K君秘話(5)「ナイスフレーバー♪」



K君秘話(5)
今日はK君を誘って昼飯にヤキニク食べ放題に行ってきた。
ココのところ彼は風邪を抉らせてしまったみたいで、
たまには奢ってあげようと思ったさ。
場所は小田原にある「石焼ビール苑」てとこでさ、
まあ、いわゆるひとつのヤキニク食い放題(笑)

車でわざわざ迎えに行き、彼を積んで(笑)店まで厳かに連れて行った。
トーゼン食い放題ランチだ!
んでさ、二人して「わしわし」音を立てながら食べたよ。
いや〜二人ともヤキニク久々でさ〜^^;
なんちゅうか飢えてた(笑)
モーレツな勢いで肉を焼き、ドカドカ胃に収めたさ。
K君もこれで風邪は全快するだろう。

んで、事件はその後の車内で起こったんだ。
オイラは彼とナニゲな会話しながら車運転してたんだよね。
一瞬彼の話が途切れた後、

ぼふっ!

変な音がしたんだ。
一瞬遅れてモーレツな臭気が・・・。

くっせ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

屁〜コキやがった!(号泣)


ヂゴクのフレーバー♪を鼻から摂取してしまったオイラは、
気絶しそうになりながら窓を開け、命の保全を図ったのであった・・・。

K君恐るべし!
彼はお腹がもたれてるとコく!



次のオハナシへGO!


(最終更新2003/02/18/Tue/13:23:12)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00