコだ。(笑) 嫌がる風でもなく、何となくノリノリに見えたさ。 オイラだけかも知れないが、昔に流行った「なめネコ」を思い出してしまったよ。
小田原にて

2005/07/24(Sun)


 藤棚は作ったんだけれど、日記が間に合わなかった。 これは24日に書いているさ。(笑)
 
 朝から構想を組み立て、必要な部品と寸法をメモに書き出したオイラは、白いタオルを持ってホームセンターへ行ったのであった。

 何故白いタオルかというと、よーするにオイラのVitzでは2.5mのパイプを買って帰る時に、窓から飛びだしてしまうんではないかと予想したワケだ。 白い布を飛びだした部分に旗のように付ける事で、道路交通法違反にならないんだよね。(笑)

 売り場に着いたオイラは、早速必要な物を一気に買い、ついでに蚊取り線香をGETしたのであった。  車に積み込む段階で、やっぱりパイプが入りきらず、白い布を使うコトになり、先端部分にしっかりと取り付けて家路へ。

 途中、横を走る原チャリのライダーの後頭部を、突き出した鉄パイプでぶつけないように注意しちゃったよ。

 家に帰ったオイラは、早速、作業に入った。

 まずはコンクリートにドリルで穴を開け、パイプを立てる台座を設置。 その次にパイプを立てて仮組みし、糸を張って水平を出し、棚が水平になる位置に印を付けた。 次に印を付けた部分をパイプカッターで切り、もう一回仮組み。 大体良いようだったので、接着剤を接合部分に塗り、本組みして終了。 最後に針金を棚へ網目に張って完成したさ。

 次に二階まで伸ばしていた藤を吊るワイヤーを切り、藤棚の上に這わせ、蔓を一本一本ほどいて藤棚の針金に巻き付けていった。 

 殆ど目測でやったわりに、目立ったトラブルもなく、綺麗な仕事が出来た気がするさ。 終って眺めてみた時に、何となく満足する出来であった。(笑)

 来年は多分、ここに藤の花が綺麗に垂れて来るんだろうな〜。 今から楽しみだよ。 いつかは葡萄もここに絡ませて垂れ下がって、その葡萄を食うってのが究極だな。(笑)
小田原にて

2005/07/23(Sat)


 最近のDIY風な気分の勢いに乗り、来年の為に葡萄と藤のパーゴラを駐車場の上に作ろうかと考えている。

 実は今年4月、駐車場に植えてある花壇の藤をワイヤーで2階に誘引し、その蔓が伸びたら駐車場に藤棚を作ろうとおもって準備しておいたんだよね。

 肥料の油かすを与え、腐葉土を与え、そして水を与えていたら、今年は今の時点で3mも伸びちゃってさ、2階のベランダに干す洗濯物の邪魔にもなってきたし、来年に向けての計画をちょっと前倒しした方がいいと判断したんだわ。 写真は今年4月に撮ったモノなんだけれど、この状態から2階に届くまで伸びたさ。

 まだ藤棚のデザインというか設置方法は具体的に考えていないんだけれど、多分、窓の柵を作る時に使ったあのコーティングパイプの木目調のヤツで勝負してみよう。 葡萄がまだ小さいんで、その日当たりの邪魔をせずに出来る方法を検討中って感じだ。

 計画が決まったら、必要なものを一気に買い込んで2時間程度で組み立ててしまう予定だ。 多分、パイプを切る以外はすぐ出来ちゃうだろうなあ。 一応腹案では、コンクリートにドリルで穴を開けて2mの支柱を立てるつもりだ。 藤の花に合わせた高さにしておかないと、ワンボックスとかの大きな車は入れられなくなっちゃうだろうしね。
小田原にて

2005/07/22(Fri)


 タイミングを逸したというか、忘れたというか、まだ写真を撮っていない。(笑)

 昨日の鉄格子、結構具合がよかったんで、その隣にあるもう一つの窓にも同じ設計のものを付ける事にしたよ。 一応今日は、もう一つ分の部品の買い出しと、途中までの組み立てをして、後は鉄格子を付けて窓に設置するだけの状態にしておいたよ。

 昨日設置した方の鉄格子は、一夜明けて、細かな部分の直し作業をしてみたさ。 ネジ留め部分にステンレスのハンダを流し込み、溶接状態にし、もう外すとしたらとても労力のかかる状態となったさ。 後はもう一個設置した後、パイプ部分と鉄格子の色を同じにペンキでペイントすれば完成だな。
小田原にて

2005/07/21(Thr)


 かーちゃんの田舎から、かーちゃんの姉妹が見舞いに来たよ。

 この前、他の兄弟が見舞いに来てくれたんだけれど、一番薬ボケしている時に来たモンで、どうやら田舎では大事になっていたようで、何だか焦った感じだったよ。(笑) 一応、見舞って「危ないんじゃないか?」ってのは無いって事が判ったとは思うが、今回の入院について大まかな説明を、改めてもう一度しておいたさ。

 しっかし、心配してくれる兄弟姉妹が多いってのもいいモンだな〜と思ったさ。 

 トコロで今日、その見舞いに行った後に家の1F窓に鉄格子を付ける工事をしていたさ。 (写真は後日) 実は、1Fにはバーちゃんが寝ているんだが、梅雨明けで一気に気温が上がり、防犯の為にシャッターを閉めると、エアコン無しでは寝られない状態なのよ。

 でもさ、ウチのバーちゃんはエアコンが大嫌いで、扇風機も寝る時に点けっぱなしにすると、風を体に当てて無くても脱水症で死んでしまうと真剣に考えているらしーんだ。

 オイラに言わせれば、エアコンも扇風機も点けずに熱帯夜を迎えたら、汗をかきすぎて脱水症になり、熱帯夜どころかあの世から迎えが来てしまうと思うんだが、本人が聞き入れてくれないのだ。

 でさ、考えたワケよ。 シャッターを閉めずに窓を開けて寝るにはどーしたら良いんだろうかってさ。 でね、シャッターを格子状に交換するか、外せない鉄格子を付けるかってトコロに行き着き、結局コスト面を考えて、オイラが自分で出来る鉄格子にすることになったさ。

 ホームセンターの売り場で2時間悩んだ結果、窓枠にプラスチックコーティングの鉄パイプを組んでネジ留めし、そこにフェンスに使われる鉄柵を取り付ける事にしたのだ。 金ノコギリを使っても、そこから進入するには20〜30分ぐらいの時間がかかる強度的設計を考えたさ。 

 今回の工事では、壁にステンレスの皿ネジで取り付けるんだけれど、通常よりも倍近く多くネジ留めし、ネジ留め後にネジ山をドリルで削り、ドライバー等では制作者のオイラでもネジが外せないようにしたよ。

 そんなこんなで、ホームセンターの売り場で設計と工程が決まったオイラは、早速そのまま必要な部品を購入したのだ。

*ステンレス皿型ネジ 4*25 100本入り
*ステンレス鍋型ネジ 4*35 4本入り
*120cmプラコーティングパイプ 
*パイプ接続 L型
*パイプ接続 三方
*パイプ接続 T型
*格子状鋼鉄柵 100*80

 家に帰って早速加工して組み立て、一応窓のトコロに付けてみたら、結構頑丈に出来たよ。これだったら、よほど苦労しないとココから進入出来ないだろう。 オイラだったらこんな面倒な窓から侵入せずにドアを破るだろうな。(笑)
小田原にて

2005/07/20(Wed)


やべっ、書き忘れてた。^^;
2005/07/19(Tue)


 ライチを食った後、その種を土に植えてみたんだけれど、その残りを何気なく水を張ったビーカーに投げ入れておいたんだわ。 そのままオイラってば忘れててさ、暫く放っぽっといたら芽が出ていたよ。

 このライチ、発芽率は高いとは聞いていたんだが、こんなただの水に浸しただけで、葉が展開するまで育つとは思わなかったよ。 恐らく、この種の中に生育初期までのエネルギーが蓄えられているからここまで成長出来たんだろうけどね。

 せっかくこんな感じになったので、液体肥料を2滴たらして、そのまま水栽培でやってみようと思う。 もしかしたら途中で駄目になるかも知れないけれど、まあ、実験って事で。(笑) 

 写真にある通り、根っこもヒゲのよーに出てきたし、マメに水を換えたりしていけばもしかして良いかもね。
小田原にて

2005/07/18(Mon)


 占いの原稿仕事が煮詰まったので、気晴らしにブックストアへ行ってきたよ。 何が買いたいってワケでもないんだが、何となく行ってしまうんだよね。

 店に入ると、まずはコミックコーナーを一瞥し、その後にPCコーナーを流し、最近は園芸コーナー・DIYコーナー・料理コーナーを横目で流して、占いオカルトコーナーを眺めて写真コーナーへ入り、アダルトコーナーで挙動不審になりながら(ウソウソ・笑)、最後に小説コーナーへ行くって感じだ。

 最近は旅コーナーにも興味を惹かれ、ペットコーナーで熱帯魚の雑誌を見て、その隣のネコの雑誌を見てニコニコする事もある。

 しっかしさ、ブックストアっていいよね〜。 オイラが経営者だったら店員に仕事を全部押し付けて、毎日棚の端から端まで読書三昧したいよ。 
小田原にて



 あーそーそー、小田原市の広報から、小田原周辺の夏祭りやイベントの案内が来たんで抜粋して載せておくね〜。

〜〜 夏の小田原周辺 観光情報 〜〜

---------------------------------------
第14回“あかりの祭典”
小田原ちょうちん夏まつり
---------------------------------------
問い 観光協会 電話 0465-22-5002
7月23日土曜日12時00分から21時00分
  24日日曜日12時00分から21時00分
場所 城址公園二の丸広場

23日土曜日
○オープニング音楽祭
○外郎売の口上小田原大会
○市民ステージ
○小田原囃子競演会
○夏の夜のひとときフェスティバルライブ
 「華楽三姉妹」(中国民族楽器演奏)
○小田原ちょうちん踊りパレード
 (コンクール)

24日曜日
○市民ステージ
○小田原囃子競演会
○小田原城太鼓合戦
○自治会みこしパレード
○夏の夜のひとときフェスティバルライブ
 「JANTY FEAT MADOKA」
 (ハワイアンコーラス)

両日
出店・小田原ちょうちん製作&絵手紙コーナー・わくわく子供広場・大ちょうちん展示(二の丸広場)、小田原囃子競演会(お堀端通り)、フローティングキャンドル
(お堀)

小田原ちょうちん
水上アートフェア

期日 7月23日土曜日から31日日曜日
   点灯時間:18時30分から23時
場所 お堀全域

●小学生が作った約3,000個の手作りちょうちん展示
●7月23日土曜日19時
 点灯式にて小学生の手作りちょうちんを一斉点灯

第38回氷彫刻技術コンクール大会

日時 7月24日日曜日14時30分から
場所 お堀端通り
主催・問 お堀端商店街振興組合
     電話 0465-22-6106

メレフラハワイアンコンサート

日時 7月24日日曜日18時から21時
場所 国際通り特設会場
   (ムコウヤマ隣駐車場)
主催・問 国際通り一丁田商店会
     電話 0465-22-2384
※当日フラダンスを踊りたいかたはお問い合わせください。

湖水まつり
日時 7月31日日曜日19:45から
場所 芦ノ湖(元箱根)
問 箱根町観光協会 電話 0460-5-5700

鳥居焼まつり
日時 8月5日金曜日19時30分から
場所 芦ノ湖(箱根)
問 箱根町観光協会 電話 0460-5-5700

小田原酒匂川花火大会
日時 8月6日土曜日18時30分から20:20
場所 酒匂川スポーツ広場
問 小田原市観光協会 電話 0465-22-5002

足柄金太郎まつり花火大会
日時 8月7日日曜日20:40から
場所 南足柄中学校グラウンド
問 足柄金太郎まつり実行委員会(南足柄市商工観光課内) 電話 0465-73-8031

丹沢湖花火大会
日時 8月10日水曜日20時00分から
場所 丹沢湖
問 山北町産業観光課 電話 0465-75-3646

小田原御幸の浜海上花火大会
日時 8月13日土曜日19時30分から
場所 御幸の浜海岸
問 実行委員会 電話 0465-22-5961

箱根大文字焼
日時 8月16日火曜日19時30分から
場所 強羅
問 箱根町観光協会 電話 0460-5-5700

開成町・松田町合同2005あしがら花火大会
日時 8月27日土曜日20時00分から
場所 酒匂川・川音川合流地点河川敷
問 松田町観光協会 電話 0465-85-3130

イベント名 湯立獅子舞   
日 時   7月15日金曜日   
場 所   宮城野(諏訪神社)
ここがポイント   国選択無形民俗文化財の獅子舞です。煮たった湯がササの葉で参拝者の頭上にまかれ、このお湯にあたるとその年は病気をしないといわれています。
箱根町観光協会
問     電話 0460-5-5700

イベント名 カヌーマラソンIN丹沢湖 
日 時   7月18日祝日
場 所   丹沢湖 
ここがポイント  カヌー・カヤックによる5キロメートル・10キロメートルのマラソン
  
山北町生涯学習課  
問     電話 0465-75-3649

イベント名 洒水の滝まつり
日 時   7月24日日曜日
場 所   洒水の滝 
ここがポイント  水行・洒水太鼓など 山北町観光協会
  
問     電話 0465-75-2717

イベント名 貴船まつり
日 時   7月27日水曜日・28日木曜日
場 所   真鶴町内
ここがポイント    「真鶴貴船まつり」は17世紀中頃にその起源を発する貴船神社の歴史ある例大祭。 宮城県塩釜神社例大祭、広島県厳島神社例大祭とともに、日本三大船まつりに並び称され、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。 
真鶴町観光協会
問     電話 0465-68-1001

イベント名 やっさまつり
日 時   8月2日火曜日・3日水曜日
場 所   湯河原町内
ここがポイント   「やっさもっさ」のかけ声とともに、町内を踊り歩くイベント。
湯河原町観光課  
問     電話 0465-63-2111

イベント名 足柄 金太郎まつり
日 時   8月6日土曜日・7日日曜日
場 所   南足柄中学校グラウンド
ここがポイント   南足柄中学校をメイン会場に、盆踊り大会、金太郎力自慢大会、金太郎パレード、みこしパレード、よさこい踊りなど、メニュー盛りだくさん。
問      足柄金太郎まつり実行委員会(南足柄市商工観光課内)
電話 0465-73-8031

イベント名 大井町よさこいひょうたん祭
日 時   8月6日土曜日・7日日曜日
場 所   大井町役場周辺
ここがポイント   華やかに飾りつけられた、けやき通りとメイン会場で、1000人を超える踊り手が、「よさこい踊り」で真夏の夜を盛り上げます。
問      大井町産業観光課電話 0465-85-5013

イベント名 すすきまつり
日 時   8月25日木曜日
場 所   仙石原隣接野外ステージ
ここがポイント   月明かりとすすきを楽しみながら、子供囃子や歌謡ショーなどが行われます。  
問      箱根町観光協会 電話 0460-5-5700
 
イベント名 まつだ観光まつり・あしがら花火大会
日 時   8月27日土曜日
場 所   松田町・酒匂川町民親水広場
ここがポイント     町指定文化財大名行列、御輿、和太鼓演奏、百八ッ火と、開成町と合同の花火大会
松田町観光協会
問     電話 0465-85-3130
2005/07/17(Sun)


サボり(笑)
2005/07/16(Sat)


 オイラのかーちゃん(母親)が手術をしてから1ヶ月が経ったさ。 この前、睡眠薬と痛み止めを主治医さんと相談した上でやめたんだけれど、そのおかげで寝ぼけ状態から脱し、今は体力が戻るのを待つだけの状態になったよ。

 しっかし肝臓が悪い人は迂闊に薬も飲めないんだね〜。 酒なんて御猪口一杯でかなり酔うし、毒素が分解されにくいから、なかなか前の状態に戻らないさ。 今回だって睡眠薬を抜くだけだから、一般人なら1日で抜けるのに、5日以上もかかってしまったぜ。

 まあ、後は食って歩いて、5分程度の散歩出来るぐらいの体力になったら退院だろう。 恐らく今月の末かねぇ。
小田原にて

2005/07/15(Fri)


 今日は小田原地方の盆の入りだ。 オイラも自分は無宗教のくせに、こういう家の行事はしっかりやる事にしているんだよね。(笑) そんなワケで、午前中から墓参りに行き、タワシで墓石洗ってきたよ。

 ところでさ、マメに墓参りに行って掃除している割に、墓石が結構汚れるんだよね。 例えば苔が薄く付いたり、鳥のフンが乗ってしまったり、落ち葉が溜まったりするのよ。 んだからさ、毎回タワシで洗ってキレーにしてくるんだけれど、段々と毎回力を入れて洗うのが面倒になってきたので、今日は車用のフッ素コートを塗り込んできたよ。(笑)

 感覚で言えば、親父殿とジーちゃんのカラダにワックス縫ってしまうよーなイケナイプレイの気分なんだけれど、フッ素コートすれば苔も鳥フンも落ちやすいし、何よりも酸性雨で御影石が酸化してボロボロになるのを防げるさ。 やっぱし墓石も劣化するからな〜。(^^;

 でさ、まーそんな墓石メンテナンスが終って、寺に挨拶して帰ってきたら、そのすぐ後に家へ盆の檀家廻りの坊様が来てお経をあげてくれたぜ。

 それから夕方になってオガラを家の前で燃やし、フッ素コートの香のする親父殿とジーちゃんが、家に戻ったのを想像した今日であった。
小田原にて

2005/07/13(Wed)


またまたいかーん!サボり。(笑)
2005/07/12(Tue)


おっといかーんサボりだ。(笑)
2005/07/11(Mon)


 主治医さんと相談して、一昨日からかーちゃんの睡眠薬や痛み止めの量を調節して貰っている。 その為、ここ数日、目に見えて薬ボケが改善されている。 やっぱりここ最近の状態は薬のせいだったんだな〜と実感したよ。

 ところでお盆が近付いてきたさ。 あーそうそう、小田原では新暦ではなく旧暦でのお盆が一般的なのだ。

 んでさ、今日はお盆の準備で色々なものを買ってきたよ。

 お盆で揃えるものは小田原の場合、真菰(まこも)・キュウリの馬・ナスの牛・蓮の葉っぱ・鬼灯(ほおずき)・オガラの箸・オガラ・金色の仏花・生花だ。

 詳しくはお寺のサイトを各自参照してもらうとして、まずは真菰っていうスダレをしたに敷き、その上にその他の品物を並べる感じだ。

 ところでさ、なんでお盆にキュウリの馬とナスの牛を飾るか知っているかい? あーそうそう、あのキュウリやナスにオガラか割り箸の足を刺して作るアレだ。

 オイラが聞いた所によると、「お盆で帰ってくる先祖の家までの道は、馬に乗って急ぎ足、帰りは牛に乗ってのんびりと」という、迎える人達の気持ちを表したものだそうだ。

 でもさ、何故蓮の花の器にナスの茹でたものを盛るかはオイラは知らない。(笑) とりあえずこの時期はナスが美味いんで、「良いトコ」を先祖に食わそうってな理由なんだろうか・・・。 うーむわからんち。

 まあ、そんなこんなで今日、ちょっと早いけれどお盆の準備が出来たよ。
小田原にて

2005/07/10(Sun)


 夕方から強い雨が小田原では降っている。

 相変わらず雨の音が好きなオイラは、何をする訳でもなく車に乗り込んで、夜の街に出てみた。(笑)

 初めはそんな軽い気持ちだったんだけれど、近年まれに見る豪雨となっていて、大雨洪水警報も出ている状態でさ、久々に雨降りを堪能したよ。

 それがさあ、ワイパーの一番早いヤツを使わなければ前が見えないレベルでね、珍しく道路の所々が冠水して、後五時間ぐらいこの雨が降れば、小田原の低い地域では床下浸水になるかも知れない感じだったよ。(オイラの家は小高いのでヘーキ)

 もう今は雲が切れて雨が一旦上がったんで大丈夫だと思うんだけれどね〜。
小田原にて

連絡 メンバーズの個別ディレクトリのみ更新。 入室は個別IDかゲストアドレスで入室出来るように変更。

記録 自分の個別ディレクトリの内容を更新
2005/07/09(Sat)


 最近、髪の毛が伸び気味なんで、ゴムで縛って仕事をしている。

 元々オイラは短髪や刈上げのよーなサッパリした状態が好きで、今のように伸びる事はないんだけれどさ、今年は何だか伸ばしてみたい気分なのだ。(笑)

 しっかしさ、やっぱり髪の毛が伸びてうざったいんだよね。 襟足は縛っていないと暑いし、前屈みになると顔が髪の毛でくすぐられて痒い。 オマケに毛量が多い上に剛毛だから、密度が暑苦しすぎる。 あー薄毛の人にちょっとだけ分けてあげたいぜ。

 髪の毛が伸びたら、とりあえず江戸時代のチョンマゲを試して写真でも撮るベぇ。(笑) んで気が済んだら一気に切って爽やかヘアーになろう。

 へ?いやいやでっかいアフロはやらねえって。(爆笑)
小田原にて

2005/07/08(Fri)


 七夕なのに書き忘れちゃった。(笑)

 小田原は夜になって雨でさ、織姫と彦星は会えなかったみたいだ。 まあ、違う土地の空は晴れているだろうから、小田原待ち合わせ以外で会っただろう。(笑)
2005/07/07(Thr)


 契約栽培で買っている米農家から、今年もお中元でサクランボが届いたよ。 もうそんな時期なんだね〜。

 そんなワケで早速今日の食卓に並んだんだけれど、やっぱり佐藤錦は美味しいねえ。 半パック分もバクバク食っちゃったよ。

 痛まないうちに食べちゃわないとイカンな〜。

 ところでこのサクランボの種、ヤッパリ捨てる気分にならず、とりあえず植木鉢に蒔いてみるつもりだ。(笑) 確か、サクランボって発芽率が極端に低い上に、秋に蒔いて発芽するのは来年の春って話だ。 まあダメ元で冷蔵庫に入れて疑似休眠させてみようかな〜。
小田原にて

PS.メンバーズサイトのデザインを結局元のモノに戻した。 パスワードも古いモノが使えるようにしたのでヨロシク。
2005/07/06(Wed)


 久し振りの息抜きに、たまにはパチンコなどをしてみようと思い、近くのパチンコホールに行ってみたよ。

 オイラのパチンコ打ちは、ダウジングの振り子を使って出ると感じた台を打つというオカルト的ヒキョーなやり方なのだが、今回は手ぶらで出掛けていた為、五円玉を髪の毛で吊して台を探し、打ち始めた。(笑)

 今回打った台はニューギン社の「CRデンセンマン」だ。

 この台は、リーチがかかると昔懐かしの「みごろ食べごろ笑いごろ」のキャラクターが登場し楽しいアクションが繰り広げられるというモノらしく、あらまあ懐かしやと思ったオイラは3000円投資してみたさ。

 まあ初めて打った台だし半年ぶりのパチンコだし、どんなアクションするかどーでも良かったんだけれど、暫くしてスーパーリーチがかかり「タッチセンサーを沢山叩け」みたいに出たんで、ワケも分からず32分音符が演奏出来るぐらいのリズムで連打してみた。

 そーしたらさ〜何だかワケも分からないままにデンセンマンが出てきて、そのまま確率変動の大当たりとなったんよ。 「やりぃ!」ってなモンでそのまま打ち続けて連続五回大当たりとなったさ。

 しっかしこんな風に大当たりする事があるからパチンコ依存症の人って止められないんだろうね〜。

 オイラの場合、前にも書いた事があるけれど、昔、現金に換えられる景品を配達する会社にいた事があるさ。 その時にパチンコがトータルでは勝てないように出来ているって気が付いたんで、それ以来、年に数回時間調整にしかやっていないんだわ。 オマケに振り子で「出る」って反応する台に座っている。(笑)

 今回もかーちゃんの見舞いの時間調整だったんで、5箱出したトコロでサクッと帰った。 基本的にパチンコは「勝ち逃げ&滅多に打たない」が勝つ秘訣なのだ。 連続で行くなんてナンセンスだな。(古い言い回しだな^^;)

 さて、鑑定仕事すっかな〜。
小田原にて

PS.今回はパチンコで勝ったのに景品にしてこなかったんで、恒例の「パチンコ戦勝プレゼント」はないのよ。 ゴメン。 前は電子レンジとかデジカメとかをパチンコ景品で取ってプレゼントしてた事をすっかり忘れてたよ。(笑)
2005/07/05(Tue)


 ヤヴェ〜!やばかったのよ。 実はついさっき急に「プツン♪」とPCの電源が落ちて起動不能になって、モノスゲー焦ったさ。 スイッチを押してもウンともスンとも言わなかったのだ。

 まず疑ったのは電源。 電気を供給する部分が駄目になってしまった場合、当然電源が入らない。 まずはPCのネジを外して本体ケースを開けてみた。

 しかし、箱を開けてみた所、マザーボードにあるダイオードが点灯していたさ。 電源が壊れている場合、当然この部分は電気がつかないので、電源ユニットとマザーボードが壊れていないのが判ったさ。

 その次に疑ったのがCPU。 例えば何らかの原因で温度が上がりすぎてしまった場合、今回のような落ち方をする場合が多いんだわ。

 まずはファンカバーとファンを外したらさ、判ったよ原因が。 どうやらCPUを冷やすファンとクーラーの間の部分に埃が沢山巻き込まれて溜まった事によってCPUが熱暴走し、安全機構が働き電力供給がストップされたらしい。 とりあえず掃除機の最強パワーで吸い、歯ブラシで掃除して終了。 

 でもさ、問題はこれだけで終らなかったさ。

 とりあえず電源は入るようになったものの、画面に怪しげなメッセージが・・・・。

「Missing operating system」

 要はウインドーズが何らかの障害によって起動しないってヤツだ。 これが出て画面が止まる。 オイラはウインドーズの回復コンソールをインストールしていて、その画面まで辿り着ければチェックディスクが出来るんだけれど、そこまでも辿り着けなかった。

 多分、急に落ちた事によって何らかの異常が起きたに違いないと思い、ハードディスク破損の可能性を考えた。 しかし回復コンソールまで辿り着かない限り確認しようがないさ。

 とりあえずあがいてみようと思い、ウインドーズのインストールディスクを挿入して再起動。 CD-ROMの中に入っている方の回復コンソールを起動する事が出来たと同時にハードディスクが壊れていない事が確認出来た。

 とりあえず回復コンソールに「chkdsk c: /r」と打ち込んでみる。

「一つ以上の異常の為、作業は終了しませんでした」
(正確な文句は忘れた・笑)

ひょえぇ〜!!

 そうなのだ、回復コンソールが効かないのだよキミタチっ!

 しかし、オイラは青くなりながらも慌てず騒がず煙草を一服し、落ち着いてから回復コンソールに最後のコマンドで「fixboot」と打ち込んでみた。 このコマンドは、何をやっても上手くいかない時に、最後の望みとしてウインドーズの起動領域をリフレッシュするものだ。 今回の場合、機械的には何処も壊れていなかったんで打ち込んでみた。 コレで駄目だったら、ウインドーズを修正再インストールするしかないっ!

 しばらくして画面には文字が出た。

「ターゲットパーテーションはCです。
 新しいブートセクタをパーテーション C: に書き込みますか?


 迷わず「y」を押してEnter。

「スタートアップパーテーションシステムファイルはNTFSです。
 新しいブートセクタを書き込んでいます。」


 暫くして文字が出た!

 「新しいブートセクタは正しく書き込まれました。」

おお〜っ!!やったぜ!

 そう、起動領域のリフレッシュが出来たのだ。 恐る恐るリセットスイッチを押した・・・。

ピポッ♪

 画面はドンドン切り替わり、「ようこそ」の文字が・・・!!

よっしゃ!!復活っ!
あーよかった(笑)


 いやー、久々に焦ったぜ。 原稿データも無事だったし良かったー。
小田原にて

2005/07/04(Mon)


 今日はかーちゃんの見舞いに行ってきたよ。

 一昨日の日記で書いたんだが、かーちゃんが薬酔いしているってのがあったじゃん? でさ、今日は状況がちっと好転してきたのよ。

 まあ、好転したっていっても、ただ単に薬が抜けてきて、薬ボケが残ってはいるけれど段々と意識というか会話がハッキリしてきたさ。

 これまでは、まず病室に行ってヘベレケになっているかーちゃんの入れ歯をイキナリ引っこ抜いて洗い、水でうがいをさせてから入れ歯を突っ込んで、そっから噛み合わない会話をしてから洗濯物を持って帰っていただけって感じだったんだけれど、今日は歩行訓練に付き合って、その後に呂律が回らないながらも、ある程度ちゃんとした内容の会話も途切れ途切れに出来るようになってきたさ。

 これでもっとメシが食えるようになれば、メシ代わりの点滴が引っこ抜けて、意識は通常に戻って、それからは2週間弱で退院出来るンだけどね〜。

 しっかし肝臓に病を抱えるってのは、ちょっとした手術でもないのに回復にはこんなに時間がかかるんだね〜。 まあゆっくりやるべぇ。
小田原にて

PS.メモ(笑) テグジュペリ・虹・ドワーフピーチ・・・
2005/07/03(Sun)


やべっ! 自分の誕生日なのに日記を書き忘れた。(笑)
2005/07/02(Sat)


 今日は埼玉にあるかーちゃんの親戚から伯父さんが見舞いに来てくれたのよ。

 小田原駅で待ち合わせて、それから病院に行ってかーちゃんを見舞い、それから二人で連れ立って寿司店に攻め込んでから、小田原土産を渡してトンボ返りで帰っていったさ。 結構な強行スケジュールだったけれど、地物の寿司で喜んでくれたんで良かった。

 ところでついでにココノトコロの近況を報告しておこう。

 20日に一般病棟に移ったかーちゃん、そっから順調に復活すると思いきや、どうやら入院が伸びそうな状況なのだ。 とは言っても容態が悪化したとか怪しい病気が発見されたワケではないんだけどね。

 前にも書いたと思うが、ウチのかーちゃんはC型肝炎による肝硬変を抱えている。 この肝硬変、まあいわゆる肝臓が硬くなるってそのまんまなんだが、それに伴って色々な問題が起こるのよ。

 ウチのかーちゃんの場合、それが元で糖尿病になり、この前もあった静脈瘤になったり、それ以外にも肝臓の解毒作用が低下しているんだよね。 解毒作用を細かく日常生活に当てはめて言うと、例えば極少量のアルコール摂取でもモノスゲー酔っぱらったり、一般人には何の事もない薬が異常に効き過ぎたりしてしまうのよ。

 でさ、今回の手術の後にかーちゃんが「痛みで眠れない」って言ったんで、主治医さんが睡眠薬を処方してくれたんだよね。 そしたらさ〜、その薬が異常に効き過ぎちゃって、呂律は回らなくなるわ、正常な思考ではなく寝ボケ状態の思考みたいになってしまったのよ。 簡単に言っちゃえば認知症の老人のような状態さね。 レベルで言えば、泥酔状態って感じだ。

 そいでさ、意識がそんな感じだったんでメシが自分では食えなくて、この15日間、ひたすら点滴で栄養補給してきたのよ。 オマケにオイラが行っても寝言の話を呂律の回らない状態でするって感じで会話になっていなかったのよ。

 手術直後は、その睡眠薬が処方されていなかったんで、激痛にうめきながらも意識はしっかりしていたんだけれど、処方して貰ってからは、ウチの親父殿が癌の末期に、痛み止めの麻薬を処方されて使っていたのと同じ意識レベルになってしまっていたのだわさ。

 でさ、こりゃヤッパリまずいわなってワケで、その薬を28日から変更してもっと弱い薬を処方して貰ったんだわ。 今はそれで意識レベルが段々と戻ってきている段階なんだ。

 しっかしさ、こんな状況を毎日見ていると、肝硬変って恐ろしいなーと思うよ。 酒はコップ一杯で泥酔になるし、睡眠薬ごときで眠り病&認知症かと思うぐらいボケボケになっちゃうんだぜ。 毒素の強いものを誤って飲んじゃったりしたら、常人の1/5量で死んじゃうよね。 たかが僅かの睡眠薬で15日も棒に振るとは思わなかったぜ。

 まあ、疵が塞がる間に安静に出来たのは利点だけれども、メシは食えないんで点滴チューブが喉から抜けないし、筋力が無駄に弱ってしまったさ。

 で、今日の見舞いにの話に戻るんだけれど、伯父さんとオイラが行った所、一昨日と比べたら格段に意識レベルが戻ってきていたさ。 一応ほろ酔いって感じだ。

 一時は肝性脳症や脳血栓を心配したり、このまま認知症老人になってしまうんじゃないかと覚悟したが、何とか安心出来るレベルになってきて良かった。 流石にオイラでもバーちゃんとかーちゃんの二人を介護するのは、出来るとは思うけれど物理的に困難だもんなあ。^^;

 多分、来週ぐらいになったらボケ状態から復帰して、呂律は回るようになるだろうし、起きていながら寝言を言わなくなるだろう。(笑)

 ボケボケの時なんて、スゲー変な事言ってたもんなあ。「看護婦さんが全員北条五代祭りに行ったので居ない」とか「アンタ誰?」とかさ、心配したってばよ。

 しっかし早く薬が抜けてくれない事には食欲が湧かないし、メシが入っていかないから体力が戻らないし、正常な思考も出来ないだろうさ。 まあ、ちょっと遅れたが半月プラスで復帰するかな。
小田原にて

2005/07/01(Fri)

My Diary Version 1.21
[ 管理者:FOOL 著作:じゃわ ]