トップに戻る
過去日記ログ
他の月を見る


FOOL's Diary
占い師のぼやき(^^;


(2006/11)


 11月もとうとうあと僅かになり、小田原にも冬の気配がしてきたよ。

 あ、そうそう、屋上のウッドデッキは予算(小遣い)と仕事の都合で工事を一旦止めているんだけれど、そろそろ予算も貯まるし、動いても暑くならない季節になったし、来月には再開してもいいかもしれない。

 もう既に床を支える根太の骨組みは完成し、後は床になる板をどんどん張っていくだけなんだよね。 

 そういえばこの前、実は屋上焼き肉を試しにしてみたんだわ。 ウチの場合、屋上ってコトで火を使いたくなかったのでモチロンホットプレートだったんだけれど、屋上でやる焼き肉はなかなか気分が良かったよ。(笑)

 多分、冬に屋上が完成したら、あそこの温室小屋の中で、電気暖房を効かせてカセットコンロかホットプレートでヤキニクをして、ハンモックで昼寝が出来るだろうな。
小田原にて

2006/11/27(Mon)


 最近、大根などの野菜が供給過剰となり価格が暴落し、農家では畑に植えたまま耕して潰してしまったり、引っこ抜いて捨てたりするようなニュースがテレビなどで流れている。

 オイラは言いたい。

 てめぇら馬鹿か?

 別に供給過剰となるぐらい作ってしまう農家に文句を言っているのではない。

 オイラはこのてのニュースが報道される度に思うんだよね。 何でドライフードにして発展途上国に援助しないかな?とさ。

 いや、確かにコストはある程度かかると思うよ。 でもさ、自治体や政府が音頭を取って金を出し、その余った野菜を原料として確保してフリーズドライし、貧しい国に送ってやれば、無駄が無くせるし、生産者が丹誠込めた作物が、貧しい国のヒトを死なせないようにする食料になるんではないだろうか。

 さっきも大根畑がトラクターで潰される映像がNHKで流れていた。 農協だか全農だか知らないが、こんな風に潰されるぐらいだったら切り干し大根にして保存して援助団体を介してアフリカなどの貧しいところへ送れよ。

 再度言う。

 てめぇら馬鹿か?

 この前「もったいない」を宣伝していた国のすることは、こういうコトでいいんだろうかね。
小田原にて

PS.電話鑑定の最後に依頼人にいつも御願いしているコトなのだけれど、これを読んだ君、コンビニに行った時に、レジのトコロにある募金箱へその金で日清のカップヌードルが原価で何個買えるか考えながら募金してみてくれ。 世界の何処かで貴方のお金が食料になり、飢餓に苦しむガキンチョが、何人か数日間生きられる筈だ。
2006/11/24(Fri)


 勤労感謝の日の今日、オイラは普段の自分を自画自賛でねぎらうってコトに勝手に決め、久々にゴーカな食事というかランチへ行ってきたよ。

 豪華、とは言っても基本的に小市民的な食事が好きなオイラは、小田原にある釜飯「相州鳥ぎん」で鳥玉釜飯ランチ城セット¥1280を食った程度なんだけれど、久々に他人の作った釜飯を食ってチョット嬉しかった。(笑)

 オイラの家では、釜飯は炊飯ジャーで炊かずに土鍋や一人用の陶器釜で炊くんだけれど、基本的に市販の釜飯の素は使わず、出汁だけ作ってから様々なその時に冷蔵庫にある具材を盛り沢山に入れて、それから最後にゴマ油を入れてから炊くさ。

 時には鳥牛豚、時には魚介、そんな感じで釜飯は冷蔵庫にあるものを片づける役に立っている。(笑) この前に自分で作った時は、余っていた乾燥椎茸と油揚げと山菜、オマケで牛蒡ゴボウと人参でシンプルな釜飯を炊き、その上に冷凍焼けした合い挽き肉を甘味噌で乾煎りしたものを乗せてから卵を割り入れて蒸した。(ちょっとコッテリ釜飯・笑)

 そんな風に釜飯が好きなオイラだけれど、やはり美味しい料理店に行って、他人様の作ってくれたものを食すと、後片づけをしなくてよいというスパイスが働くせいか美味い。 釜の底に残るオコゲをパリッと食う瞬間は至福だと思ってしまうよ。

 しっかし良かったなぁ、釜飯。 また食いに行こう。
小田原にて

2006/11/23(Thr)


 ナニゲにやったスナフキン度チェック、オイラの結果は・・・

(下にスクロールしてくれ。)

















 【結果】あなたのスナフキン度は 91%でした。
     あなたのスナフキン度は最高レベルです。
     しかし、かなり嘘をついているようですね。
                          」


 91%って・・・・○| ̄|_
 しかも嘘っていったい・・・・(TT)
小田原にて

2006/11/22(Wed)


 小田原駅前へ買い物に行ったついでに、久々にフレッシュネスバーガーへ寄ってコーヒーを飲んできたよ。

 最近は、そういう意味でヒッキーというか、まあ、つまりは外食産業へはあまり行っていなかったのだ。 行けばつい、高カロリーのものを間食してしまったりするんで、こういうファーストフードは避けていたのよ。 

 カウンターでクラッシックダブルバーガーなんちゅー極悪な大きさのメニューに、穴の空くよーな睨みを効かせて長考をしたが耐え、結局、頼んだのはブレンドコーヒー。

 うーん、あのメニューは、オイラにとってまるでセイレーンの歌声か悪魔の囁きであったさ。(笑)

 しっかしさ、やっぱり外で飲むコーヒーは自由な匂いがするよ。 家で飲むルピシアの紅茶は落ち着いて、ドライブに行った峠や海で飲む缶コーヒーは吐息と一緒に憂さを吐き出し、出先で飲むコーヒーは一息をつかせてくれる。 グルメな美味しさってワケではないし、ただ単に手軽な味だけれど、そんな飲み物っていいよね。
小田原にて

2006/11/20(Mon)


 16日の日記で新しいデジ亀(?)のハナシを書いたところ、友人や読者からの誘惑メールが一斉に送られてきた。(笑)

 その大半は「買え!買え!買ってしまえぃ!」となっていて、中には「買ったら私のヌード写真を・・・」という過激なアブノーマルギャグを書いてきた友人(男)まであったよ。^^;

 へ?いやいや、オイラは至ってノーマルに、恋愛は異性しか眼中にありましぇん。(笑)

 しっかし迷うな〜。^^; と言いながら、毎日価格.COMで最安値をチェックしてしまうオイラであった・・・。
小田原にて

2006/11/18(Sat)


 最近、カメラ販売店に行くと、妙に気になる商品があるのだ。

 それは少し前に発売されたCanon EOS KissデジタルXっつーイチ眼レフのデジカメなんだよね。

 これまで、600万画素のCanon EOS 10Dと300万画素の携帯電話を併用して写真を撮っていたんだけれど、そろそろ1000万画素のデジカメが欲しくなってきたトコロにコレが発売され、店に行く度に18-200のデジタル専用レンズとセットでオイラをユーワクするのだ。

 今、オイラのココロの中では白い鳩の羽のオイラと黒い尻尾と蝙蝠の羽のオイラが戦いを繰り広げている。

 うーん、ホームページを作るぐらいなら300万画素のケータイカメラで十二分なんだけれど、やっぱし新製品っていいよなあ。 買っちゃおうかなあ〜。
小田原にて

2006/11/16(Thr)


 友人が急いだ調子で電話をかけてきやがった。

 その血相を変えたよーな話っぷりにオイラもたじろぎ、詳しくフムフムいいながら聞き込む。 友人のハナシによると、どうやら肩が重く、体中も痛み、霊が取り憑いたのではないかという事だった。

 オイラは基本的に安易に霊感商売をする輩はキライだし、それをウリにするのではなく、友人のまともな占い師に言わせれば「超現実的な占いをする占い師」だそうで、オカルトは見た事はあるけれど、害がなければ口に出さない。

 今回の電話のヌシは、普段から付き合いのある友人なワケで、一応キタローアンテナ(笑)も立ててみたんだけれど、いつもの左半身のみ鳥肌なんて感覚があるワケではなく、至って平穏な状態であった。

 そんなこんなでピン♪とキタ〜!

 オイラは何気ない調子を装い、世間話に持ち込み、前日の行動を聞き込んだ。

〜〜 30分後 〜〜

 薬局では、肩凝りの湿布薬とタイガーバームを買い求める友人の姿が、防犯カメラの映像に捉えられたらしい・・・。



 お前さん、ソイツは霊ぢゃねぇよ。 前日にゲーセンで1時間もやった「太鼓の達人」のせいぢゃねぇかな・・・。
小田原にて

PS.そもそもオイラは霊能者ぢゃなくて占い師だって(爆)
2006/11/13(Mon)


 8日に書いたよーに、木枯らし一号が吹いたので、ベランダにある寒さに弱い植物を、部屋の中に取り込んだよ。

 今回取り込んだのは、トケイソウ四種(アメジスト、フォエティダ、インセンス、エドゥリス)、ジャポチカバ、ペピーノ、ガジュマル、ウツボカズラ、シークワーサー、キヨミオレンジ(実生幼苗)、デコポン(実生幼苗)なんだけれどさ、一気に部屋の中のグリーンが増えてしまったよ。(笑)

 屋上には温室を兼ねた小屋もあるから、ある程度そっちに霜除けすれば越冬する植物を入れて済まそうかなと考えている。

 確かに小田原は、レモンと同程度迄の耐寒性のものであれば、霜除けすれば平気な気候だし、キダチアロエが軒先に地植えになってジャングルを作っている家がそこら中にある。(オイラの家のキダチアロエも年に一回半分にしないと庭の水道場に行けない・笑) 一応霜は降りる事もあるが、朝の光が当たっただけでソッコーで消える。 雪が降った次の日に、その痕跡すらなかったり、部屋のサッカープレコ(熱帯魚)は、無加温の水槽で元気に泳いでいたりする。

 そう言えば今年は、エルニーニョ現象が起こっているそうなので、暖冬になるんではないかってニュースで言っていたなあ。
小田原にて

2006/11/12(Sun)


 何気なくYahoo!ニュースを読んでいたら、はらたいら氏が死んだとの訃報が出ていた。

 「はらたいら」氏といえば、「巨泉のクイズダービー」のハッパフミフミ最後は倍でドン!更に倍!の、「はらたいらさんに全部」ってな具合なワケで、篠沢教授に1000点で、三択の女王は竹下恵子だったってなコトは置いといて、子供の頃楽しんだクイズ番組に出ていた回答者である。

 うーん、個人的な付き合いがあったワケではなく、ただ単に子供の頃観ていたTV番組の回答者さんが死んだってコトなんだけれど、何となく寂しさを感じてしまうのはオイラだけだようか・・・。
小田原にて

PS.この場を借りてはらたいら氏のご冥福をお祈り致します。
2006/11/10(Fri)


 屋上にあるトケイソウを霜が降りる前に植え替えてみたよ。

 これまでは6号鉢(直径18p程度)に植えてあったんだけれどさ、耐寒性が強い品種とはいっても、屋上で冬越しするには明らかに小さい気がして、今日、ダイソーで大きめの鉢を買ってきたんだよね。

 今回買ってきたのはパーム半円鉢ってヤツで、ほら、椰子の繊維で作ってあるよーな、エコロジーっぽいアレだわな。

 んでね、買ってきて早速植え替えたワケなんだけれど、鉢からトケイソウを引っこ抜いてビックリ、根詰まりまではいかないけれど、根っこがグログロに張り巡っていて、凄かったよ。

 考えてみれば、庭の方に地植えで植え込んだ株は、1mも離れたところから新芽が出るぐらい根が張っているし、トケイソウって本来は強健な品種なんだねえ。 そーいやあ屋上と庭のカエルレアは耐寒性も-15度だモンな。(笑)

 11月になったし、いくら暖かい小田原とはいっても、そろそろ半耐寒性品種や熱帯品種は部屋に仕舞う準備をしようかな。
小田原にて

2006/11/08(Wed)


 占い原稿仕事の合間に、海沿いにあるパーキングエリアへ行ってきたよ。

 砂浜を少し歩いてテトラポットに腰掛け、ボーッと海を眺めていたら、釣り船が遠く奔っていくのが見えた。

 手に持っていたのは煙草と缶コーヒーで、胸一杯まで煙を吸い込み、二酸化炭素の穏やかな効き目で休息をとった。

 何故、ここの海に来たくなるのかは自分でも判らないけれど、いつもここに来て海を眺めている。

 釣り竿を振っている人や、犬を散歩させながら歩く人、波打ち際で遊ぶカップル、いつもの風景があり、ここの海はいつもここにある。

 景色が良いわけではない。 ただ、海なんだよね。
小田原にて

2006/11/05(Sun)


 11月になり、段々と年末が近づいてきた気がしたので、とりあえずカレンダーを作ってみたよ。 作ったとは言っても、ただ単にPDFファイルでデータを作っただけで、印刷所で刷ったワケではないんだけれどね。

 一応ダウンロード出来るようにしておくんで、必要としてくれる人は適当に印刷して使ってみてくれ。(笑)

 あ、そうそう、今回のは魔法のタロットで使っているオリジナルタロットカードを適当な順番に並べた絵柄なんでヨロシク。

 次は写真素材で作ってみようかな。
小田原にて

オリジナルカレンダーダウンロード(ZIP圧縮)
2006/11/04(Sat)


 小田原のチョット山奥にあるざる菊園に行ってきたよ。

 ここは毎年、自分のウチの庭へ沢山のざる菊(一つ一つが直径1m程)を飾り、みんなを楽しませてくれる所なんだよね。

 この近くには小田原フラワーセンターもあって、今日はそこに行ったついでに寄ったんだけれど、沢山のざる菊が所狭しとレイアウトしてあって、壮観な眺めになっていたさ。

 ここではざる菊の販売もやっていてさ、実は去年、かーちゃんが買ってきた鉢が家にも数鉢ある。(笑) 流石にココのようにメーターサイズには育たなかったけれど、それでも大きなざる菊が、家の前を飾っているよ。

 しっかしさ、これだけ集まるとスゲーよなぁ。
小田原にて

Yahooニュース記事
2006/11/03(Fri)

My Diary Version 1.21
[ 管理者:FOOL 著作:じゃわ ]