トップに戻る
過去日記ログ
他の月を見る


FOOL's Diary
占い師のぼやき(^^;


(2006/03)



静かに、

そして淑やかに、

夜桜が咲く。



その短き命を知りつつも、

春の風にゆられ、

雅な香りを放つ。



その花は、

幾度も季節を知らせ、

一夜の夢に誘い、

そして狂骨の幻を詠う。



さくら、

さくら、

さくらは咲く。

人々に酔夢を抱かせながら。

2006/03/28(Tue)


 庭の枝垂れ桃もテラスのドワーフピーチも順調に開花している。

 多分、今日の雨が止んだ後は一気に暖かくなり、全ての蕾が開花していく筈だ。 部屋から見える桜の染井吉野も一気に綻んでいくだろう。

 多分、関東南部の主立った桜の名所では、4/1、2と酔っぱらいが大量生産され、夜中までカラオケと笑い声が響き、下手をすればネクタイは鉢巻きとなり、割り箸を鼻に突っ込んでドジョウを掬う姿まで見てしまいそうだ。

 うーん、花見にいきてえなあ。
小田原にて

2006/03/23(Thr)


 家の側の桜が開花し始めたので、もしかしたら長興山の枝垂れ桜も咲き始めているんではないかと思いさっき行ってみたんだ。

 勿論、咲き始めたって程度なので、まだライトアップもしておらず、シャッターをバルブ開放し、手に持った懐中電灯で全体に光を当てて無理矢理写真を撮ってきたよ。 開花の初期って感じで、まだ綺麗とは言えないかもね。

 小田原城のお堀では、ライトアップはしているけれど開花が始まった程度で、やはり鑑賞にはもう少しかかりそうだ。

 多分、小田原の桜は、今週末の3/25-26に小田原城二の丸広場で予定されているかまぼこさくら祭りの頃に三分咲きで、4/1あたりが実際には見頃になるんではないかと思う。
小田原にて

2006/03/21(Tue)


 やべっ!^^;

 ここ二日ばかりの間、ドメイン更新の隙間に入ってしまったよ。(笑) ドメイン更新の隙間とは言っても、ただ単に更新料金を払い忘れていたってアホなコトなんだけどね。^^;

 最近、英文の宣伝メールとかが多いんで、メールソフトを日本語以外の言語のメールがゴミ箱に入る設定にしていたさ。 そーしたらトンガ王国からくるものまで弾かれたらしい。 いかんなぁ。

 あ、そーそー、話は変わるんだけどさ、オイラのウチにあるドワーフピーチが咲き始めたよ。 去年、この木を爆安特価で買ってきた時は、実は販売しているうちに勝手にもぎ取られ、樹液が痛々しく流れる木だったけれど、一年のうちにその傷も癒え、また綺麗な桃の花が咲いたよ。

 この桃という植物、魔物を追い払う力があると古くから言われ、弥生時代に中国から渡来したんだよね。 同時に桃の節句などの伝わったんだとさ。 今では桃の節句はひな祭りだけれど、伝来当時は魔除けの祭事だったらしい。 多分、桃の果実や葉に含まれる薬効成分が霊力があるとされて、「魔を払う」と言われるようになったんだろうね。

 秦時代の桃の節句に習って、白酒に花びらを浮かべて呑むってのも風流でいいなあ。
小田原にて

2006/03/20(Mon)


 久々にZUBROWKAが呑みたくなって、酒店を回って探してきたよ。

 この酒、いわゆるウオッカの中にズブロッカという香草が入っているシロモノなのだけれど、まさに至福の酒なのだ。

 水割り?カクテル?オンザロック? んなモンは、この酒にとっては邪道だ。 ただ、霜の付いた酒瓶とショットグラスだけがあればいい。 他には何も要らない。 ドボッと目分量で2オンスだけグラスに注ぎ、呑まずに胃に放り込む。 氷のように冷えているはずなのに、胃の中で炎に変わる。

 あーうめぇ。 つーコトで、今日の鑑定はしない。(笑) 予約だけね。

 そーいえば、オイラ界では普遍的とも言える酒の呑み方ってのがある。

 バーボンはストレート。
 シーバスリーガルはオンザロック。
 日本酒はぬる燗。
 ガビ・デ・ガビはブルーチーズと一緒にガブガブと。
 洋メシにはロゼワイン。

 そして、
 ズブロッカはダブルショット。

 別に意味なんて無い、オイラ界でのオハナシ。
 でも旨いんだコレがさ。
小田原にて

2006/03/16(Thr)


 先々週、1月23日の日記で週刊Myロボットを買い始めたって書いたのを覚えているかい? 実はこの前の土曜日に、2号と3号が同時に小包で届いたんだわ。(定期購読者には2冊ずつ抱き合わせ発送するらしい。)

 既に一号を組み立てていたオイラは、餌を貰う鳥の雛のよーに、早速がっついて組み立ててみたよ。 向こうのサイトにある「パーツ」をみて貰えば分かる通り、6号で初めて頭部が完成するってユックリな段取りで、中には「6号で使うのでとっておいてくれ」と説明されているネジ4本なんてものまでもあり、頭部完成までの間に部分パーツの箱が積み重なってしまいそうな予感がしている。(笑)

 大きい箱を使って、その中に全部入れておけばいいのだろうけれど、細かいパーツがわかりにくくなると嫌だし、そのままの箱に入れている。 そーいえば子供の頃にプラモデルを作った時も、パーツが無くならないように箱の中で作っていた気がする。

 あの頃はファーストガンダムのプラモデル(略してガンプラ・笑)が全盛で、近くのプラモデル専門店で行列に並び、やれズゴックだリックドムだと手に入ったプラモを喜び、プラカラー(塗料ね)をコレクションして、まるでプロモデラー気取りだったっけな。^^;

 ガンプラ以外にも、当時のスーパーカープラモデルやミリタリーもの、果てはラジコンを組み込むものにまで手を出した記憶があるよ。 オイラは人物モノは好きではなかったんで、フィギュア方面はやらなかったけどね。(笑)

 そういえば大きい「戦艦ヤマト」のプラモデルに無理矢理ラジコンユニットを組み込んで、小田原城のお堀に浮かべて操っていたら遠くに行きすぎて制御できなくなり、コイの鰭に攻撃されて沈没してしまったみたいなコトもあったっけ。^^; 

 しっかしこういう組み立てものって、なんつーかノスタルジックな部分をシゲキするなぁ。
小田原にて

2006/03/15(Wed)


 庭にある薔薇コーナーを整備したのに伴って、薔薇のアーチも作り直してみたよ。

 これまでの薔薇のアーチは、園芸用の支柱を門型に組んで、小さいトレリスと針金で補強する形だったんだけれど、今回は藤棚作成の時にも使った矢崎化工のイレクターで頑丈に作ってみたよ。

 フェンスのコンクリートブロックにコンクリートドリルで穴を開けてアンカーを埋め込み、パイプスタンドを螺子で固定してから180pの支柱を立て、120pのパイプを渡してエルボ部品で組み、ダイソーで買った60pのトレリスを付けてまたもや門型に。 本来はこのようなアーチ型に作るのが常識だし格好いいけれど、予算とスペースの関係でシンプルな形になったさ。

 まあ実際、園芸用の針金で主要な枝を支柱に結んで、上に行ったらトレリスに絡めていけば、葉っぱでボリュームも出るし、いい感じになっていくだろう。 一応それまでは造花のツルバラを巻いて寂しく見えないようにしておけばいいべ。(笑)

 でもさ、アーチのもう片側にはオイラの好きなシャガが植えてあるからバラが植えられないんだよね。 多分整理して植え込んでも、ブロック陰の場所だから湿気も多いし元気に育たないだろうしなぁ。 ちょっと離れたところに時計草でも植えて、2年計画で強引に引っ張ってこようかなあ。
小田原にて

2006/03/13(Mon)


 おぉぅ!やべぇ!またもや日記を書いていなかった。(^^;)

 まあ、日記を書くとは言っても、別に大したコトを書くワケでも無く、ただ単にオイラの個人的な毎日を適当に書き殴っているだけなんだけれどね。

 そういえばこの日記も、書き始めたのは1998年で、所々データ消失で虫食いとなって抜けているんだけれど、まあ、何だ神田の明神下(By銭形平次の曲3番)で8年も書いている。 今の文章構成力も大したコトはないんだが、初期の頃の日記なんて、読んでいるとそれこそ赤面してしまうような文体で、下手すれば穴を掘って永遠に抹消してしまいたくなるよーなものもあるよ。

 しっかしさ、この日記って「占い師のぼやき」と書いているわりには、8年経っても占いの話題は一切書かず、ボケはあるがぼやくコトも思わないので、オイラのアホ気味な日常というか、ただの日記なんだよなぁ。^^; 

 でもさ、ココで腐れ事を書くのは同意を求めているみたいで嫌だし、そもそもオイラの中では愚痴も悩みも存在しねぇ。^^; そういえば友人の占い師が「君は相撲で例えると、土俵ごとうっちゃるタイプ」とワケの分からん例えで言われたぐらいで、どーでもいーと思うコトは多い。(笑) なんだかなあ。

 まあ、いいか、日記もボチボチ書くさぁ。(笑)
小田原にて

2006/03/12(Sun)


 今日は買い出しと庭の手入れをしていたよ。

 庭の手入れと大げさに書いてはみたが、ただ単に芽吹き前の庭木の剪定と消毒って感じなんだけどね。

 去年、オイラは庭に枝垂れ桃とブルーベリーとブドウを植えたんだわ。 でさ〜、今の時期に防虫や消毒を兼ねて薬を散布するって本に書いてあったんだわな。 季節も「啓蟄」(※1)だしね。

 去年、棚仕立てにした藤も、去年、棚を覆う位に伸び、花芽も出来たみたいなので、今年は花が咲くんではないかと思っている。 あれが全部葉っぱだったら悲しいな。 同じ棚に誘引している葡萄も今年はもっと伸びてくれればいいなあ。

 そういえば今日、照手水密桃の花芽が膨らんでいるのを発見して嬉しくなったよ。 去年の収穫は三個だったけれど、今年はいくつ採れるのかな。
小田原にて


※1.けいちつ・暦の二十四節気のひとつで、3月6日頃・地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、草木が芽吹く と同時に地上へ這い出してくるという意味
2006/03/09(Thr)


 今日の昼、モスバーガーが唐突に食いたくなった。

 食いたくなったと言っても、店に入ってベンチで待つ・・・ってのが面倒に思えたので、わざわざ7qも余分に遠くまで車で走り、ドライブスルーへ入った。

 うーん、オイラって・・・^^;
小田原にて

2006/03/08(Wed)


 昨日の続きだ。

表題:風林火山・山梨イチゴの陣 (2)

 イチゴ狩りでオーラを消費した一行は、とりあえずハラを減らす時間を作って日頃の疲れを癒すため、その近所にある日帰り温泉へ向かったさ。

 露天風呂にじっくり浸かり、「うえ〜い♪」ってな感じで茹で蛸状態。 「あー日本人は米のメシと風呂だよなあ。」ってなコトを漠然と考えた。(笑)

 今回同行した女性メンバー達は、どうやら足つぼマッサージやゲルマニウム温浴を楽しんだらしい。 オイラもやってもらおうかと思ったが、結局、ロビーにあったマッサージチェアと足つぼ自動指圧器で済ませたよ。

 そんなこんなでリフレッシュしたオイラ達は、次の目的地へ移動した。

 山梨・・・そう、甲斐の国なのだよ。 甲斐の国といえば、イエスッ! そーそーそのとおり武田信玄なのだ。

 オイラ達一行は、山梨に来たらココしかあるまいってコトで、武田神社に来たワケよ。

 こう、何というか、時代劇好きなオイラのココロをシゲキする空間とでも言うべきか、ま、兎に角、あの武田信玄なんだわな。

 一瞬、最近伸ばして髪をチョンマゲに結って、鎧具足をフル装備で写真撮影してしまおうと考えたが、信玄公がハゲにしていたのを思い出し、時間もなかったので断念したよ。(笑)

 ところでさ、ココの神社には獅子舞のおみくじがあるんだよね。 お金を入れると、獅子が舞っておみくじをくれるんだわ。 他にも売店には、風林火山のロゴの入った色々なグッズが売っていて、一瞬、軍配を買いそうになってしまったよ。(買わなかったけど・笑)

 今回、武田神社では宝物殿に風林火山の旗(レプリカではなく実物ね)が展示されている期間だったらしく、オイラもしっかり拝んできたよ。

 その後、遅い昼食をとり、オイラは箱根越えで帰るってコトで現地解散となったさ。

 帰り道、夕暮れの富士山が綺麗でさ、イチゴも沢山食ったし、武田神社も行ったし、満足な遠出だったよ。

<<おわり。>>
小田原にて

PS.あほな雑記にも天災いやいや転載済み(笑)
2006/03/07(Tue)


 やべっ。^^;

 原稿の締め切りに合わせて追い込みをしてから、山梨へとイチゴ狩りに行ってきたんだけれど、何だかんだで無意識に日記を書き忘れていたよ。(笑)

 そんなワケで、今日の日記は昨日行ったイチゴ狩りの日記なのだよ。

表題:風林火山・山梨イチゴの陣

 そうなのだ。

 とうとうこの日がやってきたのだよヤマトの諸君っ!

 そんなご大層にデスラー風なセリフで力を入れて言うほどでもないのだが、今年もまたイチゴ狩りの季節がやってきたのだ。

 そんなワケで、イチゴ狩りの企画がいつもの仲間内で出たので、オイラも原稿を必死で書き、時間調整をしてこの日に臨んだのであった。

 朝、4時に起きて準備し、車に乗り込んだのは5時だった。 一応「起きた」とは書いたが、原稿追い込みの関係で、寝床に入ったのはその30分前だったので、基本的には寝ていない。(笑)
どこかに出掛ける時って、家を早く出たりする事が多くて、前日から眠らないで行く事が多いんだよね。^^;

 そんな事はどーでもいーとして、兎に角、高速道路と一般道を軽く走り抜け、待ち合わせ場所に向かったのであった。 今回の待ち合わせは、行き先が中央道近辺なので八王子駅前。 伊豆や静岡方面だと、待ち合わせは小田原近辺なんだけれど、こっちの方が都合が良かったんだわ。 んで、到着してすぐに全員が集まったので、すぐに出発となったのであった。

 途中、中央道の初狩パーキングエリアに寄り、休憩をかねて軽い買い食いタイムとなった。 その後にイチゴを攻めるという都合上、ここでは腹の虫を押さえる程度しか食わないのは、当たり前だのクラッカーである。 基本的に今日のオイラの胃を満たすものは、イチゴなのだよイチゴ! じゃがベーくんなんて目じゃねえって。(笑)

 そんなワケで一行は、軽食と打ち合わせを済ませ、第一の目的地である山梨県立考古博物館へと向かったのであった。

 実は今回、早く現地近くに移動できてしまったら、ここの古墳公園で暇を潰そうと相談してたのよ。(笑)

 この古墳公園、結構でかい古墳があって、その周囲にはお弁当を食べられる芝生の広場もあり、憩いの場って感じの雰囲気だった。 茂みに何か動物が・・・と思ったら、木で出来た鹿・・・だと思うオブジェが沢山・・・。^^;

 でもさ、広場はデケーし、古墳の上は眺めがいいし、朝の時間って事もあって空気は清々しく、気分は良かったよ。 これでフリスビーとかボールとかがあったら結構楽しめるかも知れないね。 多分、遠足のコースなんだろうなあ。

 古墳にヒーハー言いながら登り、眺めをタンノーした一行は、時間も丁度いい頃合いとなったので、今回の目的地、イチゴ狩り農家「いちご館・窪田」へと向かったのであった。

 実はこのイチゴ狩り農家さん、立ったまま楽な姿勢でイチゴをGETして食いまくれるという、畝(うね)作りではなく高設栽培っていう棚栽培をしている農家さんでさ、なかなかいい仕事をしているって感じなのだ。

 写真を見てくれれば分かる通り、イチゴは中空に浮いていて、普通の畝作りのように黒いビニールの上に置かれているって感じではないので清潔な感じがした。 どうやら車椅子やベビーカーなどにも対応したバリアフリーの作りとなっているようで、小さい子供を連れた家族も多かったよ。

 飢えたオイラ達は、ハウスに入ると係員のオッちゃんの説明を左から右へ素通りさせ、兎に角、イチゴをロックオン! オッちゃんの合図でイチゴの海へ飛び込んだのであった。

 兎に角、喰う。 ひたすら喰う!

 喰う!喰う!喰う!喰う!喰う!喰う!喰う!

 基本的に喰う!

 それはまるで武田信玄の軍団のよーに、風林火山だ。 疾く喰うこと風のごとく、静かに喰うこと林のごとく、棚を侵略して喰っていくこと火のごとく、棚の前から動かざること山のごとし!(笑)

 イチゴ目・・・そう、イチゴ眼だ。 喰いまくっていた間、オイラ達全員の眼はイチゴの形になっていた。 脳みそは無く、頭蓋骨にはイチゴジャムが詰まっていたに違いない。 とにかく喰った。

 ん? 練乳? そんなモンは邪道だ。 イチゴハンターには練乳はイラン。(笑) 最後の方で口が飽きた時に使えばいいのだよキミタチっ!

 そんなこんなで、二列の棚を食い尽くし、ガックリうなだれたイチゴ農家のオヤジを尻目に、オイラ達一行は次の目的地へと向かったのであった・・・。

 <<以下、まだまだ執筆中。続きはまた明日書くよ>>
2006/03/06(Mon)


 スーパーへ買い物に行ったついでに、ひな祭りって事で甘酒を買ってきたよ。

 実はオイラ、甘酒は好きで、寒い時期には森永のフリーズドライのものをたまに飲んでいるんだ。 正月も氏神さんへ初詣に行くと振る舞われてて、寒い中に飲むのって嬉しいんだよね。

 今回スーパーで買ってきたのは、山高味噌の甘酒で、ちょっと濃いめで作って飲んでみたよ。 名のある酒造の酒粕から作った甘酒ではないところがちょっと不満だったけれど、これはこれで美味しかった。

 今度は酒造の酒粕を買って作ってみようかな〜。
小田原にて

2006/03/03(Fri)


 最近、インターネット電話スカイプに、一般加入電話の着信サービスが始まったようで、オイラもその番号を取得してみたよ。

 この電話、いわゆる一般加入電話からパソコンに電話を掛ける事ができるサービスで、音質はイマイチだけれど、結構使えるんではないかと思うのさ。

 これまでは携帯電話に掛けてもらうって事で、皆さんに電話料金負担をしてもらっていたが、これからは携帯電話もインターネット経由の電話もOKになるんで、依頼してくれる電話代も少しは安くなるんではないかと思うんだわ。

 そんなワケで、今までの電話番号080-5077-7706以外に、新しい番号も宜しくね。

 050-5532-6012

 ちなみにPC前にオイラがいない場合は、携帯に電話してくれればOKだよ。(PCの部屋に移動するか、予約をその場で受ける)
小田原にて


スカイプ サイト連動テスト

My status
My status
※スカイプをダウンロードしてからこのボタンを押せば、オイラと話せるよ。(笑)
2006/03/01(Wed)

My Diary Version 1.21
[ 管理者:FOOL 著作:じゃわ ]