熱帯魚…ああ熱帯ギョ・ぎょ・魚?



序章
ね、ね、ね、熱帯魚を買ってしまった^^;
今までそんなモン興味なかったのに、つい衝動買いをしてしまった。

それ以来…

もしかしたら、
トリコロールじゃなかった、
になってしまったかもしれん^^;

つーことで連載してみようと思う(わはははは!)
乞うご期待!

つづく!


(最終更新2002/02/19/Tue/17:54:34)



第一章
れは、とある日の午後の事だった。
その日、ホームセンターで生活必需品を買いに出掛けていたオイラは、
とあるコーナーに足を止めた。
ペットコーナー

(そういえばネコのエサ買わなきゃね)

そう思い一番安くて量のあるエサを探した(爆笑)

これで皆さんもお分かりと思う。
基本的にオイラはペットに
”愛情はかけてもお金をかけない主義”
であることが!

そして、籠に680円で5kg入り(^^;)のエサを突っ込み、
レジに向かおうとしたオイラに
悪魔は囁いた…。
そう、熱帯魚コーナーの誘惑である。

前からオイラは思っていた。
熱帯魚か…
ブルヂョワな趣味やのう^^;

その為、お魚コーナーにはほとんど足を踏み入れなかったのである。

だってさ、なんとなく思わない?
高そうなソファーがあってゴルフバッグとかありそうな部屋で、
ブランデーかなんか飲みながらガウン着たヲヤヂが、
「もう趣味はやり尽くしたぜ…。」風なセリフを吐いて、
でも、まだ盆栽には嵌りたくない洋風っぽい趣味を持っている。
そんな奴らがハマル趣味じゃないかぐらいにさ^^;

しかし、その日は違った!
実はその日はセールをやっており、
熱帯魚コーナー入り口に、
「36cm水槽セット¥2980」
が置いてあったのだ!!!

そのセットとは、
”水槽・オートヒーター・水温計・水中フィルター・蓋・水質薬”
が付属しており、結構お徳と素人が思ってしまうセットなのであった。
何よりも魅力的な謳(うた)い文句も記されている!
あなたも今日から熱帯魚が飼育できる!
熱帯魚セット!

オイラの心には密かな衝撃が走っていた…。

(あ、あのブルヂョワな熱帯魚飼育セットがこんな安いとわ!)

次の瞬間、衝動を抑えられないオイラがそこには居た。
そう衝動買いだ^^;

オイラは速攻で会計をすませ、ホームセンターを後にした…。

つづく・・・


(最終更新2002/02/19/Tue/17:55:04)



第二章
ームセンターを出たオイラは、速攻で魚をGETすべく熱帯魚屋に向かって車を走らせた。
しかし、ここでは致命的な事を知らなかった。

その致命的な事とは…
「先に水を作ってから買う」
熱帯魚の場合、普通の金魚と違い水質に敏感で、PH(ペーハー)・酸素量・バクテリア・水温など、気をつけなければいけない事は結構あるらしい。

手順としては、
1)最初に水槽を洗い、中に敷く砂も洗いSETする。
2)水道水を入れカルキ抜きの薬を入れる。
3)濃縮バクテリアを添加し、エアーポンプ・ヒーター等をSETし稼動させる。
4)水草・石・流木などをSETし蛍光灯(別売)をSETする。
5)1週間ぐらい魚を入れず動かしておくと水が出来る。

そう、オイラはまさに
初心者
だったのである!
(全然知らなかった^^;)


熱帯魚屋に着いたオイラはとりあえず魚の居る所へ見にいった。
そこでは様々な魚が飼育されており、まさに宝石をちりばめたようだった!
恐らく無意識的に「熱帯魚=ブルヂョワヲヤヂ説」からの方針変更に対する自己弁護でそう思ったのかもしれないが深く突っ込まないでくれ^^;
オイラはまず店員に聞いた!
「初心者でも飼い易い魚ってどれですか?」
まさに素人まるだし!

店:「そうですね〜やっぱりグッピーとネオンテトラとプリステラかな?」
F:「そっすか〜じゃあグッピー2ペアと各10匹ください!」

注文したオイラに、その店員は何気に驚くべき質問をした!
店:は出来てるんですよね?」
F:「ええっ?何ソレ?」
店:「やっぱり^^;」
F:「先に作るんですか?」
店:「そうなんですよ〜強いといってもデリケートなんで^^;」

オイラはそこで超恥ずかしかった(*^^*)
店員はそこで一歩引いたようだったが、しかし怯まなかった。
まさに商人(あきんど)であった!

店:「じゃあ水も持ってきますか?」
F:「おお!いただけるんですか?」
店:「普通はやってないんですけどね〜^^;」
F:「ありがとうございます(TT感涙)」
店:「多分飼育セット買ったんだと思いますが、足りないもの買いますか?」
F:「お代官様おねげえしますだ〜m(、、)m」
店:「ははははは(乾いた笑)」

そんなこんなで魚以外に、蛍光灯・えさ・網・バクテリアなど足りないものを選んでもらいオイラは買って帰った…。
あー恥ずかしかった^^;

つづく…


(最終更新2002/02/19/Tue/17:55:28)



第三章
帯魚をGETしたオイラの気は焦っていた!
”早く水槽つくりてぇ!”
ソレしか頭の中にはなかったのである…^^;
オイラは家路を急いだ。

ガレージに車を止め、全ての道具を三階のオイラの部屋まで二往復し運び込んだ。
まずは設置場所の問題である。下の図を見てくれ。

散らかったりする事もあるが、基本的にオイラは部屋に家具をあまり置いてない。
今回「水槽」ということで、やはりPCの側には置けない。
すなわち広い方の図右側の部屋の茶箪笥の上に置く事に決定した。

〜〜〜熱帯魚セット付属品マニュアルより抜粋〜〜〜
水槽を置く場所は、こんな条件から選びたい。
1)水の交換の楽なところ
2)直射日光の当たらないところ
3)コンセントに近いところ
4)安定性の高い、強度のある台の上
5)眺めるのに良さそうなところ

この条件でいくと、(1)には接触してしまいそうだが、
まあ、ほぼ条件を満たしている。
ただし、近くにターミナルアダプターが設置してあるので若干不安だったけどね。

場所が決まるとオイラはまずセットを洗浄する事にした。

〜〜〜熱帯魚セット付属品マニュアルより抜粋〜〜〜
中に設置する砂利・ヒーター・水草・エアー式フィルターや水槽は、
一旦やわらかいスポンジなどで水洗いしましょう。

買ってきた砂利をザルに入れ、米洗いの要領で洗浄。
ヒーター・フィルター・水槽をスポンジで洗浄。
水草を水道流水で洗浄。
よっしゃ!
準備万端だあぁ!

そうして砂利を中に敷き、ヒーター・エアーポンプ・フィルターを設置した。

〜〜〜熱帯魚セット付属品マニュアルより抜粋〜〜〜
レイアウトのセットが出来たら水を入れましょう。
この時、水を流し込む場所の下にお皿などを入れて、
水流がレイアウトを壊さないように予防しましょう。

(う〜む。なんて親切な解説書なんだ)
そんな事を思いながら、貰ってきた水だけを注入!
そして水草を設置した。

そして電源を入れエアーポンプ・ヒーターも始動したよ。
そう、準備万端だ!

〜〜〜熱帯魚セット付属品マニュアルより抜粋〜〜〜
魚は温度の変化に敏感なので水槽に入れる時は、
10分ぐらい買ってきた袋のまま浮べて、
温度が同じになってから放流しましょう。

オイラは魚を浮かべ、煙草を2本吸った。
なんちゅーか仕事を終えたような感じでさ、
妙にケムリが旨いでやんの(笑)

煙草を吸い終わったオイラは、、
とうとう最終局面に!
そう魚の放流である。
グッピー、ネオンテトラ、プリステラの順に袋を破いて入れていった。

そして最後に照明器具をセットし作業を終えた…。

う〜んマンダム。
じゃなかった満足だ^^;


キラキラとした熱帯魚達が泳ぐ様子を見ていると、
ヒーリング効果が得られるんではないかとさえ思ったね(^^)
確かに生き物を飼うって事は、その事に責任を持つって事だし、
(責任感の設定による現実の認識と生命の営みの認識)
精神的に疲れている場合、見ることで現実を一旦離れる事も出来る。
(現実を一旦逃避する事で癒される。また戻らなければならないが。)
まあ、なんにせよいい買い物をしたよ。^^;

そしてここからオイラの
熱帯魚の虜ライフは始まったのである…


つづく


(最終更新2004/08/06/Fri/21:50:55)



第四章
初に感じたのは水質の悪化だった。
オイラの「かんたんセット」の場合、投げ込み式フィルターを使用しており、
他のフィルターに比べ濾過能力が格段に劣る。
水は段々と日を追うごとに濁っていったのだった。

このままぢゃいけねえ!

そう思いオイラはフィルターを購入しにまたもやホームセンターへ出掛けた。
そこには上部式、水槽掛式、外部式などの形式が販売されていた。
オイラは約34分悩み、水槽掛式(1980円)を購入したのだった^^;

家に帰り早速設置して、そして電源を入れた。

「うい〜〜〜ん!」
ポンプが回りだすが動かない!

オイラは密かに焦った!
電源を抜き、冷や汗が流れるのを感じながら付属のマニュアルを読む。

〜フィルターマニュアルより抜粋〜
電源を投入する前に濾過部・モーター部に、
呼び水を入れてください。

いかあぁん!
またもや大ボケだぁ!


そう、オイラは呼び水していなかった^^;
皆さん気をつけましょう!(って俺だけか^^;)

つづく


(最終更新2002/02/19/Tue/17:56:21)



第五章
うとうやってしまった…
そう…大失敗だよ。

ある日オイラは定期作業の”水換え”をしたのさ。
前日から交換用の水を作り、ヒーターが壊れないように電源を切り、
水を1/3抜き、ポンプで温めておいた水を入れた。
なんのこたぁない交換作業なんだけどね^^;

悲劇は次の日起こった…
ふと気が付くと魚が大量に下に沈んでいる…
「げええ!
 なんじゃこりゃあ〜!」
 (松田優作風叫び!)

オイラは事の重大さに気が付いた。
そう、死んでいたのだ(泣)

オイラはとりあえず原因を探してみた。
おかしい。見当たらない。
電源をチェックしてみる。
げええ!
ヒーターの電源が〜
抜いたまんまだった〜!


なんと12度!
そりゃあ熱帯魚は死ぬって^^;
ごめんよ〜〜〜m(、、)m
とりあえず遺体を全部取り出し、裏山に墓を作ったのであった…(合掌)

教訓その一
電源を抜いたらまた入れること


間抜けなオイラであった…

つづく…


(最終更新2002/02/19/Tue/17:56:58)



第六章 病気発生!?
どうやら熱帯魚にビョーキ発生のようだ。

気が付いたのは先週のことだった。
ナニゲにエサをやろうと観察した時、
ネオンテトラの表面に白い色褪せた部分を発見したんだ。
結構古くからこの水槽にいる魚なんで年のせいかと思ったんだけど、
日を追うごとに他の魚にもその症状が出るようになってしまった。

被害は次の通りである。
*2尾---ブラックネオンテトラ
*3尾---ネオンテトラ

ネットの熱帯魚サイトや本で調べてみたところ、
「ネオン病」って言われる奴みたいだったさ。



ネオン病とは!

ネオン病は、フレキシバクター・カラムナリスという病原菌が原因でネオンテトラをはじめとする小型熱帯魚に多い病気。 ネオンテトラやカージナルテトラによく見られることが、本病の名前の由来となった。本病は、カラシン類のみだけではなく、ランプアイなどのメダカ顆にも感染する。その症状は、背部や腹部に出血が見られたり、筋肉の一部が白くなりネオンテトラ特有の皮フの輝きがなくなる。 病魚は群れから離れ、単独でフラフラ汰いでいることが多い。また、ネオン病は感染力が強く、一部の飼育魚に症状がみられてから数日で、ほとんどの魚が感染し、死亡することもある。



早速熱帯魚屋で「グリーンFゴールド」っていう薬買ってきたんだ。
んで迷うことなく水槽に投入!
真っ黄色だ!!



一瞬ビビッたが、これで治るといいな。


(最終更新2004/08/06/Fri/10:46:44)



第八章
 熱帯魚水槽の掃除をしてみた。

 基本的にウチの水槽は、熱帯魚サイトで言う「強い水が出来た」状態なので、ここ数年、年に二回程度しか水替えせずに足し水だけで安定している。

 現在のシステムを解説すると、前に水草に付いてきたヒルが底砂に棲み着いて気持ち悪かった経験があるので、今は底砂は1冂度しか敷かず、オマケに園芸用のゼオライト。(笑)

 濾過は45竸總紂Γ僑悪竸總絛Δ法▲謄肇藜卆修凌總絣櫃閏哀侫ルターのみで、水草は植えずにマツモを上に浮かべて、水槽内に竹炭でエビや小魚の棲処を作って沈めているのみだ。多分この竹炭が水槽内の毒物を吸着しているんで、定期的に新しいものに交換しているんだけどね。

 幸い小田原は、水道水の中の塩素含有率が低く、水道から直接水槽に入れてしまっても魚は平気な顔で泳いでいる。各水槽のヌシになっている30僂離札襯侫ンプレコ(60竸總)と25僂離汽奪ープレコ(45竸總)もデカく育ち、ある意味恐怖を感じるほどになってきたさ。(笑)

 難点を言えば、レイアウトもクソもなく、ただ単に水槽内を泳ぐ魚が居るだけって感じ何だよね。(^^;)ヒーターも吸盤がすぐ外されてしまうんで、中に突っ込んでいるだけって感じだ。

 確かに初めの頃は、水草水槽に憧れて、底砂にまで凝って色々なレイアウトを試してみたりしたんだけれど、苔取り魚が大型魚なモンで動く度に引き抜かれてしまい、最後にはこのよーなシンプル水槽となってしまったんだわ。

 まあ、後数年してプレコが逝ってしまったら水草水槽にレイアウトしてみようと考えている。


60水槽データ
*テトラワンタッチフィルター60用
*底砂ゼオライト・10冀歟
*ネオンテトラ・黒ネオンテトラ・クラウンローチ・赤コリドラス
*ヤマトヌマエビ・南ヌマエビ・セルフィンプレコ

45水槽データ
*テトラワンタッチフィルター60用
*底砂ゼオライト・10冀歟
*グッピー・緋メダカ・ヤマトヌマエビ
*南ヌマエビ・セルフィンプレコ


(最終更新2004/10/27/Wed/13:30:55)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00