第五話「伊豆に人類の秘宝を探る!の巻」(K副隊長)



「伊豆に人類の秘宝を探る!の巻」(K副隊長)
FOOL隊長と2人して無い知恵絞り悩みに悩んだ末、
ネットを流してら“男心”を刺激するスポットを発見!!
目的地は小田原から西に下り車で約30分で行ける。
隊員の意見は見事に一致した「ここだな・・ふっふっふ」
目標が決まった「俺ナ隊」の行動は素早かった。
早速「スーパーグレーティスト軽自動車」(隊長 自称)に乗り込み、

目的地の熱海・秘宝館へ いざ発射・・いや出発だ!

途中、まさかの緊急事態に備える為にハンバーガを食べ、
精力・・お〜っと間違ぇーた!体力を補った^^;

そして、そいつは隊員たちの目の前に姿を現した。



 隊員一同:「ぬおおぉぉぉ〜

  副隊長:「こっ、これが噂の大人のスポットですか!」

   隊長:「そう、えっエロの宝庫と言われてるらしい?」

  副隊長:「そんじゃぁ〜行きますか」

   隊長:「ちょっと待って。これを持ってきたかい?」

  副隊長:「それは・・・てぃ、てぃ、ティッシュじゃないですか」

  副隊長:「一体ナニに使うんですか?」
 
   隊長:「いや、その、鼻血が出るといけないぢゃ〜ん」

  副隊長:「ムム、何やら別の事を考えてるな」

   隊長:「深い意味は無いよ〜考えすぎだよ」

   隊長:「そんじゃ突入すんべぇー」

俺はたまにフッと思う事がある。
この男(隊長)は相当なエロだ!(爆)

そんな会話をしながら、我々はいよいよ第一歩を踏み入れた。
(ここから先は、たま〜に自主規制が入ります)



いきなり人魚のお出迎えが!

チケットを購入して探検隊は奥地に挿入・・いや進入した^^;
先ずは“怪しい神社”で御参りし(何を願ったかは ひ・み・ちゅ)
エロ浮世絵&エロフィギアを観賞した。

そして、次に俺ナ隊は「場末のスナックの様な部屋」に入った。
壁には何やら不気味な覗き穴が!
恐る恐る?興味津々勇気を出して探検隊が覗き込んで見たモノは、

がび〜〜〜〜〜〜〜ん

なんともアホらしい笑ってしまうエロフィルムが流れ出し、
思わず腰が砕けそうになったが必死に堪えた。

  副隊長:「隊長〜秘宝館はギャグミュージアムですか?」

   隊長:「いや・・そんなハズは・・・まだこれからだ」

一抹の不安を抱えつつ俺ナ隊は先に進んだ。

そして、またもや怪しい部屋に入った。
そこは椅子が2つ並べてあり前には鏡が張ってある。
探検隊は不安になりながら一応座った。

「ムムム やっぱり」

鏡を見ると「全裸のお姉様」が横に座っている!
次第に何とも怪しい動きをおっぱじめた(苦笑)

ぎゃはははは

くだらねぇ〜面白過ぎる

   隊長:「そんじゃ次行ってみよ〜」

  副隊長:「ハア〜トイレ行きてぇー」

   隊長:「もしや、ティッシュが必要になったのかい?」

  副隊長:「んなわけねえーだろ!」

   隊長:「我慢しなくてもいいんだよん」

  副隊長:「こんなんじゃ俺の暴れん坊将軍はピクリともしないぜ」

気だるさを感じながら、さらに探検は続いた。

次に探検隊が遭遇したのは「蝋人形の館」だ。
先ずは熱海にちなんで「カンイチお宮」の人形が。
しかし、お宮は透け透けの着物を着ている。
カンイチは上はガクランで下は身に付けてない(笑)
なんとも怪しい人形だ。
壁にある[おっぱいボタン]を押してみると、
お宮がセリフを言いながらガクランを捲るのだ!!
するとカンイチの×××が全開!

そしてもう1つはマリリンモンローがあった。
映画の名場面を再現してあるようだ。
下から風が吹き上げスカートが捲り上がる場面ね。
説明を読むと「ハンドルを右へ回してください」と書いてある。
俺はタメライ無く思いっきりハンドルを回した。
するとスカートが風圧で捲れ上がり、目が一点に集中した!
なんとマリリンモンローはパンツを履いてなーい。
これまた×××全開!!(@@)

さらに、好奇心旺盛な副隊長は覗き窓を覗いた。
そこには露天風呂に入っている女性の人形があった。

ここで事件発生!!

「うわぁ〜」

覗いた瞬間に水を吹きかけられたのだ(冷汗)
予想外の出来事に副隊長は「尻もち」をついてしまった(笑)

   隊長:「ぎゃははは」

  副隊長:「なんだよぉ〜ビックリした〜」

   隊長:「なかなかオイシイの〜」

  副隊長:「恥ずかしい・・・早く次に行こうよ」

さらに先に進むと、暗い通路に指しかかった。
すると、ホンノリ明かりが点き仕掛けが動き出した、
俺ナ隊は立ち止まり様子を見ることにした。
なにやら「浦島太郎」の物語が始まるようだ。
ナレーションが流れ奇妙なモノが登場した。

全裸の浦島太郎(女)が亀に乗って登場

そ、その亀の頭は、まさに×××の形だ!

えっえげつないぞ秘宝館

その後スクリーンからブルーフィルム(大昔のえっち映画)が流れ、
またもや虚脱感に襲われた二人だった。

こんなのがまだ続くのかと思いきや売店が現れた。
しかし、ここでも隊員達は驚かされた!

アダルトグッズが売っている。

おまけに自動販売機は、

隊長の大好きなエロビデオ販売機だ(爆)

その売店コーナーの隣には第二秘宝館があった。
二つ部屋があり、1つはブルーフィルムの上映部屋。
もう1つは機械による「占い&おみくじ」の部屋だった。
俺は隊長には言わなかったが思った事がある。
是非、秘宝館の占いコーナーで、

仮面のエロ占い師として、鑑定をやってもらいたいと・・・(爆)

きっと流行るに違いない!!

これで俺ナ隊は、秘宝館の全てのエロ&ギャグを制覇したのだった。

秘宝館探検の次いでに熱海・錦ヶ浦も行ってきたよ。
自殺の名所らしいが昼間は景色が綺麗だった。
不気味な洞窟があるけど現場まで歩いて行けなかった。
もし、行けたとしても怖いから行かないけどさっ!

さて、次は何処へ探検に行くのでしょうかねぇ〜?
それは、思いつき行動の「俺ナ隊」だから分かりません。

FOOLバージョンも読んでおくべし!


(最終更新2003/02/04/Tue/21:50:02)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00