K君秘話(3)「釣り愚者日誌パート『へ』の3番」



釣り愚者日記
サブタイトル「釣り愚者日誌パート『へ』の3番」


長い間友人をしていると、時に人間は物凄いタフさを発揮する。
今回は伝説となりつつある事件に、
スポットを当ててみるイモリ・・・
いや、タモリ・・・
「おっひるや〜すみはウキウキウオッチン♪」
もとい、つもりだ。

とある夏の日曜日・・・・・・
FOOLとK君はかねてから準備していた
「渓流釣り&バーべQ IN 箱根」に出かけた。
サブタイトルは、
だらけの水泳大会」をもじって、
「男二人の焼肉大会」(TT)
前日には肉・野菜を数種類買い込み、
某「生きている焼肉タレ」に漬けて仕込んでおいた。
網を積み込み、クラーボックスにいっぱいの食材、
「う〜ん!
喰らうぜ〜!」てな感じで期待いっぱい!
天気は「ピーカン」でぬけるような青空が広がっている。
まさに、
俺達アウトドア野郎
(う〜ん!さわやかだああああああ!)
のためにあるような日だった・・・・

車を走らせ、箱根町大平台についたのはAM8時だった。
釣り道具、バーべQセット一式約30Kgを担ぎ、
川辺へ向かう獣道を下る事20分、
そこには絶好の渓流が俺達を待っていた。
木陰は涼しく、風は渡り、川は澄んでいる・・・
まさに絶好の釣り場!だった。
二人とも気はあせり、日差しの当たる場所に、
バーベQ焚き火の用意をして薪を拾ってきた。
今日の獲物は虹鱒だ!
夏場の鱒は釣りにくいが、なんとしてでもGETする!
そんな意気込みでオイラ達は釣り始めたのさ。

釣ってるうちにさ、だんだん太陽が照りつけてきたさ。
まさに、
「あーちーち〜あち〜燃えてるんだろうか〜♪」

まあそんな状態でさ、その為にロンパン(ヒザまでのズボン)の
下に履いてきた海パン姿の半裸状態になったんだ。
(いやんえっち〜(*^^*)裸体だ!)

オイラとK君は、とりあえずお約束で淵で泳いで、
持ってきたサンオイルを塗って焼きに入った。

K「おいおい!川の浅瀬で寝るとキモチ〜ぜ!」
F「なに?試してみんべぇ」

二人はおもむろに5センチぐらいの水深の日向で寝た。


じりじりじり・・・・・

太陽が暑かったさ。
1時間も寝てただろうか?
おもむろにK君がオイラを起こしたさ。

K「そろそろバーべQするか!」

その時!FOOLは頭が一瞬ズキンと疼いた・・・・。
が、気のせいだと思いバーべQの金網に対面したさ。
今思えばこれが
秀樹・・・ギャランドゥ〜♪(二番煎じ^^;)
いや、ひげボーボー?

ちげえって!(--*)

悲劇のはじまりだっつーの!
どうやらこの時点で、いわゆる「熱射病」の
初期症状だったのかもしれない(TT)

K君は言ったさ・・・・
「やっぱしこの照りつける陽射し!
ビヤー(ビール)がウマイぜ!
プハー!
くううううう〜〜〜〜効くうゥゥゥゥゥ!」
網で肉を焼きながら彼は醍醐味を満喫している!

あまりの満喫っぷりに、「調子悪い」とか言えなくってさ〜^^;
我慢して焼肉&焼酎だったわけよ。

ムカムカしてたんだけど、がんがん食ってたさ。

で、しっかり食い終わって片付けた瞬間!
FOOLは倒れたさ。(TT)
K君はヘーゼンとしてるさ。
で、思ったわけよ。
コイツわバケモンだ!
だってさ〜オイラ熱射病で頭「バクバク」いってるさ。
そんなのにヘーキな顔してるんだもん。
日陰に寝てるうちになんかさ〜、寒くなってきたわけよ。
これってもしや「食中毒??」とか、思うわけさ。
で、K君を見ると・・・・・・・

向こうの方で
何事も無かったように釣りしてた(TT)
さびしいー(TT)
しょうがなくK君呼んで連れて帰ってもらったさ。
(情けない^^;)
しっかし、なんで彼は平気なんだろうねぇ。
オイラを上回るタフさを見せるのは彼だけだね。
結局オイラは、
軽い食中毒と熱射病の
ダブルパンチ
だったのに・・・・・^^;
彼はなんとも無かったようだ。
彼の胃袋と体は超合金で出来ているように感じたFOOLだった・・・・

へっ?K君?
今日も電話あったさ。
「遊び行こうぜ!」
つい、「いくよ!」とか答えてしまうね。
悪友っつーのはいいもんさ。
あの時も、おんぶして山道登ってくれたしね・・・・・(^^)


次のオハナシへGO!

(最終更新2003/02/18/Tue/13:21:46)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00