小田原名所巡り



小田原名所情報
小田原の地元民、Masquerade管理人が行って体験して見て来た厳選の小田原名所です。(随時追加予定)

小田原城

問い合わせ:0465-23-1373(小田原城)
問い合わせ:0465-33-1521(小田原市観光課)
料金:一般(¥400)・小中学生(¥150)・障害者手帳で無料
駐車場:周囲に有料が沢山あり

わずと知れた戦国時代の名将「北条早雲」が築いた平山城だ。元々の天守閣は現在の小田原高校の位置にあったのだが、明治の廃城で取り壊され、その後小田原の市制二十周年記念の事業として鉄筋コンクリートで現在の場所に建てられた。

内部は戦国時代から現在に至るまでの歴史資料館になっており、時には小田原の文化展なども展示される。ただし、この城はバリアフリーではなく、お年寄りや体の悪い人向けの設備は無いので、同伴する場合は背負う事の出来る力自慢が随行したほうがいい。

城址公園内には、その他の施設もある。
「子供遊園地」      子供用の乗り物の遊園地。
「無料動物園」      象の梅子さんもいる。
「小田原城ミューゼ」   何故ココにあるのか不思議な美術館。
「小田原城歴史見聞館」  小田原の歴史の展示館。
「常磐木門・銅門」    復元された門。
「二の丸広場・銅門広場」 各種イベント会場

城址公園は各種イベントの会場にもなる。ウチのサイトの日記でも見てくれれば大体の時期は分かるだろうと思う。
「かまぼこ桜祭り」    三月下旬頃
「北条五代祭り」     五月二日、三日
「小田原ちょうちん祭り」 七月下旬頃
「小田原城薪能」     十月上旬頃






レンタサイクル

田原で観光巡りする時にタクシーやバスなどの交通機関以外にこんなものがあるんだわ。 意外に小田原の観光名所は小田原城を中心に配置されているんで、小田原城の脇にあるココで無料レンタサイクルを借りて活用してみても良いかもしれないね。





北条氏政・氏照の墓

問い合わせ:0465-33-1521(小田原市観光課)
駐車場:そんなモノは無い。駅前の駐車場に入れてくれ。

JR小田原駅からほど近い裏道を入ったとトコロには北条氏政と氏照の墓があるさ。氏政は北条4代目の領主で氏照は氏政の弟で八王子城とか5つの出城の城主だったんだ。天正18年(1590年)の豊臣秀吉の小田原攻めで小田原城が落城すると、5代目領主の氏直は高野山に追放されて、父氏政とその弟氏照が城下の田村安斉邸で自刃したんだわ。んでね、両人の遺体は、当時この墓のある場所にあった北条氏の氏寺、伝心庵に埋葬されたんだとさ。

その後、しばらくこの墓所は放置されていたんだけどさ、稲葉氏が小田原城主の時(1633〜1685年)に北条氏追福のため整備されたんだってさ。関東大震災で墓所が埋没しちゃったらしいんだけど、翌年に地元の有志により復元されたさ。今、墓所には氏政・氏照および氏政の夫人といわれる墓があるんだわ。

んでね、これは特筆なんだけれど、この墓所には「幸せの鈴」っていう願掛けがあるんだよ。これはさ、墓所の中に鈴が沢山入った箱があってさ、願いのある人はここから借りていくんだ。そうすると願いが叶うんだってさ。勿論叶った暁には、必ず返しに来ないといけないさ。んでね、墓所に結ぶと北条さんの供養になるんだってさ。

願い事がある人は行ってみてね。





一夜城跡

問い合わせ:0465-33-1521(小田原市観光課)
駐車場:あり(無料)

国時代、太閤秀吉が小田原攻めをする際に一夜にして建てたように見せかけてビビらせた城の跡地。実際にはその前からヒソカに建ててたんだけれど、外装が出来上がった時に周辺の木を一気に切り倒して一夜にして建ったと思わせるセコイ作戦だったよーだ。その時は二十万の大軍で小田原城を取り囲んでいたのでスゲーぶったまげたらしい。

現在は城はなく、城址公園になっている。ココに一夜城を再建してしまえば、もっと観光客が来るんではないかと思うのはオイラだけだろうか?

ここでは四月下旬に茶会が開かれたり、秋桜の時期には秋桜狩りが行なわれる。





長興山紹太寺

問い合わせ:0465-22-7760
住所:神奈川県小田原市入生田303
駐車場:そんなものは無ぇ。でも路上駐車できる(笑)
    桜の時期は車で来るなんてありえねぇ。

存じNHK大河ドラマ「春日局」の菩提寺だ。ここは近くに桜の時期に良くTV中継している「長興山の枝垂れ桜」(樹齢320年以上)がある。このお寺さんでは精進料理(4〜5日前に予約の事)もやってるんで、なかなか良いかもしれん。でも枝垂れ桜と精進料理が見所なんで、お寺の建物自体が古いわけではないぞ。





飯泉観音勝福寺

問い合わせ:0465−47−3413
住所:神奈川県小田原市飯泉1143
駐車場:あり(無料)

東三十三観音の五番札所として有名な飯泉山勝福寺だ。

仁王門をくぐり、大銀杏をくぐりお参りするんだけれど、実はここには珍しいものがある。「お祈りする二宮金次郎」いつも薪を背負って本を読みながら歩いている二宮さんは、ここでお祈りしていたのだ。ここで線香の煙を頭につけると、スゲー頭が良くなるかも知れん。

尚、ここでは毎年12月17・18日に達磨市をやるよ。
それ以外にも、毎月第3日曜は8:00〜日没までの骨董市もある。





小田原文学館

問い合わせ:0465-22-9881 
住所:神奈川県小田原市南町2-3-4
駐車場:あり(無料)

田原の南町は昔は小田原藩の要人達が住んでいた所で、その後お屋敷街となり、様々な文豪達が集まった土地なんだわ。

んでね、小田原に住んでたとか出身が小田原だとかのゆかりの文豪達の資料を集めた文学館を造ったんだよね。北原白秋、谷崎潤一郎なんても小田原に住んでたんだよね。

文学館に併設する形で北原白秋童謡館もあるんで、明治の香りを満喫出来るかもね。





松永記念館

問い合わせ:0465-22-3635
住所:神奈川県小田原市板橋941-1
開館時間:9-17時
料金:無料
駐車場:あり(無料)

力の鬼だか何だか言われた故松永安左エ門っつーおっちゃんの自宅庭に建てられた記念館だ。松永氏の意思を継ぎ美術品を中心に展示してあって、2階にある和室の床柱には宇治平等院の古材を使用してあるらしい。敷地内には、松永氏の旧居「老欅荘」や故野崎廣太の茶室を移築した「葉雨庵」もあるさ。現在は一般に公開・開放されており、茶会等の利用も可能。(要予約)





古希庵

問い合わせ:0465-23-5615(あいおい保険小田原研修所)
駐車場:そんなモンは無ぇ。路駐だ!

の建物は、明治の元勲山縣有朋だかいう首相、枢密院議長、陸軍元帥だったジーちゃんが、1907年70歳のときに構えた別荘らしーさ。






報徳二宮神社

問い合わせ:0465-22-2250 
住所:神奈川県小田原市城内8-10
駐車場:あり(有料か不明)近くに有料は沢山ある。

宮尊徳翁を祭神とする、学問の神様の神社だ。天神さん(菅原道真)ほどは神社は知られていないが、なかなか御利益があるらしい。何かの試験の時には良いかもしれないよ。





尊徳記念館

問い合わせ:0465-36-2381
住所:神奈川県小田原市栢山2065-1
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:12月29日から1月1日まで
入館料:個人(¥200)・小中学生(¥100)障害者手帳で無料
駐車場:あり(無料だと思う)

こは二宮尊徳の生家と色々な展示があるんだ。全国でも珍しい熟年の二宮尊徳立像がある。(笑)

普通こういう記念館ってショボい事が多いんだけれど、記念館内部にはアニメーション付の展示が結構多くあり、なかなか楽しめたよ。ちなみにバリアフリーだ。





小田原フラワーガーデン

問い合わせ:0465-34-2814
入館料:個人(¥200)・小中学生(¥100)障害者手帳で無料
駐車場:あるぜいっぱい(無料)





松原神社

問い合わせ:0465-22-2672
住所:神奈川県小田原市本町2-10-16
駐車場:んなモンは無ぇ。近くのさがみ信金の有料Pへ入れるか覚悟で路駐だ!

田原の総鎮守、松原さんだ。ここはオイラが毎年初詣に行って甘酒を貰うんだよね。

祭神は日本武尊・素盞鳴尊・宇迦之御魂神で、敷地は小さい割に結構エライ神様なのだ。

ここの御輿は喧嘩御輿だから、うちのジーさんの頃は凄かったらしい。商店に御輿ごと突っ込んだって話をよく聞いたっけ。





五百羅漢玉宝寺

問い合わせ:0465-34-3247
住所:神奈川県小田原市扇町5-1-28
駐車場:寺に乗り入れろ(無料)

る人ぞ知る五百羅漢を安置する玉宝寺だ。ここの五百羅漢は全部が違う人相をしててさ、自分に似た顔や逢いたい人と同じ顔の仏像に会えるって昔からの言い伝えだ。

昔の人はそうやって別れた人を偲んだのかも知れないね。





佐奈田霊社

問い合わせ:0465-22-8554
住所:
駐車場:調査中だが、駐禁はありえねぇ山の中だ(無料)

頼朝が戦った石橋山の戦いで命を落とした佐奈田与一を祭った霊社だ。

ここの近くには与一が命を落とした場所があって今は畑になっているんだけれど、それから数百年経った今でも、その畑の作物は捻れて生えるらしい。大根を植えるとスパイラル大根になるんだろーか。

尚ここは日本全国でも唯一、喉に効くというか霊験あらたかな神社なのだ。歌手や講演をする芸能人なんても、結構お参りに来るらしい。勿論、喘息や喉の病気にも効くんで、喉が調子悪い人は行ってみてはどうかな?

境内の販売所では「飲む御札」っていう水飴も売ってるんで、買ってみると面白いかもしれないね。

境内には与一塚やそろばん塚などもあり、特筆すべきはココの狛犬は左右とも親子になってる。





生命の星地球博物館

問い合わせ:0465-21-1515
住所:神奈川県小田原市入生田499
料金:大人(¥500)・学生(¥300)・高校生以下&65歳以上無料
駐車場:調査中

球が誕生して46億年、この星には様々な生命が誕生し、そして進化の道を辿ってきた。この博物館は他の博物館と違い、数少ない「触れる博物館」なんだよね。もし行く事があったら色々な化石や標本に見て触ってみてくれ。







めだかの学校

田原の荻窪用水路で生まれた童謡「メダカの学校」は、50年前に童話作家の茶木滋さんが、この用水路でメダカの群れにふと目をとめた事が現代まで歌われ続ける切っ掛けとなったんだ。

江戸時代に川口広蔵という人が約20年かけて早川から荻窪に水を引き込んだ用水路で、今の荻窪用水は整備され、田圃の用水路として活用されるのと同時にメダカの学校のミニ公園として活用されている。

小田原には全国でも遺伝子的に絶滅危惧種に指定されている黒メダカ「小田原メダカ」が、酒匂川水系にごく僅かに生息しているんだが、今は結構保護の力を入れているようだ。

♪ めだかの学校は 川のなか
♪ そっとのぞいて みてごらん
♪ そっとのぞいて みてごらん
♪ みんなでおゆうぎ しているよ 





わんぱくらんど

問い合わせ:0465-24-3189
住所:
駐車場:無駄に多い(無料)

こは、子供を連れて遊びに行くには最適の場所かも知れん。園内には距離は短いが汽車も走っていて、動物と触れ合えたり、様々な遊具で遊んだり出来る。隣にある辻村植物園で散歩したり、いこいの森でキャンプやバーベキューをする事も出来るんで、遊びに行ってみてくれ。







辻村植物園

問い合わせ:0465-33-1583(小田原市公園緑地課)
問い合わせ:0465-33-1521(小田原市観光課)
駐車場:あり(無料)わんぱくランドのヤツにでも入れとけぃ(笑)

と梅の時期は結構見所がある植物園だ。内容的には池があって木が沢山植わってるだけなんだが、家族連れなんてがよくお弁当を食べている。





いこいの森

問い合わせ:0465-24-3785(いこいの森総合案内)
駐車場:わんぱくランドと兼用(無料)

こはバーベキューやキャンプをやるのに適している。オイラもよく子供会で利用したよ。バンガロー設備もあり、テントを張る場所もある。バーベキュー設備は一般的に整っている。それ以外にもフリスビーゴルフ(バードゴルフ)やフィールドアスレチックなどもあり、近くのわんぱくランドと合わせて利用できる。体験交流センター「きつつき」では





小田原七福神

田原には七福神があってさ、そこを廻るって観光がある。

各寺社の住所と電話番号は下記だ。


恵比寿 報身寺 神奈川県小田原市南町3-11-3 0465-22-7884
大黒天 蓮船寺 神奈川県小田原市城山3-31-15 0465-22-8844
毘沙門天 潮音寺 神奈川県小田原市久野511 0465-34-0385
弁財天 福泉寺 神奈川県小田原市城山1-19-1 0465-35-3797
布袋尊 圓福寺 神奈川県小田原市本町4-6-24 0465-22-9511
寿老人 鳳巣院 神奈川県小田原市城山3-7-43 0465-34-8328
福禄寿 大蓮寺 神奈川県小田原市南町2-4-9 0465-22-7557








菅原神社

わずと知れた天神様、つまり学問の神様なのだ。 しか〜し、小田原の天神様は、ただの天神様じゃねぇぜ!

実はここ、かの「わらべうた 通りゃんせ」発祥の地なのだ!!

♪ 通りゃんせ通りゃんせ
♪ ここはどこの細道じゃ
♪ 天神さまの細道じゃ
♪ ちっと通してくだしゃんせ
♪ ご用の無いもの通しゃせぬ
♪ この子の七つのお祝いに
♪ をふだをおさめにまいります
♪ いきはよいよい帰りはこわい
♪ こわいながらも通りゃんせ通りゃんせ

そう、この童謡を知らない日本人はいないだろう。 この神社がモデルだったのだよ。

ところでこの神社、由緒を読むと、どうやら祀られたのは関東ではかなり歴史が古く、正暦5年(西暦994年)6月に木船に乗った貴人が夢に現れ、それが菅原さんだったと書かれていたよ。 つまり1000年以上ここに菅原さんがいるんだ。
















(最終更新2007/07/13/Fri/19:45:34)






[BACK]
shiromuku(hu)NOTEBOOK version 1.00