トップに戻る
過去日記ログ
他の月を見る


FOOL's Diary
占い師のぼやき(^^;


(2007/06)


 急にビーフシチューが喰いたくなったので、今日の夕食で作ってみたよ。

 まあ、今回はデミグラスソースを作るまでは面倒だったんで市販のルーを使ったんだけれど、なかなか美味しく出来たよ。

 ウチの場合、カレー・シチュー・ポトフなどの洋風煮込み料理類はオイラだけが製作権を持っている。 理由は「オイラの得意技だから」という単純なものだ。

 時間があって、尚且つ気が向いたならば、カレーはスパイスのブレンドから入るし、ホワイトソースは小麦粉とバターを混ぜるし、デミグラスソースも赤ワインやセロリ他の材料から作ったりするんだけれど、今回はハウスのビーフシチュールーを使ったさ。

 今回の食材は、松坂牛スジ肉・キャベツザク切り1/4・オロシ玉葱・刻み葱・オロシショウガ・コンソメ・鰹節・椎茸スライス・ニンジン・ジャガイモ・トマト・チーズ・バター・チョコ・バジルって感じで、なかなか美味しく出来たよ。

 最近、こういう煮込み系に牛スジ肉を使うのがマイブームでさ、精肉店から超格安で仕入れてきて、青葱と生姜で煮て灰汁抜きして切ったものを1kgぐらい、いつも使えるように冷凍してあるんだわ。

 んでね、ビーフシチューに使う場合、圧力鍋に食材と水を入れ、沸騰させてから蓋をし、振り子が動いてから強火5分キープの、弱火30分、火を消して圧力が自然に抜けるまで放置して、蓋を開けてルーとバターとチーズを入れて溶かし、んで最後に30分弱火で煮込んで完成させると、スジ肉がとろける美味しさ@コラーゲンバッチコイモードとなるワケだ。

 しかしさ、何でこんなにもコッテリ洋風煮込みって美味いんだろうねぇ?
小田原にて

PS.麻はまだ早く勿体無い。安で持たせるか福で繋げ。
2007/06/29(Fri)


 昨日の日記の予告通り、今日は屋上温室内の水耕栽培システムを再構築してみたよ。

 再構築とは言っても、容器を変えただけというか、まあ、そんなに労力がかかっているワケではないんだけれどね。(笑)

 とりあえず今回使った材料は下記の通りだ。

 *198円プランター(2個)
 *58円ビニールパイプ(4m分)
 *アルミホイル
 *980円水槽用小型水中ポンプ
 *発砲スチロール板(黒)
 *キッチン用アルミテープ
 *ハイポニカ液肥



 上記図を見て貰うだけで簡単に作業工程は分かってもらえると思うので書かないが、プランターの周りにもアルミホイルを貼って遮光することだけ補足しておくさ。

 今回の作業時間15分であった。

 しっかし、安く出来る割によく出来ていると思うのはオイラだけだろうか・・・。
小田原にて

2007/06/28(Thr)


 最近日記によく登場する水耕栽培だが、今までのシステムを発展させ、新たなシステムに移行することにしたよ。

 これまで、屋上温室の中で水耕栽培していた植物は、ブドウとメロン(アンデルセン・マルセイユ・ニュー)とスイカ(タヒチ・赤小玉)なんだけれどさ、もう一歩進んだものにするべぇ〜ってコトで、水栓付きのプランター(15L)を二つパイプで繋げたものを作り、肥料もハイポニカに換えて、さらにはPHメーター(酸度計)とECメーター(溶液濃度計)をつかって本格的運用をしてみよーと考えているワケなのよ。

 実のトコロ、PHメーターは元々熱帯魚の水質検査用で使っていたし、ECメーターは数日前に手に入れているのだ。(笑) おまけにプランターは198円でホームセンターから購入済、ハイポニカ水耕溶液肥も既に購入済みだったりする。^^;

 まあ、んなワケで、材料もそろったし、明日そのシステムを作ってみるよ。
小田原にて

2007/06/27(Wed)


 フッ・・・冷蔵庫が調子いいぜ。

 イキナリのセリフが車田正美氏のコミック内で余裕カマしているヤツ風だというコトは横に置いて、兎に角、いい感じで冷蔵庫が稼動している。

 中身は当然、酒と水とアイスクリームと氷だけなんだけれど、スーパーとリカーショップで目一杯買い込んできた御蔭でミッチリ詰まっている。

 今夜もこの時間(AM3:00)から寝酒を一杯だけ飲んでいる。

 大きな丸い氷を入れたロックグラスに冷凍庫で瓶に霜が付くまで入れておいたズブロッカを2オンス注ぎ、一気に胃へ放り込んでベッドへダイブする計画ってヤツだ。 ハラワタ焼ける感覚を暫く楽しんでからウオーターチェイサーで喉を潤して寝るのはデフォルトで。

 と、いうワケで酔っ払いアデュ〜♪
小田原にて

2007/06/26(Tue)


 ウオーク・イン・クローゼットを整理してみた。

 あーそうそう、オイラ家の3階にはウオーク・イン・クローゼットがあるんだけれど、箪笥部屋として使うだけではなく、不用品を入れる倉庫としても使っていてさ、不用品が溜まってきたので整理をはじめたのさ。

 平均気温も高くなってきたんで扇風機を二台引っ張り出し、ついでにポータブル冷蔵庫を仕舞い込んで、最後に小型の冷凍冷蔵庫を出してみた。

 これまでオイラの部屋では、飲み物の保管にペルチェ素子式のポータブル冷蔵庫を使っていたワケなのだけれど、これがあまり冷えない上に排気口から温風を出し、結露しやすくて水が溜まるという悲しい仕様であったので、安い電気代に後ろ髪を引かれつつも、思い切ってチョット電気代が高くてよく冷えて氷も作れる以前に使っていた冷凍冷蔵庫の再登場となったワケだわな。

 まあこの冷蔵庫も月間27kwだから500円/月程度だし、我慢できる電気代範囲内と思うさ。(セコい^^;)

 でもさ、電気代って払う立場になってみると結構気になるんだよね。 その分多く仕事をしなきゃいけなかったり、逆に遊びに使える金が減ってしまったり、火力発電所で多くCO2を排出して地球温暖化を僅かに早めてしまうとかさ。

 前なんてオイラん家では、電気ポット三台の冷蔵庫二台と高いワット数の白熱電球が沢山あって、電気代が常に二万を超えていたんだよ。 知ってる? 電気湯沸しポットの魔法瓶じゃないタイプって冷蔵庫と同じぐらい一ヶ月の電気代がかかるんだよね。 つまりウチでは4台の冷蔵庫がフル稼働と同じ状態の上に、光交換率20%の白熱電球のワット数の高いものを使っていたのだわな。

 でね、気付いてから電球はなるべくLED電球や蛍光灯タイプに換え、沸騰ポットは魔法瓶や湯沸しケトルに換え、冷蔵庫はオイラの部屋の小さい方を仕舞ってみたら、月の電気代は一万を少し越えたぐらいになったさ。

 まあ、そんな生活を数年続けてきたんだけれど、部屋に氷の出来る冷蔵庫があるといいなぁ的な気持ちが強くなり、試験的に倉庫の隅の冷凍冷蔵庫を復活させてみたんだ。 多分、中に入るのは酒や麦茶のよーな飲み物がメインで、その他にはチーズとかの肴でさ、製氷室には氷とアイスノンになるはずだ。 場合によっては電飾用の通電タイマーを使って使用電気を小まめに切るようにしてみようと思う。(冷蔵庫は機密性と保温性が高いので、数時間程度なら温度変化が少ないのよ)

 まあ、どうなるかはこれからの結果次第だけれど、とりあえず稼動させてみよう。
小田原にて

PS.Yahooニュースを見ていたら、ビックリするほどアホな参議院選挙立候補の話が載っていた。

 元ペルー大統領のフジモリ氏ってありえなくねえ? これに出馬要請したオッサンの精神を疑うオイラであった。 もしこれが受かったら、ペルーとの関係は最悪になるし、そもそもチリやペルーで投獄されている人物が日本の政治のどうやって関われるのだろう? ODAを餌に超法規的な措置をねじ込むのか? そもそも元大統領とは言っても、投獄または拘束されている期間の議員給与を働きもしないのに振り込むのだろうか?

 比例ではなく立候補する選挙区の人が判断するだろうけれど、オイラの地区に出たのならば比例を含めて国民新党には投票しないな。 話題づくりか何か知らねぇが、無駄に国際問題になったり、国民の税金を無駄遣いするようなコトをする政治家はクソだな。
2007/06/24(Sun)


 げし!なのだ。

 い、いや、ウチのロボチャットで「げしげしっ!」と蹴りを入れた時の「ややM系?」と思われる反応のコトではなく、昼の長さが一年のうちでもっとも長い「夏至」のコトだってばさ。

 一般的に言われていることだけれど、日本では、この夏至を過ぎると夏の暑い時期がやってくる。 今年はハラペリーニョだかラニーニャだかいう名前の気象現象が発生し、梅雨が長引いて台風がボコボコ来て冷夏になってくれない限り、んげー暑いんではねぇか?との長期予報が出ているみたいだ。

 う〜、暑いのやだっ!
 やだやだやだよぅ。

 そんな声が自分を含めて色々なトコロから聞こえてきそうな夏が来そうだね。

 そういえば来月はオイラが生まれた月だわな。 今年で38歳・・・、うーむ・・・文章は若いな・・・。(^^;
小田原にて

2007/06/22(Fri)


日記サボり^^;
2007/06/21(Thr)


 日記にサボサボと連続で書いていたおかげ(?)か、サボテンの花が咲いた。

 このサボテンは何という名前の品種だか知らないんだが、まあ、兎に角、適当に栽培していたら花が咲いたさ。

 しっかしさ、サボテンって本体はトゲトゲで突っ張っているし、風体はずんぐりむっくりでダサい野郎なのに、なんでまた、花はこんなに綺麗なんだろうか。

 うーん謎だ。(わざわざ調べようとも思わないが^^;)
小田原にて

PS.参院選挙自民大敗?
2007/06/20(Wed)


 あー、何日も日記をサボった後に言うのも何だが・・・



























 このCMって濃すぎねぇ?

 つーコトでアデュ〜♪
2007/06/19(Tue)


日記サボり3兄弟!(笑)
2007/06/18(Mon)


サボり二号!
2007/06/17(Sun)


サボり(1)
2007/06/16(Sat)


PM2:15

 買い物に行った先で「焼酎サーバー」が¥998で売っていた。 いつものパターンどおりに我慢できず購入。

PM10:30

 鑑定後の寝酒の為、焼酎サーバーを洗い、中に六甲の天然水と焼酎を注ぐ。 割合は当然ハーフ・アンド・ハーフだ。

AM2:12

 鑑定時間も終わり、丸くてでかい氷をヒトツだけ入れたロックグラスで一気に4杯、つまみは無し。 酔いが気持ちよく回ったら寝よう。
小田原にて

2007/06/15(Fri)


 何となく気が向いたので、メインページの空いていた場所へ「明日の運勢」を表示してみた。 これで貴方の明日もラッキーハッピー?(笑)

 占い師のサイトの筈なのに、メインコンテンツが日記と雑記というトコロがオイラっぽいなと思う今日この頃でR。
小田原にて

2007/06/14(Thr)


日記サボ^^;
2007/06/13(Wed)


 ニュースを見ていたら、「約一年ほど前に泥酔し車を運転し、カブトムシ捕りに来ていた5人家族の車に追突事故を起こし、相手の車を橋から水に突き落とした上で逃げ、友人に身代わりを断わられて水を1リットル飲んだ上で現場に戻った」という重大犯罪を起こした男のニュースがやっていた。

 今回、この男の弁護士が業務上過失致死を主張し、減刑を狙っているらしい。 思うにこれは基本的に事故ではなく、「泥酔運転で当て逃げし子供が三人死亡」という重大な犯罪であると思う。 泥酔で運転すること自体が違反ではなく犯罪であり、当て(轢き)逃げをした時点で危険運転致死傷罪を適用すべきであり、潔く最高27年の懲役を受け入れるべきである。

 この無くなった三人の子供達が、もし、現在の平均寿命まで生きるのならば残約80年の三倍、つまり240年分の他人の寿命を奪ってしまったことを自覚したほうがいい。 最高でも27年、つまり奪った命の約10分の1でしかないのだ。

 オイラは幼児趣味は無いが、基本的に甥っ子などの子供たちを見ていると楽しいし、次の世代は宝であると思う。 今回のように子供達の命を理不尽に失わせた者が減刑を主張しているのを見ると反吐が出る。 刑期中もただの単純作業労働の懲役では生ぬるい。

 これとは違うが近年、小さな子供が犯罪や事故で亡くなるニュースをよく聞くさ。

 オイラは思う。 重過失や犯罪で子供の命を奪った犯人には、その子供が生きたであろう人生の分の年数を背負わせ、現在の刑務所の中でさせているような軽作業ではなく重労働で賃金を賠償に充てさせた方がいいんではないだろうか。 国や自治体は、その子供たちが将来払うであろう税金等の損害賠償を犯人に請求した方がいいんではないだろうか。

 オイラはこの犯人と、言い訳を指示した弁護士が悔い改めることを切に願っている。
小田原にて

2007/06/12(Tue)


日記サボテンサルサムーチョ♪
2007/06/11(Mon)


 OH!なんてこったい!!

 初っ端から叫んでしまったのにはワケがある。

 それは銀河の煌めきの満天の星空の下ではなく、神奈川県小田原市の某所、とある占い師の事務所で起こった出来事である・・・。

 前にも日記に書いたコトがあるが、オイラは「ぺヤングソースやきそば」が大好きである。 大好きといったって、そんじょそこらのぺヤング好きとは基本的にレベルが違う!と言っておこう。

 それはただ単に「ぺヤングを食する」というレベルではなく、「ぺヤング」をカートン(段ボール箱ね^^;)で購入してしまうとか、ぺヤングの乾麺を複数回食ったとか、明星の一平ちゃんやUFOなどありえねぇなどなどといったコトを論議しまくるという団体・・・日本ぺヤング愛好会小田原支部に入会してしまったぐらい好きなのだ。

 あの白く四角いボディ、それはまるで無骨な凄みを利かせるよーに存在し、湯をこぼす時の蓋が開いて麺がこぼれてしまうのを防ぐ緊張感は他の追随を許さない。 チープなあのソースの香り、まろやかなコク、時には辛子マヨで変化をもたせ、ちょっと「硬いかな?」ぐらいのアルデンテで一気に食す時の美味さはたまらない。

 そんなオイラが今日、やらかしてしまったのだよ。

 い、いや、言い訳をするならば、普段だったらこんな失態はやらかさないさ。 で、でもね、鑑定が終わった深夜で、酒が回り始めた頃だったし疲れていたんだよ。

 そんなオイラが部屋の電気ケトルで湯を沸かしている最中、やらかしてしまったミステイクとは・・・






























 そ、ソースを湯の前に入れてしまうなんて!!

 そう、賢明なこの日記の読者ならお分かりだろう。 ぺヤングソースやきそばに限らず一般的なカップヤキソバは、「先にかやくのみを入れて白湯で麺をほぐす」が基本であり、まごうことなき宇宙の真理である」ということを!!

 ぬが〜ぁ!!

 そうして今夜の小田原では、悲しき獣のような雄叫びが夜空に木霊したのであった・・・。
小田原にて

PS.ぺヤングにブルドックソースは似合わない。
2007/06/10(Sun)


もう一個おまけで日記サボ(笑)
2007/06/09(Sat)


 Gyaoの無料動画でゴールデンエッグスを見ているうちに、いつの間にか、またもや日記が飛び石更新になっていた。(笑)

 い、いや、勘違いしないで欲しいんだが、この日記は「およそ日刊?」とか「なるべく?日刊」なのだよキミタチッ!

 と、まあ、無意味に表明したコトでお茶を濁してアデュー♪
小田原にて

PS.水耕マスクメロンはじめました。
   冷やし中華始めました?(笑)
2007/06/08(Fri)


日記サボ^^;
2007/06/07(Thr)


 屋上にある植木鉢で栽培している方の黒玉スイカに実が生った。

 うんうん、鉢栽培のデルモンテ社のヤツだわな。

 このスイカにかける期待は並々ならぬ今年のオイラは、雌花が咲くとシッカリと人工授粉していたワケだ。(笑)

 まだサイズが大きいビー玉ってコトで写真は撮っていないんだけれど、近いうちにとってみようと思っている。

 うーん、早く大きくならないかなあ。^^;
小田原にて

2007/06/06(Wed)


日記サボ(笑)
2007/06/05(Tue)


 原稿が早めに書き終わったので、今日はカレーを食いに行ってきた。

 行ってきたとは言っても、帝国ホテルや美味いカレーショップに食いに行ったとか、そんなワケでもなく、ただ単にヒルメシを「COCO壱番屋」で食ったって超ウルトラ・ギャラクティカ・スペシャル小市民的エピソードなんだが。^^;

 基本的に極辛カレーが好きなオイラは、ココ壱でも手は抜かない。 あーそうそう、5辛ビーフカツ400gってやつね。

 しかし最近、オイラ界ではカレーの王子様連盟小田原支部を揺るがす「中辛旋風」が吹き始めた!!

 解説しよう、中辛旋風とは、極辛帝国皇帝の圧制に耐え切れなくなった胃腸反乱軍が一斉に蜂起し、次の日のトイレでクーデターを起こし、マイルド・カレーウオーカーがカライ・ベーダーのトウガラシ・スターを撃破したいう歴史的事実により、昼の食事はマイルドなカレーで我慢しようという、オイラ界でのトレンドなのだ!

 まあ、ソコまで熱く語ってしまったが、要は2辛位の中辛のカレーが好きになってきたってコトだわな。^^;

 んなワケで、今日は2辛のチキンカツカレー300gで胃を満たしたよ。(笑)

 でもさあ、暑くなってくると、暑気払いに極辛帝国の逆襲をしたくなってしまうんだろうな〜。

 あの、口に入れた瞬間に汗が噴出して飲む水の冷たさ……、いやいや、途中まで食い進めて、半分までいった所で涙目になるあの感覚……、食い終わった後の爽快感、はたまた、店員が心配そうにオイラを眺めるあの視線……、まあ、カレーの醍醐味だよな?(※嘘です)

 そんなこんなでカレー話題でボケてアデュー♪
小田原にて

PS.水耕ブドウは二本とも順調(^^)
2007/06/04(Mon)


日記サボり^^;
2007/06/03(Sun)


 去年のリベンジで今年も栽培に挑戦しているデルモンテ社の黒大玉スイカだが、今年は屋上の温室で雨を避けているせいか調子がいいようだ。

 このスイカ、毎年のよーに苗を買っているんだけれど、一昨年は灰色カビ病で枯れてしまったし、去年はベランダの床温度のせいで茎が煮えてしまって失敗していたんだわ。

 んでね、今年はその二の舞にならないよーに、苗の殺菌をシッカリとしてから屋上温室で栽培している。 今の時期の屋上温室は、室温が高くなり過ぎないように遮光シートを屋根に張って、植物達は壁際の太陽光が当たる位置に置いているって感じだ。

 今年は黒玉スイカが食えるといいなあ。
小田原にて

PS.実はバックアップ用の水耕栽培黒玉スイカもあるでよ。(笑)
2007/06/02(Sat)

My Diary Version 1.21
[ 管理者:FOOL 著作:じゃわ ]