FOOL奮戦記(2)



FOOL奮戦記(2)
社の支店長にバレ、呼び出されたFOOLだが、
その時の支店長の口からは想像に無かったセリフが出た。

(支)「で、どうなんだ?」
(F)「どうと言いますと?」
(支)「儲かってんのか?」
(F)「いえ、そんなには…(???)」
(支)「そうか、バイトは本業に支障が無いようにやれよ(^^)」

そうだった!この会社はバイトは自由だったと思い出した^^;
ただ、この会社はオイラの部署以外に信用に関わる部署があるモンで、
「調査会社」に依頼して報告があった上で聞いたらしい。
チクリがあった時、一応「借金」を調べたんだって。(笑)
ほら、「業務上横領」とかあるといけないから^^;
金に困って占い師始めたんだったら、予防策を取っておくつもりだったらしい。

当時K君と同じ会社だったのさ。

(K)「結局バレたんか^^;」
(F)「まあな。」
(K)「何か言われたか?」
(F)「本業に支障がないようにやれってさ(笑)」
(K)「そうか、よかったな。」
(F)「おう・・・・。」

彼とは高校時代からの付き合いだ。
初めにオイラがこの会社に入って、それからK君も誘ったのさ。

(F)「会社には可愛いオネーちゃんいっぱい居るから転職して来いよ。」
(K)「ま、マジか?」

こんなFOOLの話に騙されてK君は転職してきた。
(それだけじゃないけどね^^;)

そんなこんなで、「二足の草鞋(ワラジ)」が公認となり、
占い師ライフがスタートしたわけだ。

ただ、支店長には「夜の12時まで」って約束だったけど、
実は約束を守っていなかった。(笑)
会社終わってからネクタイ引っこ抜いて、
朝方まで細切れで鑑定の合間に睡眠を取り、
朝になってからは会社にネクタイ締めて通っていた。
その時1日合計での平均睡眠時間約三時間!
我ながらよく頭を壊さず、体を壊さず頑張ったもんだ^^;

この後のFOOL君の転機はいかに・・・・

to be continued

次のオハナシへGO!


(最終更新2003/03/01/Sat/01:23:44)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00