恋愛と言ふもの…(8)



第一話


それは峠での出会いだった・・・。


(最終更新2004/11/16/Tue/20:41:23)



第二話


街で遊び呆けた俺は、急に山に行きたくなった。
車を西へ向け、夜の温泉街をすり抜けワインディングロードへ。

いくつものコーナーを抜け、ストレートを突き抜け、
夜の闇を切り裂き、車は地を駆ける。
悶え苦しむようなエンジンの咆哮が山に響く。
ターボの回転する音は、まるで切り裂く風鳴りのようだ。

頭の中は機械のメーターと同化し、
アスファルトで固められた道を疾る。
まるで一匹の獣のように・・・。

それは突然だった・・・。

何時の間にか後ろに車が。
暗い為車種は分からない。
ただ、その車の低く太い排気音と、
丸目のライトだけが判別できた。

アクセルを蹴り加速する。
二速…三速…四速と、タービンの加給音を響かせ加速していく。
シートに押し付けられた体は重力を後方に感じる・・・。

追いつく車はいないはずだった…。

丸いライトが近づいてくるまでは。

持てる技術を全て駆使し、車を制御する。
コーナーではフルタイム4WDの全ての車輪が悲鳴をあげていた。
真横に走りながらコーナーを抜ける…。

いる・・。
すぐ後ろに・・・。

床までアクセルを踏み込む。
タコメーターはイエローゾーンに迫り、
ブローオフバルブの音とタービンの加給音が響く。

二台はまるで踊るかのように峠を駆ける・・・。
コーナーを軋みながら曲がり、ストレートでは限界まで・・・。

しかし、徐々に後ろの車は離れていき、最後には見えなくなってしまう。
何故か寂しさを覚えながら、アクセルを踏み込んだ・・・。



しばらく走ると、山の上にある駐車場が見えてきた。
何台か同じように走りに来た車達が停まっているのが見える。
駐車場に入り、車を停める。後ろから追ってきた車も俺の隣に滑り込んだ。

外に降り立ち明かりの方へ歩いていく。
自動販売機で缶コーヒーを買い、俺は車に戻る。

その時だった・・・。


(最終更新2004/11/21/Sun/23:18:48)



第三話


「速いんですね。」

俺は驚き振り返った。
其処には隣の車を運転していた女がいた。

「もう長いこと走ってるからね。」

「さっき途中から出て追ったんですけどダメでした」

彼女は恥ずかしそうに俺に言った。
髪はストレートに肩位まで垂らし、
ジーンズに黒いTシャツを着ていた。

「そうか、こっちもギリギリだったよ」

「いじってるんですか?」

「秘密さ」

そう言いながらボンネットを押さえ、
純正仕様そのままの柔らかいサスペンションをわざと揺さぶる。
彼女はその揺れ方で純正そのままだと気が付いて笑った。
不健康な生活の俺には、彼女の笑顔は眩しかった。

「素ノーマルに負けたなんて友達には言えないわ」

「良く分かったね」

俺も笑う。
それが全ての始まりだった…。

それからたまたま峠で会った時には話すようになり、
いつしか電話番号を交換し、二人で走りに行くようになった。


(最終更新2004/11/12/Fri/02:34:14)



第四話


「明日海にでも行かないか?」

電話をしたのは俺だった。
彼女は突然の誘いに驚いたようだったが、戸惑いながらもOK。

正直、昼間にはまだ会った事が無く、今までは知り合いや友人としてであり、
お世辞にもデートと呼べるレベルではなかった。
その答えを聞いた俺は喜び、早速行きたい場所を聞き、二人で相談した。

そして当日、二人を乗せた車は海に向けて走る。

海岸線をドライブし、観光名所で二人並んで写真を撮り、
芝生にシートを敷いて彼女の作った握り飯だけの弁当を食べた。

空は快晴で風が気持ちよかった。

午後に行った岬の先端、そこには船乗り達の安全を願う神社があった。
岸壁の中腹に柱を組み海に突き出る形で造られたその社は、板の隙間から下を覗くと、
そこには波が打ち寄せ、吸い込まれてしまうような青い海が水平線まで続いている。

御神籤を買って、それから俺は生まれて初めて自分の事を願った・・・。

そして二人でその先の展望台へ。御神籤を開く。


  ・・・恋愛 こころつたへてつらぬくべきなり・・・・・・


俺の気持は決まった。
波音は繰り返し岸壁にぶつかり、鴎が飛び、遠くには島が霞んでいる。
展望台の策に凭れ、彼女を見詰める。
心臓の鼓動が波音をかき消していた・・・。

「なに?」

「あのさ・・・」

「うん」

俺はその先の言葉に詰まる。
もし断られたら・・・・・・。
はっきりと聞くのが怖かった。

「どうしたの?」

緊張で言葉が出ない。
そんな俺に、彼女は笑いかけた。
その瞬間、俺を縛っていた呪縛が解けたような気がした・・・。

意を決して彼女に問いかけた。

「俺と付き合ってくれないか?」

「えっ・・・・・・?」

「やっぱり駄目か・・・?」

「・・・・・・」

彼女は驚き、そして目を伏せた。
そして海の方向を向く。
俺も彼女の返事を待ちながら、海を見た。

遠くに遊覧船が見える。
空には、ぽつん、ぽつんと雲が浮かび、風に流れている。
鴎が啼いた・・・・・・。

独り言のように彼女が話しはじめた。

「貴男は私が断ると思う?」

そう訊かれた俺は、答えに困った・・・。

その顔を見た彼女は急に吹き出して笑う。

「あははは!困った顔してる」

「まあね。で、どうだい?」

「・・・・・・うん。貴男はいい人だけど・・・・・・」

きた。
このパターンはお決まりの断り文句だ。
僅かの時間が無限のように思え、頭の中が回る。
俺は失恋の為にこの海に来たのかも知れない・・・。
しかし、言わなければならなかった。
明日の為にも結果が欲しかった。

彼女は言い淀んだ後、続ける。

「・・・でもね、付き合ってあげるわ。」

「え?」

暫く状況が把握できない。

「だから、付き合おうよ。」

「本当か?」

「うん、反応が面白かったからいいよ。」

「遊びすぎだって。冷汗かいちゃったよ。」

「だって、どんな反応するか見てみたかったし。あはは」

俺は彼女のその言葉を聞き、苦笑いする。
きっとさっきの”いい人だけど”の部分では、
あからさまにショックな顔をしていたに違いなかった。

「でもね、私も貴男の彼女になりたくて、今日告白するつもりだったの。」

「しまった!先に言うまで待てば良かったよ。」

「でも貴男が言ってくれて良かったわ。」

「なんて言うか、こういうのは男がね。」

「嬉しかった。」

「俺もだよ。」

俺と彼女は、そんな感じで付き合い始めた・・・・・・。


(最終更新2004/11/18/Thu/02:30:23)



第五話


日々は流れる。

それは何の変哲もない休日、彼女の部屋で迎えた朝・・・。

腕枕から彼女の起き出す気配がした。
俺は眠っているフリをし、彼女はそっとベッドから抜け出し、
湯を沸かしてコーヒーを淹れ、そしてトーストを焼いた。

それから俺が寝ているベッドに忍び寄り、掛け布団を剥ぎ取る。
俺は大げさに寒がって見せる。
彼女は笑う。
俺も笑う…。

そんな日常が繰り返す。
まるで夢のように・・・。

昼になって、俺と彼女は映画館へ出掛けた。
ポップコーン、コーラ、パンフレットは必需品。
映画を観ながら彼女の手を握ると、とても暖かかった。
クライマックスの場面で手が強く握られるのを感じて、彼女を見る。
彼女は映画を観て泣いていた・・・。

デパートで服を買い本を立ち読みして、上の階のレストランで食事をする。
彼女は色々な話をし、俺はその話が面白くて食事そっちのけで聞く。
たまに突っ込み彼女は膨れ、拗ねたフリをし、そして俺が宥める。
結局最後には二人とも笑い合っていた。


ただのありふれた日常、そんな日々が流れ、
俺はそれが永遠に続くといいと考えていた・・・。


(最終更新2004/11/16/Tue/05:10:20)



第六話


それは真夜中・・・・・・突然の電話だった。
出た俺は耳を疑い、何回も聞き直す。
しかし、何回聞いても相手が告げる言葉は変わる事がなかった・・・。

電話を切り、急いで車に乗り込む。
そして夜中の街を抜け、海沿いの道を走る。
色々な想い、そして今までの事が頭の中を回る。
嘘だと思い込みたかった・・・。

朝方になり電話で告げられた病院へ。
夜の病院の地下の、暗くじめじめした部屋・・・。
彼女の両親達が泣いている。

彼女はベッドに横たわっていた。
真っ白な顔・・・。
冷たいカラダ・・・。

取り乱した彼女の両親は、何を聞いても答えてはくれなかった。
俺は彼女に問いかける。
この出来の悪い冗談の事を・・・。

きっと、あのイタズラっぽい笑顔で起きあがるに違いない。

何故だかそう考える・・・。
受け入れてはいけない気がした。

しかし、いつまで待ってみても、彼女は動かなかった・・・。



落ち着いた後、警察官から説明を受けた。
事故だった・・・。

彼女は出掛ける時に両親に言っていたらしい。


「空を見に行く」


今でも思い出す。
あの初めてのデートの日、二人で見た空を。
そして・・・告白した海を。

- end -


(最終更新2004/11/18/Thu/02:29:46)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00