FOOLの大将放浪記(12)「小田原城ゾウさん紀行」



FOOLの大将放浪記(12)「小田原城ゾウさん紀行」
 


またもや祭りの話だ。

小田原では今、菊の祭りを城址公園で開催しているんだよ。なんちゅーか、またもや写真の撮りたくなったオイラは、今日も菊花展に繰り出すべく城址公園にGO!

 


「菊」って聞くとなんちゅーか「仏壇の花」って感じがするんだけど(笑)そんな感じも無くてさ、色とりどりの菊は見てて綺麗だったよ。

 


品評もしていて、小田原の色々な企業の賞が授与されてた。

こんな感じの小田原城のミニチュアも作られてて綺麗にまとまってて感じがよかったよ。多分紅葉した秋の小田原城址か、桜と梅の咲く春の小田原城址をイメージしてるんだよな。

でもさ、市が開催してるんだけれどスゲー人が少なくてさ、さびれた感じだった(笑)やっぱし平日の昼間に見に来るやつなんてどー考えても定年後の老人とかオイラぐらいだモンなー^^;

菊を見終わった後、オイラは象の「梅子さん」に昔から毎回行く度にやらせている芸をさせてみた(笑)

この梅子さんはオイラの生まれる前からいるから、多分50歳以上なんだろう。昔サーカスの曲芸をやっていたとか上野動物園にいたとかいう話もある。オイラが子供の頃は鼻だけじゃなく片足も上げたよ(笑)

ただ、あんまりいい気になってやらせていると係員が飛んできて怒られるのだ(爆)でもさ、この梅子さんが芸をするのを知っているのは小田原市民でもあんまりいないさ。

帰りの遊歩道で一輪だけの遅咲きの菖蒲(あやめ)を見付けた。こんな時期に咲いているなんて珍しいよね。

一面緑の葉の中に一輪だけの藍色が凄く綺麗でさ、写真に撮ってみたよ。

今回の写真は全てフィルムのカメラで撮ってデジタルに取り込んだんだ。こんな風な使い方もいいねと思うこの頃だ。

次のオハナシへGO!


(最終更新2003/03/01/Sat/01:20:33)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00