K君投稿(6)「布団の中の出来事」



薔薇の香り?
寝ようと思い冷たい布団に入った。
最初はブルブル震えながら暖かくなるまで我慢した。
そして、5分も経つと丁度良い感じに暖まり、
意識が遠のいて行きそうになったとき、

         “ば ふ”

そう俺は、俗に言う“へ”(屁)をコイてしまった(笑)
それだけだったら別に問題はないが、
暖まった布団の中から香りがプ〜〜〜ン。
例えて言うなら[たくあん]の様な・・・か・ほ・り(香り)

 「うっ、く、く、く、くさっ!」

俺はニオイを嗅がない様に布団から顔を出した。
しかし、怖いもの見たさじゃないけど、
もう一度確認の為に布団の中のニオイを確かめた。

 「くわっ や、や、や、やはり。。。くっさい」(ToT)

 「んだよぉ〜このままじゃ眠れやしねぇ」

布団の外は寒いし、このまま少しの間だけ我慢しようと思ったが、

あまりの臭さに自分でも耐え切れず、

布団を出てパタパタを空気の入れ替えを行ったのだ。
夜中だというのに、なんかスゲェー悲しい気分。
自分で言うのも何だが・・・

 「なんで俺の屁はこんなに臭いの?」(笑)

個人の名誉?の為に言っとくけどね、
この日の俺は非常に胃がもたれてたの〜。
いつもは「薔薇の香り」がするんだよ(爆)
たまたまニオイがキツかっただけだよぉ〜^^;

そして、空気の入れ替え終わった布団はスッカリ冷えきり、
眠気もスッカリ吹っ飛んだ俺は、二時間(推定)は眠る事が出来ず、
モジモジと布団の中で“屁”をコイた事を後悔したのであった。


次のオハナシへGO!


(最終更新2003/02/18/Tue/13:29:47)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00