トップに戻る
過去日記ログ
他の月を見る


FOOL's Diary
占い師のぼやき(^^;


(2006/12)


 2007年の運勢・占い 受付中(^^)

 受付期間:2006/12/17(今日)〜2007/01/15まで
 鑑定時間:19:00〜26:00ぐらいの辺りで(笑)
 鑑定料金:通常と同じ
 電話番号:080-5077-7706 通常と同じ

 この期間中、恋愛や仕事やその他の通常鑑定も変わらずやっているのでヨロシク。(笑)

 尚、2007年の占いの時は、総合・金運・恋愛運・仕事運・その他の運気の流れや、それをもっと良くしていけるようなアドバイスが山盛りで入るのは例年通りだ。(笑) 初詣等のアドバイスも出来るので、何でも聞いてみてくれ。 

 ここをクリックして依頼のページへ!(詳細はこちら)

 今夜でとうとう2006年も終わる。 思い返してみれば、今年は色々な事があったなぁ。

 ゴールデンウイークには肺炎で入院してしまい、花畑を二回も見てしまったし、その他にも沢山の出来事が起こった。

 まあ、「起こった」とは言っても、「ほうほう、そーきたかっ!」って程度に楽しんでしまった感があるんだけどね。(笑) まあ、流石に肺炎の時は、花畑を見た瞬間に一瞬焦ったけれど、「いかーん!」と後ろに飛んだら軽やかに現世にかえってこれたので「まあ、いっかぁ」ってなモンだろう。

 自分での占いによると、来年も面白い年になっていくようだ。

 オイラにとっては旅また旅、気分は「松尾芭蕉か山下清か」ってなイメージで、愚者の属性そのままに、日々に起こる出来事を遊んでしまうんだろう。

 愚者のカードは、タロットカードという課程を旅する者を示している。 オイラも愚者で居る限りは、芭蕉のように「日々旅にして旅を栖とす」なのかも知れない。
2006年大晦日の小田原にて

2006/12/31(Sun)


 年末恒例の台所や神棚の大掃除も終わり、後は正月を待つばかりとなったよ。

 そんなこんなでやっと落ち着いてきたんで、今日はネコを膝の上で渦巻きにさせながら、LUPICIA5522を飲んでいる。

 はあ、フレーバーティーっていいよねぇ。
小田原にて

2006/12/30(Sat)


 最近使っていた椅子ってのが、中古で買ってきた事務用品のやつでさ、オイラの体躯に規格が合わない感じだったので、思い切って捨てる事にしたのよ。

 でね、昔使っていた事務用の椅子を倉庫から引っ張り出し、座面と背の布を張り替えてみたよ。

 普段、原稿を書いたり占いをしたりするこのただの椅子、高いものってワケではないけれどオイラ界では結構重要でさ、前はプレジデントチェアとか使ってみたり、今でも良さそうな椅子が売っていたら座って感触を確かめてみたりしているんだけれど、なかなか自分に合う椅子が見つからないさ。

 どっかにオイラの腰にフィットするような良い椅子を売っていないかなあ。

 そういえば今回はこんな色の余り布があったんで、これに張り替えてみたんだけれど、この布ってダイソー@100円だから、多分一年で毛玉になっちゃうんだろうな〜。
小田原にて

2006/12/29(Fri)


 夕方から年賀状の作成に取りかかり、22時になってやっと印刷まで終える事が出来た。

 毎年この時期、今まで来た年賀状を見ていると、この人はどうしているだろうかとか、この人は何処に今居るんだろうみたいな気持ちになってくる。

 そういえば、ここ数年、近しい友人だったA君と連絡が付かない状態になっている。 正月に連絡が取れなかったら、ちょっと探してみようかな?
小田原にて

2006/12/28(Thr)


 暮れが段々と近づいてきた。

 そんなワケで、オイラは氏神さんで神棚に祭る天照大神さんと松原神社さんと火之神さんと年神さんのお札を貰い受け、スーパーで荒神さんと水神さんを買い、ついでに商工会議所で県民共済に入院特約を付けてきた。(最後のは関係ないが・笑)

 うーん、年末だなあ。 
小田原にて

2006/12/27(Wed)


 日本各地で低気圧が発達した今日、小田原でも雨となり、夜中になって雷が鳴り始めた。

 どうやら小田原近辺にも数発落ちたようで、稲妻が空を奔るのが何度も見えた。

 こんな時、家のネコはというと、オイラの布団の中に勝手に潜り込み、ブルブル震えながらじっとしている。 うーん、そういえば小田原市海上花火の時も、こんな風に潜り込んで震えていた。

 オイラは大丈夫だという風に撫でながら抱き上げてみたが、まるでアルマジロのように丸くなって硬直し、耳は寝て、不安そうな目でオイラに縋り付いてきた。

 きっと彼女(ネコね)の中では、あの風の袋を持った風神様と太鼓を叩く雷神様がイメージされているに違いない。 いや、もしかしたら猫は魔性というし、ウチのネコも15歳で猫又になる手前なので、雷精が隠していない臍を探して飛び交う姿が見えているのかも知れない。

 うーむ、しっかし、そこまでビビらんでもええやねん。(笑)
小田原にて

2006/12/26(Tue)


 メリークリスマス!

 オイラの家にサンタが来た。

 今回のプレゼントは、魯風人のクリスマススペシャルディナーコースだったんだ。

 サンタさん(実は魯風人の社長さん・笑)、どうも御馳走様でした。 この場を借りて、感謝致します。

 ハッキリ言って、スペシャルコースは美味かったです。 魚介の前菜、肉の前菜で椅子に縛り付けられ、魚のメインで眼が真ん丸になり、タンシチューで理性を狂わされ、サラダで一息ついた後に、松花堂風デザートでイッてしまいました。

 これを読んでいるみんな、オイラは久々に食う事で満足したのよ。 腹がいっぱいなのに、美味くて無理にでも詰め込んでしまいたくなるほどの美味い料理ってのはいいぜぇ〜。

 と、まあ、そんなワケで、皆さんの家にも、サンタが配達に行きますように。 ふう、満足満足。(^^)
小田原にて

 スペシャルサンクス 「西洋料理箱 魯風人

FOOLより、御馳走への感謝を込めて。
2006/12/25(Mon)


 段々と暮れも押し迫り、今日は部屋の大掃除に取りかかったさ。

 家具をどかし、裏に隠れているホコリを掃除機で吸い取り、換気扇を外し浸け置き洗いしたり、机の上にあった占いの資料や書籍を本棚に整理した。

 普段から掃除はしている方なので、そんなにはヤヴァイ大掃除をしなくても良いのが幸いだが、本棚の後ろに落ち込んでしまって無くしたと思っていた本や、整理している時にたまたま出てきた昔のクリスマスカードなど、過去の遺物など発見してしまうと、つい、読んでしまう。

 うーん、こんな日記を書くなんて、もう年末なんだねえ。
小田原にて

2006/12/24(Sun)


日記はサボり(爆)
2006/12/23(Sat)


 撮り溜めたままで肥やしになっていた写真をギャラリーへアップしてみたよ。 よかったら見てね〜。

Photograph(6)
小田原にて

2006/12/22(Fri)


今日の日記はサボり(笑)
2006/12/21(Thr)


 数日前に買ってきた「ザ・テレビジョン」だけれど、通常の番組の案内が多く、ケーブルテレビ系の案内や解説が少なかったので、また新たに「デジタルTVガイド」を買ってきた。

 い、いや、つ、つい衝動的にというか。(^^;

 最近は携帯でもワンセグ機能が付き、車で移動中でも綺麗な画像を見る事が出来るようになり、オイラとテレビ君の親密度は飛躍的に上がっている。

 もしかしたら、数ヶ月後にはテレビと一緒に抱き合って寝ていたり、テレビ画面に向かって話し掛けていたり、テレビに背中を流して貰ってしまうというのは暴走妄想だが、テレビの録画ファイルがハードディスクにたっぷりと溜まり、「二進も三進も(にっちもさっちも)どうにもブルドック、ワン♪」ってな具合になってしまうかも知れない。

 ま、まあ、今の段階でも、鑑定が終わった後にビデオを編集し、DVDに焼きながら眠るって状況で、ハードディスクの残量を気にする日々になっているけどね。(笑)

 しっかしさ、パソコンで録画するのって便利なんだよね〜。 多分今度の正月は、録画三昧になってしまいそうだ。(笑)
小田原にて

2006/12/20(Wed)


 つい最近、オイラが「まともな占い師」と評価する友人からとても驚くような話を聞いた。

 某、まっとうな占いをする占い師が所属する気骨あるスタイルを維持してきた占い会社が、とうとう今流行の「霊感タロット・スピリチュアル」などのアヤシゲ系の波に飲み込まれ、悪魔に魂を売ってしまったとのハナシだった。

 その某会社、仲間の占い師の間では、エセ霊感に走らないまっとうな占い師が所属するとの高評価を得ていたが、最近、売り上げが伸びなかったのか、社長の気持ちか経営方針が変わったのか、とうとう禁断の領域へと入り、背骨だったモノを失ってしまったと、オイラにその話をしてくれた友人は言っていた。

 オイラ的にもその会社に対する評価として、「まともな占い会社なんだなあ」と思っていたものが、一気に地面に落ちてめり込み、「あーそーなんだ」と思う位置まで下落した。

 オイラはその会社に所属していたわけではないが、人に勧める事が出来る占い会社が減ってしまったコトはとても悲しい。

 なんだかなあ。 儲からないってコトは、魂まで売るコトに繋がってしまうんだろうか?

 オイラは基本的にはフリーの占い師。 義理があるところだけに絡んで外注を受けるだけで、普段は一匹狼的に個人電話鑑定のみをやっている。 勿論、そのスタイルは儲からないが、幸い、長期間やっている御陰か、長期スパンの顧客がつき、一人につき、年に数度の鑑定をしてくれれば詐欺的な手法を使わなくともまっとうな占いで家族を養っていけるだけの土台を得る事が出来た。

 しかし、この「目指せ真っ当な占い師!」を確立する課程では、霊感があると自称してしまっている人々の攻撃を多数受けたり、あまりに儲からずパン耳を一週間食ったなんてこともあった。(今でもパン耳は美味しくて食うが・笑)

 別に自分がそうだからといって人に強制するわけではないけれど、「あぁ、そうか」とガッカリしてしまうというのは悲しいモノだね。

小田原にて

2006/12/19(Tue)


 暮れも押し迫った今日、市内の飯泉観音でやっていた達磨市へ行ってきたよ。

 でもさ、行ってみたはいいけれど、もう撤収作業の真っ最中で既に店は畳まれていて、肩透かしを喰らってしまったよーな感覚を覚えたオイラは、ヤサグレた気分でしょーがなく吽仁王像をデジカメで撮影してきたさ。

 うーん、いつもだと午後に行っても、何とか達磨さんが並んだ姿があったんだけど、今年はスバヤク撤収してしまったようだ。

 残念。
小田原にて

2006/12/18(Mon)


 とうとうこの時期がやってきた。

 あーそうそう、年末恒例のアレ、つまり、この時期しか観ない占い項目を解禁する時期が来たのだ。

 この日記を普段から読んでいるような、ウチのサイトへ頻繁に出入りする人なら知っているとは思うが、オイラは「〜〜運」的なモノは、この時期以外には殆ど占わない。 「切ったら血が出て、食ったら美味しく、現実に則した実質的でリアルな占い」を目指すオイラは、占い師が原稿を書く為に作ったよーなジャンルの占いは実際の鑑定では殆どせず、依頼人個々にカスタマイズした「その時必要な占い」をしている。

 しかし、年に一度、この年末の時期は別なのだ。

 通常の鑑定に加えて、来たる新年のスタートダッシュとなれるような、特に開運を意識した「2007年の運勢」を観る事で、依頼人さんの今後の勢いを加速させようという意図で、この時期だけ限定でやっているのだ。

 そんなワケで、今回も今日から行くぜ!


 2007年の運勢・占い 受付中(^^)

 受付期間:2006/12/17(今日)〜2007/01/15まで
 鑑定料金:通常と同じ
 電話番号:080-5077-7706 通常と同じ

 この期間中、恋愛や仕事やその他の通常鑑定も変わらずやっているのでヨロシク。(笑)

 尚、2007年の占いの時は、総合・金運・恋愛運・仕事運・その他の運気の流れや、それをもっと良くしていけるようなアドバイスが山盛りで入るのは例年通りだ。(笑) 初詣等のアドバイスも出来るので、何でも聞いてみてくれ。 

 ここをクリックして依頼のページへ!(詳細はこちら)

2006/12/17(Sun)


サボり(笑)
2006/12/16(Sat)


 ブックストアへ文庫本を買いに出掛けたんだけれど、数件回っても見つからず、果ては隣町の大きなブックストアにもなかったので、諦めて帰ってきたよ。

 地理的には東京に近い位置にある小田原、配本などは発売日に店頭に並ぶか、遅れてもその次の日ぐらいには並ぶんだわ。 あー、少年ジャンプやヤングマガジンで言えば、月曜にコンビニエンスで売っているって言えば判りやすいか。

 そんな小田原でも、欲しい本が人気のないジャンルとか、発行部数の少ない出版社とか、営業力の弱い出版社だったりすると、時たま後回しにされ数日入荷が遅れたりするんだわ。

 今回もブックストアの仕入れ担当者が後回しにしたのか、それとも配本が遅れたのかで入荷せず、結局、全然違う本を買って帰ってきたよ。

 しっかし、たかが本を探すのに5件もブックストアを回ってしまったってのも・・・何だかなあ。(笑) まあ、代わりに買ってきた本も面白かったし、半分はドライブ気分だったんで、いいかな。(^^)
小田原にて

2006/12/15(Fri)


今日の日記はサボり(笑)
2006/12/14(Thr)


 もう年末が近づいてきたので、近所のコンビニエンスストアでザ・テレビジョンを買ってきた。 あーそうそう、毎年この時期だけは面白い番組を見逃すまいとこういう雑誌を買ってくるんだよね。 

 オイラ的に正月近辺は、占い家業が年中無休状態なので、TVの決定的瞬間モノ・特別ドラマ・冒険モノ・オカルトモノ・観たかった映画・バラエティとかをたっぷり録画してビデオやDVDかPCのハードディスクに残しておき、鑑定の合間にポテチでも食いながらユックリと観るってのがここ5年ぐらいの定番なのよ。

 そういえばここ10数年、今年肺炎で入院した以外に24時間何もしないような休みを取った記憶がない。 沖縄の離島に出掛けた時も鑑定依頼の電話への予約応対はしていたし、泊まりで出掛けた時も受付は欠かさない。 携帯電話をぶん投げて日帰りで出掛けた場合も夜には原稿を書いたり鑑定をしている。 正月は前に働いていた会社も飛び石休日だったし、専業占い師になってからは、休んだ事がない。

 うーむ、こりゃーイカン。 いかんよ俺。^^; 来年こそはもっとテッテーテキに遊ばなきゃなあ。
小田原にて

2006/12/13(Wed)


 今月は何だかんだと入金され、そして何だかんだと買い物し、何だかんだと仕事が忙しい。 やっぱり師走だからなのだろうか。

 そういえば、ここ数年から現在に至る流れをタロットで言うと、悪魔に魅入られたよーな期間と塔が崩壊したよーな揺り返しが過ぎた後、星の瞬きが見え、月が揺れ動き、その後、現在の太陽の光が水平線から射し始めた感じだ。

 愚者の旅は、魔術師から世界に至ると言われているが、それに見事、そのまま乗っかっているってのも笑える気がするよ。
小田原にて

2006/12/12(Tue)


 いつも画像の管理と編集に使っているフォトショップエレメンツを2.0から5.0へアップグレードしてみた。

 このソフトは、それまで分かれていたフォトショップエレメンツとフォトショップアルバムが統合された「素人用写真総合管理加工ソフト」っていう感じになっていて、今まで二つのソフトを使っていたオイラとしては、凄く便利になった気がするよ。

 今までエレメンツとアルバムの二つのソフトを立ち上げて作業していたものが、一つだけ起動すればよくなったワケで、PCの負担も軽減するし、最新バージョンのデジタルカメラ特有のRAWファイルを現像出来る上に、画像の整理が楽なのは変化がないので良いさ。

 カメラにも、純正のオマケでこの手のソフトは付属してくるんだけれど、オイラ的には写真の整理が使い難いし、細かい画像加工はやっぱりフォトショップが一番慣れているし、使い易く感じてしまう。 サイトで使う画像も、撮って保存した時に名札を付けておけばすぐに呼び出せて加工まで出来るし、整理したものも見易いんだよね。

 まあ、導入初期段階で膨大な量の写真データを整理して名札を作った時には参ったが、一回できてしまえば便利な事この上ないって感じだよ。
小田原にて

2006/12/11(Mon)


 ロビンソン百貨店に行ってきたよ。

 まあ、行ったからと言っても、買い物をしたわけでもなく、ただ単にショーウインドーを覗きに行っただけなんだけれどね。 スゲー混んでいてさ、最後に流したブックストアなんて、レジに長蛇の列だったから買う気が失せたよ。 やっぱり年末だねえ。

 ところでさ、今年の師走って何だか皆が焦っているような感覚がするんだよね。 うーん、浮ついていると言うか余裕がないというか、まあ兎に角、そんな感じを覚えるさ。

 こういう時って思わぬヘマをしたりし易いから、オイラも気をつけなきゃいけないな。(苦笑) みんなも風邪などの体調不良や注意力が散漫になってヘマこかないよーに気をつけてね。
小田原にて

PS. あーそうだ言い忘れていたよ。 年末恒例の占い企画だけれど、今年は12/17(22:00)〜1/15(26:00)ってコトでヨロシク。 詳しくは16日の日記で発表ね。(内容は去年と一緒だから、知りたい人は去年の12月の日記でも見てくれ)
2006/12/10(Sun)


 玄関にあるシャコバサボテンの紅い花が沢山咲いた。 思わずカメラで写真を撮ってみたよ。

 このシャコバサボテン、去年の花が終わった時期に剪定したら枝が沢山分化し、その枝の殆どに花芽がついたんだよね。

 そういえばウチには、この時期に花が咲く多肉系の植物が沢山あるような気がする。 庭では路地植のキダチアロエから花芽が伸びているし、部屋のアタマノヨクナルキ(カランコエの事ね)も紅い花の蕾を付け、玄関先のカネノナルキ(1mの大株)も蕾がモノスゲーある。

 これからの時期のオイラの家の庭では、花があまり無い時期になってしまい、山茶花と椿は咲くけれど、クロッカスやチューリップや水仙が咲くまで「パンジー、パンジー、ビオラ、ビオラ、パンジー、ビオラ」で繋ぎ、あとは四季咲きの薔薇が残って咲くぐらいでイマイチなんだよね。

 まあ、そう考えてみると、この時期の多肉系の花は重宝するかもね。
小田原にて

2006/12/09(Sat)


 そろそろ年末と言う事で、いつも使っていたタロットカードを新しいものに替えたさ。

 替えたとは言っても、何処かの誰かがオゴソカに言っているような無駄に超儀式的なタロットの扱い方ではなく、ウチの占い師養成講座に書いてあるアレだけどね。(笑)

 オイラの場合、年に平均5デック程度買って、汚れたり滑りが悪くなったら順次替えていくんだけれど、軽く”オカルト的に中身を摘み上げて新しいカードに載せ替える”風の儀式程度はするが、抜いたカード自体はゴミ箱直行か、ある程度美品だったら欲しがる人にあげてしまう。(どうせ抜いてあるし・笑)

 考えてみれば、このカードの中身(と言うのか判らないが)は、10歳の頃、初めてカードを手にした時から、カードを新しく買い替えるごとに”載せ替え”ている。 勿論、そういう風に自分界で信じ込んだ上で、それが移し替えられる想像を感触まで精神上で創り出しているに過ぎないが、まあ例え話で言えば、気分的には一台目の携帯電話のメモリーを今でも移し替えて使っているようなものというか、松本零士氏の銀河鉄道999で、機械のカラダのヒトが新しい機械のカラダに乗り換えるみたいな感じだ。(笑) その年月、28年。

 うーん、感慨深いなあと思う今日この頃である。(笑)
小田原にて

2006/12/08(Fri)


 携帯電話のTV機能を車でも活用したくなり、ダイソー@100円ショップで窓用ミラーフィルムと滑り止めシートを買ってきたよ。

 まずはミラーフィルムを10p角に切って運転席前フロントガラスの下方、つまり運転の邪魔にならない位置に貼り付け、その下に滑り止めシートを敷き、携帯電話をTVモードにして置いた。

 あーそうそう、フロントガラスに反射させて観るやり方だ。 よくこの位置に純正でスピードメーターとかが映る車種があるじゃん?アレの真似だ。(笑)

 一瞬、後付ってコトでビンボー臭くなるかなと思ったが、貼り付けてみるとそうでもなかったよ。

 コレを思いつく前にスタンドとか携帯電話ホルダーを考えたんだけれど、両面テープとかで貼らなきゃならないし見栄えも悪いってコトで却下になったさ。

 でもさ、コレならウインドーフィルムなので透過性があるし、ミラーフィルムってコトで反射も良好で画面も綺麗に見える上に前を走る車の下に映るんで前方不注意にならない。

 うーん、テレビいいねえ。 思わずテストで小田原市内を走り回ってしまったぜ。(笑)
小田原にて

PS.今日の写真は薔薇ドームを下から撮ったもの。 本文とは全〜然関係ないって。(笑)
2006/12/07(Thr)


 ここのトコロ、勢いづいて飛ばしていたせいか、風邪を引きかけていたさ。

 風邪を引きかけていたとは言っても、その初期症状が出た時点で、家にたまたまあった富山の置き薬を飲んで昼寝をしたら治ったみたいなんだけどね。^^;

 そういえば昨日までしぶとく枝にくっついて紅葉していた庭のヤマブドウの葉が、今日の朝には一気に飛んで無くなっており、小田原でも冬になってきたと実感したよ。 もしかしたら「今朝の風邪かも?」事件も、急に寒くなってきたからなのかも知れない。

 うーん、毛布を出しちゃおうかなあ。
小田原にて

2006/12/06(Wed)


 ホントは昨日行きたかったんだけれど、休みだったので今日、小田原フラワーセンターへ行ってきたのよ。

 まあ相変わらず新しいカメラを弄りたくて仕方がないんだよ。(笑) そんなワケで今日の日記は、カメラテスト続編だ。

 基本的に今日の本文は、カメラのハナシっぽくなるんで、写真だけ見て読み飛ばしてもいいと思う。(笑)

 今回の写真は、三脚ナシのオイラ界での手持ち撮影の限界って感じで、これ以上曇っていたら、オイラの三脚ナシ撮影技術ではピンボケになっていたと思う。(望遠撮影は手がプルプルするのだ・笑)

 ところでさ、このフラワーセンターって、見所は少ないんだけれど、オイラの好きなブルー系の熱帯睡蓮や紅花時計草、まあ当然温室なんで他の花も沢山あって、写真取りのテストやサイト用のカット画像を撮り溜め出来るスポットなワケよ。

 今日の小田原の天気は晴れ時々曇りって感じでさ、若干だけれども光量が弱かったんだわ。 でもね、試すのには丁度良くって、今日の用事の合間に行ってみたんだ。

 今回は無意味なテストショットなんだけれど、こうやってパシャパシャと撮っていくとさ、今まで持っていたEOS-10Dより明らかに画質がいいのが実感できる。 ホームページに使う写真って、200万画素でも十分使用に耐えるけれど、1000万画素で撮った写真を200万画素と同じサイズに縮小して比べてみると、明らかに「ピントも合ってハッキリしているのに滑らか」って言うか、角がギザギザしていない事に気付いてしまう。

 やっぱりいいねえ。 高いだけの価値があるよ。 買って良かったぜ。

 10Dのマグネシウムボディと比べてこのKissDXはプラスチックボディだから軽くて取り回しがいいし、今回一緒に買ったレンズも、キャノンのオマケ純正品ダブルズームと比べて一本で済むから便利だし、オイラの腕では高級レンズは使いこなせないから丁度良いみたいだ。

 あと、今回画像が緻密な1000万画素になった御陰で、写真屋さんの大伸ばしに耐える写真が撮れるようになった。 オイラの場合、殆ど自分のプリンターで印刷しちゃうんだけれど、これから先に良い写真が撮れたら、フジカラーの100年プリントにしてみようかな。(笑)
小田原にて

2006/12/05(Tue)


 昨日届いたEOSKissDX、相変わらず説明書を熟読する状態が続いている。

 今日は午後になってブックストアへ出掛け、この機種に関する本を探してみたってトコロが「オイラっぽい」と友人から言われる原因なのだろうか・・・。(苦笑)

 他にも「オイラっぽい」と言われた事例を挙げると、結構あるような気がする。

*車の免許を取った当時、車を買いに行くよりも先にmomoのステアリングを買いに行った。
*ウインドーズをアップグレードする時には、必ずそのリファイレンスを先に買う。
*どんなに空いているレストランや居酒屋でも電話予約してしまう。
*アホな事を聞くとハナゲが出てしまう。(笑)
*etc・・・。

 最後のヤツはどーでもいーが、つい、先回りしようとしてしまうコトを友人は面白いと思っているようだ。^^;

 いや、さ、でもね、誰かとメシを食いに出掛けて料理店や酒場の前まで行って休みだって知ったり、混み過ぎてて外で待たされるなんてダセぇじゃん。 リファイレンスだって先に買っておけば、突然起こる困った時に対応できるじゃん。 ステアリングは若かった頃だから我慢できなかったんだって。(爆)

 と、突然、言い訳してみたくなったオイラであった・・・。
小田原にて

2006/12/04(Mon)



18mm (28mm)

35mm (56mm)

50mm (80mm)

70mm (112mm)

100mm (160mm)

135mm (216mm)

200mm (320mm)
 悪魔の囁きを聞いた翌日、ビックリした出来事が起こった。

 そう、そうなのだよキミタチッ! 昨日頼んだカメラとレンズが即日出荷となり、こんなにもスバヤク届いてしまったのだ。

 ココロの準備もナニも出来ていない状態だったオイラは、朝に届けてくれた佐川急便のアンちゃんに、寝ぼけマナコ&うろたえた対応で判子を押したところを見られてしまったぜ。(笑)

 部屋にその荷物を運び込み、そのダメージから回復する為にコーヒーを飲んで待つ事10分、やっと普段のオイラが起動した。 まるでウインドーズを起動した瞬間に固まってしまったようだったぜ。(笑)

 そんなワケで残ったコーヒーを飲みながら梱包を開け、中からCanon EOS KissデジタルXタムロンAF18-200レンズの取扱説明書を取り出し、とりあえず熟読。 そう、オイラは先に調べてから弄る(いじる)タイプなのだ。 (笑)

 フムフムフーム♪と言ったか言わなかったか自分でも判らんが、眼をキラキラ輝かせていたのは間違いない。

 小一時間ほどかかり読了したオイラは、オモムロにレンズと本体をビニールより取り出して組み付け、取扱説明書と一緒に持って外に出掛けたのであった・・・。

 とりあえず向かったのは、あの豊臣秀吉が小田原攻めをする時に築いた一夜城跡だ。 やはり望遠レンズテストってコトで、ある程度開けたロケーションを使いたかったのよ。 まあ、今の小田原は写真を撮るには綺麗な町並みとは言えないが、とりあえずってコトでここにしたのだ。

 まずは普段スナップショット用に使っている簡易三脚を立て、広角側から目盛りを見ながら撮影していく。 このEOS-KissDXはAPSフィルムカメラと同じ画像素子サイズなので、18mmレンズとは言っても左写真の括弧(かっこ)の数字が実際のレンズ性能になるんだよね。

 ファインダーを覗き、徐々にズームアップしながら撮影してみた。(左写真ね) ズームレンズだから暗めに写るのは仕方がないが、コレは露出補正すればいいし、更にISO感度を上げたりすれば望遠側でも早いシャッターで撮るコトも出来そうだ。 オイラみたいに風景やポートレートを撮るには十分な構成なのかも知れん。

 これはマクロ接写撮影で更にクローズアップフィルター(+3)を使ってウエイト版の一番小さいサイズ(横幅46mmのサイズのカードね)を撮ったんだけれど、ピントも綺麗に合うから、こんな風に花の写真を撮ってもイケるかも知れない。

 しっかしこんなに早く来るとは思わなかったよ。 その御陰で今日一日楽しく過ごせたよ。

 オイラの場合、レンズの根本に取り付けて更に倍までズームできるエクステンダーを持っているから、実際には18mm(28mm)〜400mm(620mm)までの望遠撮影が出来る計算になる。 雑記バックスクリーン配布にある満月は、それを付けて撮っているんだよね。

 今回のカメラとレンズの組み合わせってさ、レンズ交換の手間とホコリ進入を防ぐのと、旅行とかで荷物を増やさない為に選んだんだわ。 だから今日はその感覚もテストしていたんだけれど、交換レンズを持って行かなくて良いってのはいいねえ。 これからも楽しめそうだ。
小田原にて

2006/12/03(Sun)


 昨日、携帯電話を買い換えたばかりなのに、買い物欲が収まらず、その先にある禁断の買い物へと手が伸びそうになっていた・・・。

 あーそうそう、先月のこの日記に書いたCanon EOS KissデジタルXタムロンAF18-200レンズのコトだよ。

 コレを書いている今現在、実はデビール♪ってな具合で「買ってしまうがよいっ!」と言うアクマのユーワクに負けそーになっていた。(笑)

 「えぇいっ!こんな時はカードに訊いてしまえっ!」
  ピロッ♪(カードめくる音)

 出たカードは悪魔・・・。(爆)

 さて、それを見たオイラはどうしてしまったでしょうか・・・。






























 はい、買いましたよ。(笑)
 ええ、買ってしまいましたよ。(笑)

 後悔もしないし、ローンでもないし、それを買ってもスッカラカンにはなりませんってな具合だったので、悪魔のカードを引いた5分後には、ネットバンキングで振り込みまで完了していたさ。

 買っちゃったねえ・・・。^^;
小田原にて

PS.届くのは月曜らしい。
2006/12/02(Sat)


 携帯電話の電池切れの早さに我慢が出来なくなり、とうとう新しい機種に買い換える時がキタのだ。

 オイラは車にスバヤク乗り込み、マッハGoGoGo!な加速で車を発進させた。 ナニがマッハGoGoGo!なのかと訊かれても、ただの気分ってダケで、別に象を飛び越えたり、チンパンジーを助手席に乗せていたり、ライバルが覆面レーサーなワケではないぞ。(笑)

 兎に角、一瞬のうちにauショップに移動し、店員のにーちゃんの顔を札束で56回叩いたかどうかは別として、W43Hなるワンセグケータイ電話をゲットしてきたよ。

 そうなのだよキミタチッ! 今回からケータイでテレビヂョンが観られるのだ。 い、いや、だからどうしたって言われても困るんだが、車や電車で移動する時や屋上のウッドデッキで寛ぐ時、逆立ちをしながらとか、海でオカリナを吹きながら(笑)とか、それだけテレビを観るかってコトとは全然関係なくテレビを観られる。

 しっかし最近のテクノロジーってのは凄いねえ。

 んなワケで、携帯電話をいじりながら意味無い日記を書いたトコロでアデュ〜。(笑)
小田原にて

2006/12/01(Fri)

My Diary Version 1.21
[ 管理者:FOOL 著作:じゃわ ]