第20話「防災とわ?」



防災とわ?
今日は原稿の合間に立川に行ってきたよ。
ビックカメラでデジタルカメラの修理の話してきたんだけど、
時間が余ったんで近くにある東京消防庁の立川防災館に行ってきた。
スゲー面白かったんだけど、来館者がぜんぜんいなかった^^;
博物館美術館フェチ(笑)のオイラとしては、前から行きたかったんだよね。
んで、今回立川に行く機会があったんで行ってみたのさ。

中に入ると受付があってそこで申し込みをするんだよ。
日曜にイキナリ行っても空いているから平気だ(笑)
オイラは申し込みを済ませると、早速火事の煙体験が出来る部屋へ。
インストラクターのオッちゃんが一人で寂しそうにしてたんだけど、
オイラが行ったとたん嬉しそうな顔で説明してくれた。
どうやら、火事が起きたときの避難訓練が出来るらしいのだ。
それも煙付臨場感あるセットで!(笑)
オイラはオッちゃんに促されるまま部屋に入った!
見渡す限りの煙・煙・煙!
オイラは口を服で覆い姿勢を低くして煙を吸わないように中の迷路を抜けた!
いやーセットで実際体験するのって臨場感が凄いよ。
内部の迷路は扉があったりして開かないドアとかあって焦った(笑)

次は地震体験の部屋へ。
そこでは衝撃体験をしてしまった。
部屋に入ったとたんインストラクターのオバちゃんが・・・
「ニヤリ(-_-☆)」と笑った。
オイラ嫌な予感したんだよね〜^^;
オイラの前に家族連れが体験してたんだけど、
それは子供が号泣してたから「震度5強」ぐらいだったんさ。
オバちゃんも説明しながら操作しててさ、

オバ:「この機械は新しくなって震度7も出来るんですよね〜。
    実際には、この機械でまだやったこと無いんですけど(笑)」

オイラはこの後、あの「ニヤリ」の真の意味を知った・・・。
チャレンヂャーなオイラは家族連れの終わった後、
ゆったりとした足取りでセットの中のテーブル席に座った。
それはもうエレガントな動作で(笑)
オイラの前にやった家族連れはそのまま観覧している。
ふとオイラはナニゲにオバちゃんを見たのだが・・・。
ニヤリ(−_−☆)
オバちゃんがデビルのように笑っていた!
オバちゃんはオイラに語りかけた。

「お若いから、震度7いきましょう。
 これは阪神大震災クラスです(はあと)」


OH!なんてこったい!
まだやったこと無いって・・・
まさか・・・実験台1号?


オイラは心底ビビッていた。
聞いた時点でオモラシするかと思った^^;

しかし、無情にもそんなオイラのココロとは裏腹に、オバちゃんは・・・

スイッチON!]”\(-_-☆)

ぐっらぐらぐら〜!
セットのタンス倒れる!
後頭部タンスで強打!
タンスの下敷き!

(発砲ウレタンだから安心《笑》)
すげえ縦揺れ!!!
それでもオイラはセットのガスコンロと給湯器消して、
逃げ道確保にドアを開けて椅子で固定してテーブルに入ったのだった^^;

怖い!
怖いぞ震度7!!
ヤバイぞ!!!

みんなもいっぺん試してみた方がいいぞ!

終わった後、オイラはふらつきながらセットを降りたのであった。
オイラはしかし、いい体験をしたのかもしれん。
後で見たオバちゃんの顔は何故か満足げな顔だったけど。

みんなも最寄のそういう施設があったら、行ってみてね!
もしかしたら災害時に役立つかもしれないね。
消防のリンクから探してみな(^^)

東京消防庁

あ、言い忘れたが防災館見学は無料だ!


次のオハナシへGO!


(最終更新2003/01/31/Fri/17:57:54)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00