第一話「雪の箱根山に走り屋の夢を追え!の巻」(K副隊長)



「雪の箱根山に走り屋の夢を追え!の巻」(K副隊長)
ついに探検隊出動の時が来てしまった。
第1回目は有無を言わさず「箱根」だ(泣)
「チェーン買ったよ」の一言で嫌〜〜な予感はあった。
しかし、この安易な企画に賛同してしまったからには、
俺も男だ行かねばなるまい!!(苦笑)

 FOOL:「チェーンは俺が付けるから行こうよ〜」
   K :「本当だなっ!!」

騙されてると思いつつ車に乗り込み
デンジャラス部隊は出発した!
小田原を抜け大平台までは順調だった。
しかし、宮ノ下を過ぎ小涌園の辺りから路面が凍結し、
徐々に道路の隅に雪が現れ、
湯の花で完全にアイスバーンになってしまった。
「帰りてぇー」と思ったが言えなかったよ(TT)
その後チェーンも付けないで探検は続いた。
そして、隊長は何を思ったかR1を外れ芦ノ湖から湖尻方面に!
この道は交通量も少なく非常に嫌な予感が・・・
探検も進み湖尻まであと5Kmぐらいの所で予感は的中した。
自爆してる車が!!
Oh〜なんてこったい。
こんな所で自爆車に遭遇するなんて(自分達もヤバかった)
探検隊は車を止め救助に向かった。
雪の中このまま見過ごして通り過ぎる事は出来まい!!
隊長が[自爆兄ちゃん]に声をかけ無事を確認した。
もちろん車は自走不可能な状態である。
しかし、今の時代は[携帯電話]があるからレッカーを呼んだらしい。
ホッ。よかった(^^;
俺たちゃナイスなレスキュー隊にならなくて(笑)

再び車に乗り込み探検開始。
途中、湖尻の駐車場で車を「カニ走り」させ遊んでから帰路に着いた。
何時もは御殿場経由で帰るんだけど、
仙石原から宮ノ下に抜けR1に戻り小田原に帰った。

一回目からこんな危険な思いをするとは・・先が思いやられるな(泣)
次は何処に行くか検討してからにしよー。
でも楽しかった(^^)

FOOLバージョンも読んでおくべし!


(最終更新2003/02/04/Tue/21:46:47)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00